見出し画像

漁師さんの直販サイトを紹介します③鹿児島県甑島・日笠山水産のキビナゴ

代表の鈴木(すーさん)です。

3回目となる今回は、鹿児島県の甑島のキビナゴを紹介したいと思います。

「甑島」

はい、ほとんどの方が読めないと思うのですが、「こしきしま」と読みます。

甑というのは米を蒸す道具のことで、漢字検定準1級の漢字です(笑)

ちなみに、場所はここです。薩摩川内か串木野からフェリーか高速船で行きます。

甑島地図

上甑島・中甑島・下甑島と3島に分かれています。今回紹介する日笠山さんは、上甑島の方です。

私はご縁があって甑島に3回くらい行っているのですが、こじんまりしたとても魅力的な島です。

甑島にはキビナゴを専門に獲っている漁師さんがたくさんいます。

こちらが日笠山水産の日笠山誠さん。

いま広げている「刺し網」という網を使って深夜に漁業をします。

日笠山さん

画像6

私が甑島のキビナゴ漁業が素晴らしいと思うのは、キビナゴの資源を守るために、さまざまな自主的なルールを決めていることです。

・産卵場を禁漁にする
・小さな目合いの網は使わない
・操業開始は午前2時以降

など、「漁師の約束」6か条を決めています。

漁師の約束

日笠山水産の水産加工

ところで、甑島の人口は約4600人で、漁師さんたちが獲るキビナゴを全部消費するには無理があります。

というわけで、漁師さんたちはキビナゴがたくさん獲れると対岸の阿久根市や鹿児島市まで船で直接運んで水揚げします。

でも、本当は島で水揚げしたほうが、島の経済の活性化につながります。

そんな思いで、日笠山さんは2年ほど前に加工場を作り、漁師さんたちが獲ったキビナゴを刺身や唐揚げ用などに加工できる体制を作りました。

でも、先ほど電話したらやっぱり「コロナで飲食店の注文が激減して大変!」と言っていました。

そんな日笠山さんのキビナゴを買えるのが、こちらのサイトです!http://www.suemaru.jp/

日笠山水産 きびなご製品

きびなごは、お刺身、唐揚げ、塩焼きなどが美味しいです。

南蛮漬けにしても美味しいです。

そして、個人的には「きびなご漁師漬け」が気になります~~

きびなごのお刺身は「手間いらずセット」に含まれていますが、お問い合わせいただければ刺身のみの対応も可能です、とのことです!

ぜひぜひホームページをのぞいてみてください。

最後に、こちらのGyoppy!の「競争をやめたら競争をやめたら、生活も魚も守られた。30年前から続く「漁師の約束」」という記事もめちゃくちゃ良いのでぜひ読んでみてください!






この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
未来も美味しい魚を食べるためにどうしたらいいだろう?豊かな海を未来に残すために何ができるだろう?まずは小さなことから美味しく楽しく動いていきたい!そんな思いで日本サステナブルシーフード協会をつくることにしました。今年9月の設立を目指して仲間づくりをはじめます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。