男性のつらさの構造

 元農水省事務次官がひきこもりの子を殺害した事件にやるせない気持ちになった。なぜならそこには「男性のつらさ」問題がすべて凝縮されていたからである。

男性のつらさ

 男性のつらさの構造を明らかにするために、男性のつらさの社会問題としてよく取り上げられる「自殺」「ひきこもり」「ホームレス」「長時間労働」に共通する原因を考察した。

画像1

 結論から述べると、「自殺」「ひきこもり」「ホームレス」「長時間労働」につながる「男性のつらさ」には「性役割」と「孤立」が強く影響している。男性の「性役割」に関わるつらさは、女性の結婚相手への「高望み」によって引き起こされ、男性の「孤立」は、男性が存在として嫌われていることによって、家族以外の人間関係の構築が難しくなることによって引き起こされている。

 上記を仮説モデルとして図示したのが以下の通りである。このnote記事では、この仮説モデルにしたがって述べていきたい。

画像2

男性のつらさの原因①:性役割

女性の高望みが男性を性役割に駆り立てる

 性役割意識は弱まっている。「SSM調査」では「男性は外で働き、女性は家庭を守るべきである」という性役割意識に「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と回答した比率は男女ともに減少している。

画像3

 性役割意識が弱まっているのに、女性が男性に対して経済力を求める意識は逆に高まっている。「出生動向基本調査」の「結婚相手の条件で重視する点」では「職業」「経済力」と回答する比率は男性に比べると女性の方が顕著に高い。また、時系列でみても「職業」「経済力」と回答する女性の比率は、2010年から一段と増加している。

画像4

 実際、年収が低い男性は結婚できない。「就業構造基本調査」(2017年)で35~39歳の年収階層別の未婚率をみると、”年収が低いほど未婚率が高まる”という傾向が鮮明である。

画像5

 時系列では性役割意識が弱まっているのに、結婚相手を選定する場面において、むしろ男性に「経済力」「職業」を期待する意識は高まっている。

 このような状況では、男性が結婚を望む場合、「経済力」「職業」を向上しなければならず、性役割の実現が適応的な行動だということになる。

性役割の実現が難しい時代

 出産・子育て期の男性の収入が減少している。厚生労働省「賃金構造基本調査」では男性の所定内給与額(賃金)は1995年から2015年にかけて、出産・子育て期である30~44歳で減少している。

画像6

 男性全体の所定内給与額(賃金)の推移をみると、バブル崩壊後の1995年以降は伸び悩んでいる。一方、女性は、バブル崩壊後も一貫して伸び続けている。男女の賃金格差は、1995年に62.5(男性=100とした場合の女性の比率)であったが2015年72.2となり、約10ポイント縮小した。

画像7

 バブル崩壊後に日本型雇用慣行が崩壊したことで、男性が、女性の期待する水準の「経済力」を獲得することが難しくなっている。結婚願望のある男性は、昔より苛烈な競争を勝ち抜かなければならなくなっている。

性役割から降りた男性の結末

 「そんなにつらいのなら逃げてしまえばいいじゃいか」そんな素朴な疑問が先週twitterで話題になった。小渕花梨は次のようなことを述べている。

 しかし、性役割(多く稼ぐ)から降りることは、女性の期待にこたえられないということなので未婚になる可能性が高まる。日本で男性が未婚になると、幸福度が非常に低い状態になる。第1回note記事「男性社会の幸福な女性たち」でも述べたが、日本の未婚男性の幸福度得点は0.51であり、これは先進12か国別、既婚-未婚別、男性-女性別の組み合わせの中で突出して低い値である。

画像8

 性役割から降りると、男性はさらにつらくなるのである。

 男性に対して「女性に選ばれるかどうかは重要じゃないんだよ」というアドバイスは軽々しくできるものではない。

コラム:草食男子の惨状

 「草食男子」とは「ガツガツしておらず積極的ではない男性」という意味合いで、従来のジェンダーロール像とは異なった男性の在り方として、2009年に爆発的に普及して以降、定着した。「若い男性が料理をする・育児に前向きである」という新しさが注目され、不況の時代に身近な生活を充実させるスマートな生き方として肯定的に評価された。しかしその後、この世代の性意識(性のイメージ、性への関心)・性行動(性交経験率、交際率などの)が低下し、未婚率が上昇した。これは草食男子が女性のニーズとマッチしていなかったからである。女性が、草食男子を否定的に捉えるアンケート結果は複数ある。草食男子の失敗を見てか、「青少年の性行動調査」において男性大学生では2011年に下がっていた「男性は女性をリードすべき」という性役割意識が2018年に再び高まったのである。

