学校に行かないという選択。わたしは先生ではないけれど。
見出し画像

学校に行かないという選択。わたしは先生ではないけれど。

やなぎだ けいこ

先日、noteにてダイヤモンド社書籍編集局さんのこんなキャンペーンがありました。


こどもたちが将来的に、興味を持ちそうな内容だなぁ、と興味を惹かれました。




【書籍の紹介】
――未来の科学者たちに読ませたい!『WHAT IS LIFE?(ホワット・イズ・ライフ?)生命とは何か』

このたび、ノーベル生理学・医学賞を受賞した生物学者ポール・ナースが「生命とは何か?」という大いなる謎に迫った話題の書が日本でも上梓されました。

ポール・ナースが、生物学について真剣に考え始めたのは一羽の蝶がきっかけでした。12歳か13歳のある春の日、ひらひらと庭の垣根を飛び越えた黄色い蝶の、複雑で、完璧に作られた姿を見て、ポールは「生きているっていったいどういうことだろう?」と考えるようになりました。

著者は旺盛な好奇心から生物の世界にのめり込み、生物学分野の最前線に立ちました。本書ではその経験をもとに、「細胞」「遺伝子」「自然淘汰による進化」「化学としての生命」「情報としての生命」という5つの重要な考え方をとりあげながら、生命の仕組みをやさしく解き明かしています。




こどもたちが、将来的に興味をもちそうだなぁ…。と初めは目に留めました。そして、紹介文を読み進めるうちに、

「う〜ん、コレは、私が読みたい。」

そう感じたので、キャンペーンに応募してみました。

しかし、そこには大きくこう書かれていました。

「子供たちに理科を教える先生に本をプレゼント!」

と。

ふ〜む。

日々、こどもたちを見ていると、結局、どんな学びも、根底にあるのは「生きること」「生活すること」「生き物である自分とは何か」ではないのだろうかと感じます。

何かに興味をもつと、必ず行き着くのは「生物」なのだと思うのです。

長男は昆虫やら生き物が好きなので、わかりやすい形で「生物」「生態系」「命とは」というテーマが身近にあります。

二男は、アートや身体を使うこと、さらに恐竜や化石に興味を持っています。
それらも掘り下げていくと、細胞で出来ている自分の身体についてや、恐竜時代の生態系、生物へとつながります。

末娘はまだ強い興味を示す分野はありませんが、植物が好きです。これもまた生物へと向かう。

こどもたちが学ぶのは、自発的にしていくと思っているので、私が教えられることは無いと思っていますし、できる限り教えたくないのです。

だから、こどもたちの為ならず、まず、自分が知りたいのです。

自分という生物は、いったい何処から来て、何処ヘ向かうのか。

キャンペーンに応募するにあたり、自分は学校の先生ではないこと、しかし、こどもたちが学校に行かない選択をしており、学びについて日々模索している事を備考欄に書き記しました。

私は「先生」ではない。

先着順50名。

該当しないからと対象外となったとしても、 
それは、それで良い。

そんな風に思っていたら…

「郵便受けに、来てたよ。」

夫から手渡された少し厚みのある封書。

差出人名は…

ダイヤモンド社書籍編集局!!

プレゼント来た〜!!!

本をプレゼントしていただけたのが嬉しいのは勿論ですが、

「学校に行かない選択をしている我が家」に、「生物の先生にプレゼント」するキャンペーンの本が届いた、という静かな喜びが私の中にありました。

大袈裟かもしれませんが、

「学校に行かない選択」が、またひとつ、受け入れていただけた。

勝手にそんな解釈をしています。

実際には、先着順に選ばれただけかもしれません。

でも、私の中では、すごく価値あるプレゼントになりました。

ダイヤモンド社書籍編集局さん、本当にありがとうございました!

読了しましたら、また記事にしたいと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やなぎだ けいこ

学校に行かない選択をしたこどもたちのさらなる選択肢のため&サポートしてくれた方も私たちも、めぐりめぐって、お互いが幸せになる遣い方したいと思います!

それぞれでいい感じ。
やなぎだ けいこ
東京生まれ東京育ち。障害児施設・公立保育園に10年勤務後、神奈川県逗子市にて玄米おむすび専門店を立ち上げる。家族それぞれが「育つこと」を考え2011年に札幌市に移住。山にほど近い環境で、鍼灸師の夫と学校に行かない選択をしている三人の子どもたちとの「漫画みたいな毎日」。