見出し画像

捨てるに捨てれないものを、受け取りに行ったら「思い出」だった話。


こんにちは!! SUTENAI(ステナイ)です。

先日は、我々のキャンペーンに多数の申込みをいただき、誠にありがとうございました!!

▼そのキャンペーンがこちら

さて、このキャンペーンの景品の中に、A賞「捨てたいけど捨てられなくて困っているものを感動的に再利用します 1名様」というものがありました!!

▼詳細はこちらの記事を御覧ください

この度、無事にA賞を受賞された方にプレゼントをすることができましたので、ご報告をさせていただきます♪

およそ2ヶ月間の物語、
始まりは1月の初旬の1本のメールからでした。

『もし、大切な思い出などが入っていたら・・・』と思うと


画像1

さて、まず我々は「捨てたくても捨てられないもの」をそもそもお持ちなのかどうかを、メールで確認してみました。

するとこんな返答が返ってきました。

Q.1 回収してほしいものはありますか? 

1.ブラウン管テレビデオ2台、
2.昔のパソコン(キーボード無し)1台、
3.介護用具として使っていた特注の木製の台車1台、
4.120分VHSテープ約600本。

1-3は要りません。問題は4です。

10年以上前に、叔父から、“家が雨漏りして置いておけなくなったからしばらく預かって欲しい”と言われ、預かったまま、数年後、その叔父は亡くなりました。

叔父はその数年前に奥さんを亡くしており、子供3人の内、市内に住む長男と横浜に嫁いでいる長女は「DVDならともなく、VHSはかさばるので、保管場所がないからそのまま預かっていて欲しい」と言います。

多分、中身はテレビ番組の録画程度のものだと思うのですが、断言は出来ません。『もし、大切な思い出などが入っていたら・・・』と思うと、処分できないのです。DVDにダビングして、中身をコンパクトにまとめられたら、直接の相続人である長男・長女に引き取って貰えると思います。

中身を移し終えた後のVHSは要りません。消去して(あるいは砂嵐をダビングする等して)、フリマ等で売却処分して頂いても構いません。可能でしょうか?

※一部修正あり

VHS 600本!!!!!!!!!!!!
すごいのがいきなり来た!!!!

正直、机やアクセサリーなど、ちょっとしたものをリメイク♥ 程度に考えていた、我々が甘かっちゃんでした。

しかし、やると言った以上は、当選者の方にきちんと誠意を以って対応するのが、ブランドの務めというもの!!

社内会議を行い、どのようにするかをガチンコ議論しました!!

スクリーンショット 2020-03-17 13.36.47

そして会議の結果…

「600本全部見て、ご家族との思い出などの大事な部分をすべてDVDにダビングして、お渡ししよう!!」

という、全員一致で一番ハードモードを選択しました!!

とはいえ、仮に120分のVHSを3倍モードで録画されていた場合、1本6時間。

それの600本ですから、

3600時間!!!!!!!

一日8時間見ても、450日という凄まじい日数になってしまいますので…。

「事務仕事をしながら、早送りで見ようね…」
ということだけは、事前に決定いたしました…。

というわけで、早速当選者の方に、この決定をお伝えしました!!

「少しずつ、遺品を整理していこうということになりました。」

画像3

さっそく、お伝えをしたところ、このような回答をいただきました。

改めて相談しました。
 
申し訳ありません。
やはり、
“実父の遺品を、自分達で確認せず、
直接何の関係もない人様に見せて、
処分を丸投げするのは抵抗がある”との事で、
VHSテープはキャンセルさせて頂きます。
 
それで、ブラウン管テレビデオ2台の内、
1台の修理をお願い出来るでしょうか?
 
2台のテレビデオは二つとも壊れています。
その内の一つが使える様になれば、
それを使って自分達でVHSテープの中身を確認し、
少しずつ、遺品を整理していこうということになりました。
 
可能でしょうか?

※ 1部修正あり

なるほど!!!

一番良いのは、皆様で思い出に浸りながら映像を眺めて、思い出を「捨てないで良かった」と実感していただくことかもしれない(3600時間)。

我々としては全く問題ないので、早速テレビデオを引き取りに当選者様のご自宅に行くことにしました!!

当選者様の元へ!!!

画像12

というわけで、我々の大阪オフィスから3時間半。
ご自宅のお近くまで行き、到着のご連絡をさせていただきます。

弊社「SUTENAIと申します。到着しました〜。」
当選者様「少々お待ちください。」

当選者様がすぐに出迎えてくださり、早速ご挨拶!!
テレビデオを綺麗に梱包いただき、持ち運びやすいよう、カートに積んで待っていてくださいました。感謝!!

「この度はご当選おめでとうございます!! 思い出を捨てないで復元できるよう、しっかり修理させていただきます!!」


▼実際のテレビデオ

スクリーンショット 2020-03-17 14.04.51

「もしよかったらこちらもお受け取りください。」

スクリーンショット 2020-03-23 16.54.32

というわけで、ちゃっかりSUTENAIシリコンストローをお渡しさせていただきました。捨てないで使ってくださいね。

というわけで、早速こちらを大阪事務所に持ち帰り、修理してくれる業者様を探しにいきました。

しかしながら…、これが甘かった。

「部品がもうありません…」

画像7

弊社「すいません、◯◯◯という型のテレビデオなんですが、修理できますか?」
修理業者様「申し訳ないですが、その型のテレビデオは部品を生産していないので修理は難しいですね…」

ガーン!!

深く考えずに、修理できるものだと思っていましたが、あてが外れました…。

とはいえ、なんとか600本分の再生に耐えられるように、修理してお渡ししたい!! この世のどこかに、職人のような修理のプロが必ずいると信じて、様々な修理業者の方々に電話をかけまくりました。

しかしながら、結果はどこも同じ…。

部品の生産がストップしているものを修理するのは難しいとのことでした…。

というわけで、最後の手段!!!

