見出し画像

そうだ、石破茂を総理大臣にしよう。  「変人」との出会い

次期首相候補 No.1 の支持を集める石破茂さん。

時事通信社の世論調査(図表1)では、小泉進次郎環境大臣や安倍晋三首相などを抑えて、トップになっています。

なぜ、石破茂が支持されるのか?

彼の発言の中から「石破茂が総理大臣の日本」はどんな国なのかを検証します。

第三弾では、変人・小泉純一郎との防衛庁長官就任の物語を通して石破さんの国家像に触れていきます!

画像1

1990年代の政治の流れ

1990年代の政治の流れと石破の動きをまとめました。

「知っているよ!」という方は流してください。

画像2


「小泉だけど、国務大臣をやってくれ。」


こうした政争を経て、ついに石破茂が大臣になる日がやってきます。

2002年9月30日にある電話がかかってきます。

「小泉だけど、国務大臣をやってくれ」

「はぁ?」というしかなかったといいます。小泉と石破は相反する立場にあり、総裁選では「小泉さんを総理にしたらこの国は終わりだ!」といっていた程で、総裁選では橋本龍太郎に一票を投じていました。

それなのにも関わらず、小泉内閣で防衛庁長官にならないか?という話がやってきたのです。

国会論戦において強いのは石破だ、という小泉の思惑があったのでしょう。

石破はこのことを引き合いに、「安倍一強」について批判をします。


「たとえ政府の方針や首相の発言に異を唱えることがあっても、国家のために必要な人材を登用するのが、リーダーのあるべき姿でしょう。いまの内閣にはそうした姿勢が乏しいのではないでしょうか。」


小泉純一郎は「天才」です。

画像3

石破が尊敬する首相は5人います。

田中角栄、橋本龍太郎、竹下登、福田康夫、そして小泉純一郎です。

「小泉さんは『天才』です。郵政民営化をやる!といってそれに向かって走り抜いた。そして自由化した日本の確立のために首相をやられた。」


石破茂が総理大臣になったら…(3)

小泉さんのリーダーとしての姿を見た石破さんは、安倍政権の「一強型」を是正し、政策をじっくりと議論し、筋の通らないことには「違う!」という声が出なくてはいけない政治を目指しています。

石破さんが総理大臣になれば、トップダウン型ではなく、ボトムアップ型の政治が見られると考えています。


石破さんは小泉純一郎さんの「リスクの個人化」。つまり、基本は「個の自立」であるという考え方を支持しています。

この社会保障などに関わる政策については少しずつ紹介していこうと思います。それでは今日はこのあたりで!


次回は、石破茂さんの目指す「国家像」を紹介します!

次回からは、政策ベースでの話しにシフトしていこうと思います!よろしくお願いします〜!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをよろしくお願いします. いただいたサポートは本を買うために使わせていただきます.

とても励みになります.また次回の記事も読んでください.
30
WASEDA SAGA Junior high school(15歳)|横浜改造計画|やらないで後悔するより、やって後悔したほうがいい。そうやって世界は変わっていく。

こちらでもピックアップされています

そうだ、石破茂を総理大臣にしよう。
そうだ、石破茂を総理大臣にしよう。
  • 4本

「石破茂が総理大臣の日本」はどんな国なのか、を徹底検証します!幼少期から田中角栄との出会い、自民党離党、防衛、地方創生…などなど、時期首相候補No.1の石破さんについて押さえておくべきポイント満載です!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。