男性のつらさの原因②:孤立

孤立=心身の健康に重要なソーシャルサポートの不足

 ソーシャルサポートとは、「援助・支援を求めることができる人間関係」のことである。ソーシャルサポートの形には「情緒的サポート」(共感、愛情など)、「道具的サポート」(お金や物の提供、手伝いなど)がある。ソーシャルサポートにはストレス緩和効果があり心身の健康にとって重要な働きをするという実証研究が数多く存在する。

 孤立は、ソーシャルサポートを受けられない状態になるということと等しいため、心身の健康にとっても影響する重要な問題なのである。

ソーシャルサポートの性差

 情緒的なソーシャルサポートで重要なのは「家族・親族」「友人・知人」である。

 「国立社会保障・人口問題研究所「生活と支え合いに関する調査」(2017)では、情緒的サポートとサポート源の組み合わせについて有無をきいている。サポート源としては「家族・親族」が8~9割と最も高く、次いで「友人・知人」の3~6割が高い。「職場の人」や「近所の人」はそれらと比べると一段階低かった。

画像9

 情緒的サポートで頼れる家族や友人の有無の性差をみると、「身近な家族や親族」には大きな性差がないが、「親しい友人」では男性は女性よりもかなり少ない。

 ISSP国際比較調査「社会的ネットワークと社会的資源」(日本・2017年)では「落ち込んだときに話したいときに最初に頼る相手」として「身近な家族や親族」と回答した男性が46%に対し、女性は43%で大差はなかった。一方「親しい友人」と回答した男性は31%に対し、女性は43%と、10%以上の差があった。

画像10

 つまり、男性の場合、未婚などで単身の状況になると情緒的なサポートが女性よりも手薄いため、ストレス対処に失敗しやすく、心身にとってマイナスとなる。

 実際、男性は女性よりも悩みごとを相談する友達が少なく、加齢とともにその傾向が強まっていく。「悩みごとを相談できるような友人の数」をみると、男性は「いない」が32%なのに対して、女性は13%と約20%も差がある。男性は18~29歳の時点では「いない」は12%であるが、70歳以上では53%となり加齢とともに悩みを相談できる友人が減っていく。

画像11

 加齢とともに悩みを相談できる友人が減っていく度合いが強い男性にとって、加齢した状況になるほど配偶者を失うダメージが大きくなることを意味する。

男性の孤立の原因:存在が薄っすら嫌われている

 それでは、なぜ男性は家族・親族以外のつながりが女性と比べて少ないのだろうか。twitterの反フェミ界隈では「男性は薄っすら嫌われている」という言説が共有されている。

  河野・羽成・伊藤(2017)は、東海地方の大学生388名(男性191名、女性197名)を対象とした質問紙調査で、最も嫌いな人物の性別を回答してもらった。その結果、男性回答者では「男性」88.6%、「女性」11.4%、女性回答者では「男性」33.3%、「女性」66.7%であった。男女を合算してみると、「男性」は約6割、「女性」は訳4割と、男性の方が嫌われやすい傾向が明らかになった。

画像12

 また、日本青少年研究所「高校生の生活と意識に関する調査」(2003年)では20項目の形容詞について「男らしい」「女らしい」の印象をたずねる質問で、「男らしい」の回答率でトップだったのが「乱暴な」(男性回答者で62.8%で1位、女性回答者で67.5%で1位)であった。

 また、山田昌弘(2016)は、「ケアのジェンダー非対称性」を指摘している。つまり、看護、介護、保育などケアの場面では「女性が男性をケアしても許容されるが、男性が女性をケアすることには心理的抵抗感が伴う」というものである。「男性保育士に対して娘のおむつ替えをしてほしくない」という議論が話題になったのは記憶に新しい。

 以上より、男性は男性であるというだけで女性よりも嫌われやすい傾向がある。このことが女性よりも家族以外の人間関係の構築を難しくしている一因となっている。

 社会が快適・安全になり、不快な存在への許容度が減っている現代において、このように「乱暴な」印象の男性に対する風当たりはますます強くなり、家族以外の人間関係の構築の阻害要因となっているのかもしれない。

男性の孤独化の外部要因:他人に冷たい日本の文化

 日本では、家族関係以外の人間関係を敬遠する風潮がある。「世界価値観調査」では、「初対面の人への信用」(信用する計)は先進12か国中最も低く、8.9%しかない。

画像13

 また、日本は、家族以外の社会や地域における信頼関係やつながりを表す「ソーシャル・キャピタル」が低い。2018年度版「レガタム繁栄指数」によると、総合順位は149か国中22位と上位であったが、構成指標の1つである「ソーシャルキャピタル」のみが99位と突出して低かった。

(*「レガタム繁栄指数」における「ソーシャルキャピタル」は具体的には、友人をつくるきっかけ、援助行動への態度、団体への信頼、寄付、ボランティア、政治参加などによって測定される。)

