見出し画像

シューズが変わらなくても、ランナーは変わることができる。

去年の今頃、私はワークマンのアスレシューズライトでたまーに走っていて、他のランニングシューズをほとんど履いていなかった(ランニングにほぼお金をかけていなかった)。

そして、去年の3月にそのシューズでハーフに出て1時間26分。その後足底筋膜炎になり数ヶ月で8kg太った。

夏にランニングを再開したが、キロ5分で3,4km走るのがやっと。そんな感じのダイエットランナーが復帰段階を経て10月ぐらいに1度履いたのがスケッチャーズのGo Run RAZOR 3 Hyperである。

画像1

ただ、その時は織田フィールドで確か6000mのテンポ走をして3:50/kmペースぐらいだったが、あまり前に進む感じがなかったので、このシューズに対してあまり良い印象を持てなかった。

このシューズは超臨界流体プロセスで成型されたEVAベース発泡体のハイパーバーストという、スケッチャーズ独自のミッドソールのテクノロジーを感じることができる。

私は4年ぐらい前からスケッチャーズのGo Runシリーズのシューズを履いていて、理由は原宿店とかで3〜4,000円とかで売っていて安い、ただそれだけだった。

スクリーンショット 2020-02-19 23.25.17

そして、私はスケッチャーズのリュックサックやTシャツも持っている(日本のランナーでスケッチャーズのTシャツを着ている人をほとんど見たことがない)。

ハワイに行った時はスケッチャーズ契約選手のエドワード・チェセレクとホノルルでほんの少しお話ししたこともある。

その後、ホノルルマラソンでもスケッチャーズのシューズで走った(そのシューズはその後織田フィールドでパクられるのであるが...)。

このように、私はスケッチャーズのブランド自体に昔から愛着があるが、ハイパーバーストというこのミッドソール技術は、スケッチャーズというブランドのパフォーマンス部門のシューズの概念を変えたと思う(少なくとも2016年のリオオリンピックでメブ・ケフレジギが履いていたシューズに比べれば)。


2月18日の火曜日に家の近くの300mトラックで9000mのテンポ走をした。今週末のハーフでは3:30/kmで21.1km走ることが目標だったので、レースペースの3:30/kmで9000mを走る予定だったが、そのハーフが中止になってしまった。

当初はレースで履く予定をしていたXtep Race 160Xを9000mテンポ走で履く予定だったが、レースが中止になったので10月ぶりにGo Run RAZOR 3 Hyperを履いてみることにした。

すると、10月の時に履いた時とはまるで違うシューズのようにスイスイと足が進んだのだ。

Stravaのトレーニングログを見ていただければわかるように心拍数は175bpm前後でほとんど変化していないので、少し余裕を持った状態で9000mを走り終えた。

「同じシューズでも前回履いた時と感じ方が全然違う」

「シューズが変わらなくても、ランナーは変わることができる」

たまには違うシューズを履いてみると「自分の変化」に気づくことがある。

このシューズの反発の感じは少し独特で、自分の走力(というか筋力レベル)が向上するとさらにその独特さをより感じられるような気がしている。

皆さん各々、自分にとって、お気に入りのシューズというのがあるのかもしれないが、何かのきっかけでまた違うシューズを履いた時、そこで新しい体験に出会えたことは幸せなことである。

私は今季、レースはマラソン2レースしか出てなくて(そのどちらも仕事で)、他のレースには出場していない。そして、自分は毎日走るぐらいランニングが好きなわけではないので、毎週2回か1回しか走らないが、ポイント練習をしているときは楽しい。

それは、いつも体が回復した状態で臨めるので、ポイント練習の設定ペースを外したことはほとんどないし、故障の心配もほとんどないので、楽しく走ることができている。

それでも走力は1年前に比べると格段に上がった(1年前ハーフ1:26 → 今年1月練習で1人で走ってハーフ1:16)。

最近では、中国のシューズ(李寧と特歩)を履いていて感じるのは、本当に優秀なシューズであるということ。2足とも自分が思っているよりも良いタイムで走れることが多いが、スケッチャーズのシューズも同じぐらい優秀だと感じる。

今季自分が予定していたロードレースはもう終わりなので(出場予定の佐倉も多分中止だろう)、ヴェイパーフライも中国のシューズもほとんど履くことがなくなると思う。

来週からはスピード練習でストリーク6、流しでスパイクを履いて大好きなスピード練習に入りたいと思う。

自分はインターバルで動きを作れば多少はランニングエコノミーが向上するが、この3ヶ月は21kmの高負荷練習を7回やりながらも、スピード系はあえて封印してきた(レナート・カノーバのいう、「自分が好きな練習をするのではなく、自分に必要な練習をする」)。

これから3ヶ月ぐらいはスピード(ショートインターバルorミドルインターバル)とクロカン(不整地でファルトレク→坂ダッシュ)をメインに練習していくが、3ヶ月後にまたGo Run RAZOR 3 Hyperを履いて走ったらどんな感じになるのだろうか。

今からが先が楽しみである(次のレースは未定で特に出る予定はありませんが、練習は継続します)。

PR:2020年1月に東京都北東部にトラックチーム(Ⓜ︎TC)を作りました。東京都北東部の某トラックで毎週火曜日の夜に練習していて、毎月第2木曜日に3000mT.Tを行なっています(動画)。もし、興味がある人がいたら、ぜひ一緒に練習しましょう。どなたでもお待ちしております。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートをいただける方の存在はとても大きく、それがモチベーションになるので、もっと良い記事を書こうとポジティブになります。

謝謝!
11
ダイエット中。今季マラソン3:40:46。週1or2練習で3000m8分台目標! 戯言を書きます。 ツイッター https://twitter.com/sushimankawarai インスタ https://www.instagram.com/sushiman_kawarai/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。