見出し画像

リアル超え?nonpiでオンライン懇親会をやってみたら楽に盛り上がった話

こんにちは!コーポレート本部の佐久間です。
みなさん最近会社で懇親会されていますか?!

世はリモートワーク中心ですし、店内での懇親会は控えたい、だからといってオンラインでの懇親会はどうも気が乗らない、なんて方もいますよね。
そういう私も飲み会自体は大好きだけどオンラインはちょっと…派でした。

しかし!先日弊社のコーポレート本部(人事や経理等が集まる経営管理部門)でzoom懇親会してみたところ、とっても楽しかった&準備が楽ちんだったので記事にしてみました!

■ nonpiの宅食サービスでみんなで同じ食事を


nonpiという宅食サービスをご存知でしょうか?
https://nonpi-foodbox.com/

=====
①幹事が日にちや人数、おつまみを選択して申し込む
②発行されるURLを参加者に共有して各々住所や飲み物を選択してもらう
③懇親会当日(希望に応じて前日も可)に各ご自宅にお届け
④まとめて請求書が発行されるので各自の経費精算が不要!
=====

準備はたったこれだけでみんなが同じ食事を楽しめるオンライン懇親会がセッティングから精算まで楽ちんにできてしまうのです!

たくさんのメニューがありますが、今回は下記の「みやび 江戸の味プラン」を申し込んでみました。
お酒やソフトドリンク3缶の組み合わせも選べて、この食事で4,500円(税抜)。弊社は毎月の懇親会費を一定補助していますが、その金額内でもまかなえてしまうという嬉しい内容でした!

当日はクール便で可愛らしいダンボールが届きます。わくわく。

画像2

箱を開けるとパウチに入った色とりどりの料理!
和食は美しいですね~

画像5

オンライン飲み会のポイントが書かれた冊子も入ってますよ~~
「飲み物の補充はご自身のタイミングでどうぞ」とか
「すぐに眠れるからといって飲み過ぎにはご注意を」等のポイントが書いてあります。笑

画像3

■ 盛り上げコンテンツはあらかじめ2つ準備


以上で食事の準備は完ペキ!
でしたが、会話がより弾むように2軸のコンテンツを用意しておきました!

①匿名でだれだれさんに聞いてみたい質問を投稿!

別にいつでも聞けるけど、懇親会のタイミングだからこそ
カジュアルに聞けることってありますよね。

ということでGoogleフォームで事前に誰に、何を聞きたいかを募集して
話のタネにしました。

「最近のブーム」「おすすめのお店」などざっくりな質問でもかなり盛り上がりましたし、答えていくうちに“フルーツサンドマニア”という謎の共通点も発見できました。
こういう共通点はさすがに仕事中は見つけられないですよね。笑

画像4

②オンライン人狼

配役決定や状況整理はこちらのサイトを利用しました。
http://ff14moomoo.com/jinrou_gm_tool.html

配役はslackでゲームマスターからあなたは人狼ですよ~など連絡し、
吊る人を決める際はzoomのチャット欄でみんなが確認し合えるように投稿とチャットツールを分けることで対面と変わらない形でゲームができました。人狼は7名以上の懇親会ではとってもオススメです!

■ やってみて思ったこと


・幹事がとにかく楽
先述してますがnonpiのようなサービスを使えば、幹事は設定をオンライン上で行うのみでOKで、配送先住所や配送時間指定は参加者各自でしてくれます。精算のややこしさや細かいフォローなどが必要なく、とにかく楽です。

・食べる物が同じということの利点
素朴なポイントですが、同じものを食べるということが意外とよかったと思っています。元々はそれぞれがちがうメニューを持ち寄ってもよいかなと思いましたが、実際にやってみると「○○美味しい!」という共通話題になったり、何が好きか/苦手かといった個人の話がしやすくなったりしました。

・リアルよりも1人の話にみんなが集中できる
今回は7名で行ったので人数にもよるかと思いますが、リアルの懇親会に複数名集まると数人ごとの輪ができることも多いですよね。ですがオンラインだと距離の差がないので1人の話にみんなが反応でき、全員で同じことを理解し共感し合えている感覚がもてました。

・終わった直後のさみしさは少し強めに感じる
どのオンライン懇親会でも言えることですが、特に独り暮らしの場合、懇親会が終わった瞬間に部屋に1人になるので、そのギャップに少し戸惑いとさみしさを感じました。笑


そんなこんなで非常に簡単な準備でとても楽しめたので、
是非オンライン懇親会を検討されている方は参考にしてみてくださいませ!

ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
14
サイバーエージェントグループのゲーム・エンタメ会社、株式会社サムザップで働くひとみんなで運営していく広報note。日々の出来事から、文化、ひと、チーム、サービス、そこにかける想いを、ありのままに、カジュアルに発信していきます。