メーカーの修理担当者に来てもらって、本当にもう治らない状態なのか見てもらう、事になりました!!

最後の頼み…、メーカの診断結果は…

スクリーンショット 2020-03-17 14.31.17

修理担当者様「すいませ〜ん、〇〇〇の修理依頼できました。」
弊社「いらっしゃいませ、こちらのテレビデオです。」
修理担当者様「あ〜かなり古いですね。一応見てみますね。」
弊社「ドキドキドキドキ」

〜数十分後〜

修理担当者様「すいません、確認させていただきました。」
弊社「どうでしたか?」
修理担当者様「やはり、部品に故障があり、修理にはそれが必要なのですが、その部品の製造が終了しているので、修理は難しいですね…」

ガーン!!!

またしても、我々の考えは甘かっちゃんでした…。
一体どうなってしまうのか…。

申しわけない気持ちいっぱいで、当選者様に事実をお伝えさせていただくことにしました…。とほほほ...。

「捨てたいけど捨てられなくて困っているもの」は…

スクリーンショット 2020-03-17 14.43.54

早速今回の残念な結果を、当選者様にご連絡をさせていただくことに…。

その結果、このような回答を頂戴しました。

私にとって、
「捨てたいけど捨てられなくて困っているもの」は、
今は亡き叔父から預かった大量のVHSテープの方です。
その中身を確認する為にビデオデッキが必要だったのであり、
持って行って頂いたテレビデオそれ自体には、
なんも思い入れも無いのですから。
 
こちらとしては、
壊れていたテレビデオを持って行って頂いただけで、
リサイクル料金が浮き、
既に助かっています。
 
浮いた料金に少し足して、
「Amazon」や「メルカリ」で
中古で1万円程度で販売されている、
テレビデオを購入すれば、多分問題はほぼ解決します。

※ 一部、修正あり

(´;ω;`)ブワッ!!

不甲斐ない我々に、温かいお言葉…。
少しでも叔父様の思い出を「捨てない」で、サルベージするお手伝いになれば、ということでテレビデオの購入費用の幾ばくかを補助させていただくことで、プレゼント当選の景品とさせていただくことにしました。

本当に力不足で申し訳なかったのですが…、
VHSが駄目になってしまう前に、思い出を取り出すきっかけ作りのお手伝いをさせていただく、くらいのことは出来たのかなと思っております。

豊かさの根っこ

画像10

今回は思い出を「捨てない」という、貴重なお手伝いをさせていただきました。

我々も、「捨てない」ということが、必ずしもモノに限らないこということを学ばせていただきました。

そしてそれは、「捨てない」ということが、「エコ」「サステナブル」という文脈だけでなく、より人の「心」の奥に紐付いた部分から、出てくるものなのではないか? 豊かさの根っこにあるものと、どこかで繋がっているのではないかという気づきでもありました。

その根っこの思いを、無くしては、我々「SUTENAI」というブランドの存在意義はないのではないか、そう気づかせてくれた、素晴らしい体験をさせていただきました。

これからも、そういう「思い」の部分に寄り添えるような、ブランドを目指して、商品を販売するだけでなく、我々が手が届く限りの様々な活動に積極的に取り組んでまいりますので、応援よろしくお願いいたします!!

そして…

第2回キャンペーンの当選者のお客様のプレゼント企画もスタートしております!!

プレゼント企画完了次第、こちらのnoteでご報告させていただきますので、フォローのほど、よろしくお願いいたします!!

商品情報

◯ SUTENAIシリコンストローMIX / WHITE / YELLOW / PINK 全4種 (発売中!!)

画像11

セット数:3本入り
希望小売価格:900円(税抜)


原材料:シリコーンゴム
耐熱温度:220℃
サイズ:直径9mm/長さ220mm
使用上の注意:◯ ストロー以外の用途には使用しないでください。 ◯ 直火に当てたり、火のそばには置かないでください。 ◯ 極端に熱い飲み物には使用しないでください。 ◯ 初めてご使用になる場合は必ず中性洗剤で洗浄をしてからご使用ください。 ◯ ご使用後は洗剤を使用し、スポンジで洗い、洗浄後は充分に水気を拭き取ってから保管してください。

◯ WEBでもお買い求めいただけます!!

・楽天
https://item.rakuten.co.jp/porty66/sutenai-straw/

・amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B081CQ6SR6

SUTENAIとのコラボプロジェクト ×(with)SUTENAI

画像12

SUTENAIでは、SUTENAIの理念に共感いただき、脱プラスティックストローの世の中を目指すために、SUTENAIと一緒にコラボレーション商品を開発していただける企業様を募集しております。

ご興味の有る企業様は下記のリンクからお問い合わせをお願いいたします。
https://forms.gle/cnUvWHb6VdsM3YZL7


お問合せ
本商品やブランド、プロモーション・サンプル提供・仕入れに関するお問合わせは下記までお願いいたします。

株式会社アルデナイデ
広報担当窓口
〒530-0001
大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー19F
お問合せフォーム:https://forms.gle/fTXck7424kP4pJuz8
TEL 06-6133-5411(平日09:00~17:30)
FAX 06-6133-5455

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!! フォローしてくれるともっと喜びます♪
6
SDGsなどの持続可能な未来に向けた取り組みに、誰でも気軽に参加できるようなプロダクトを創造していくブランドです。 第一弾・ブラシ不要!! 洗って閉じて、何度でも使える、シリコンストロー!発売中🥤 売上の1%を寄付致します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。