 つまり、日本においては、家族以外の社会的つながりを構築するのが難しい文化がある。このことが、薄っすら嫌われている男性にとって、より孤立に向かわせる圧力として働いているのである。

若い男性ほど男性のつらさが直撃している

 近年、若い年代で男性の自殺率が増加している。

 自殺率全体は2010年頃から団塊世代の退職が始まり、人手不足で雇用環境が改善した影響で改善している。2009年に25.8だったものが、2017年には16.8とかなり減少した。一方、20歳未満では微増している。

画像14

 しかし未成年(20歳未満)の自殺者の男性の比率をみると2004年から2017年にかけて約10%も増加している。つまり未成年(20歳未満)の自殺率の微増の背景には女性の自殺率の減少と、男性の自殺率の増加がある。(なお、最新の2018年の統計では未成年における自殺者の女性比率が大きく増加したが、短期的な変化であるため今後の推移を注目したい)

画像15

 時代の変化が生じた場合、時代の空気に敏感な若者からまず変化が生じるものである。日本社会における「男性のつらさ」が増した証拠だと考えられる。

 統計数理研究所「日本人の国民性調査」では1998年は「楽しみは男性の方が多い」と回答する男性の方が多かったが、2013年には逆転し「楽しみは女性の方が多い」と回答する女性の方が多くなった。特に20代において性差が拡大しており、女性20代は78%が「楽しみは女性の方が多い」と回答しているのに対し、男性20代は47%が「楽しみは男性の方が多い」と回答しており、差は30%以上もある。

画像16

これ以上、若い世代に男性であるだけでつらい思いをさせてはならない。

男性がつらさから解放されるためには

 ここまで述べた男性の行き場のない「つらさ」をなんとかするには3つの方法がある。第1に女性の意識改革から始める性役割の解除、第2に男性のソーシャルサポートの強化、第3に現実逃避、である。

男性のつらさからの解放:①女性の意識改革

 女性が自立心を持ち、経済力の獲得に積極的になり、経済力を持たない男性と支え合う気持ちを持つようになれば、男性は配偶者獲得や維持のために過度な経済的なプレッシャーを考えなくてもよくなる。

 男性のつらさは将来男児を出産するかもしれない、若い女性にとっては他人事ではない。

男性のつらさからの解放:②男性のソーシャルサポート強化

 男性が孤立しないためには、男性自身も家族以外の人間関係に積極的になる必要がある。男性同士で助け合う意識を持つことである。バーベキューをするもよし、オタクの趣味でつながるもよし、ツイッターで愚痴を言い合うのもよし。

男性のつらさからの解放:③現実逃避

 現実逃避とは、情緒的な価値を消費などによって充足させることでストレスを緩和する方法である。オタクカルチャーはその典型である。現実の女性よりも二次元のキャラやアイドルに感情移入することで、親密性の代替をしている。昨今VRなど、親密性を代替するテクノロジーも発展しており。今後男性のストレス対処にとって重要な役割を果たすかもしれない。

モンスターフェミニストが男性をさらにつらくする

 近年、フェミニストがやっていることは、男性をさらにつらくすることである。

 例えば、2018年10月に弁護士の太田啓子がNHKノーベル賞解説サイトに起用された若い女性のアニメ風のイラストに対して「女性の体が性的に強調されアイキャッチの具にされている」と批判した。

 もし、このイラストが「性的」なものとして政治的に正しくないのであれば、オタクカルチャーにおける「萌えアニメ」のイラストはすべて政治的正しくないということで、疎外され偏見で見られることだろう。

 オタクカルチャーは「行き場のない男性のつらさ」に対して情緒的サポートを代替する入手しやすい手段である。このようなイラストによって気が紛れ、ストレスに対処できている男性も多いだろう。

 つらい男性からセーフティネットまで奪おうとしているのは「弱い者いじめ」に他ならない。このような非人道的なふるまいは許されるべきではない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2073

こちらでもピックアップされています

男性社会の幸福な女性たち
男性社会の幸福な女性たち
  • 9本

日本は「男性社会」だといわれるが、女性の幸福度は高い。なぜそのようなことが起こるのか。

コメント (57)
羽田ケットシーさん
お褒めに預かります。
有り難う御座います‼️
鼻をほじるって一見愉快な行為に見えますが、もしも自分の両親が鼻をほじった回数が一度でも多ければ(少なければ)自分は生まれてなかった、とか考えると不思議な気分になりますよね。
記事の投稿、お疲れさまです。
すももさん、匿名でしか人を傷つけることができない臆病な人の攻撃はあまり気にしないでください。
あなたの記事の投稿を楽しみにしているユーザーの皆さんがあなたの味方です。
お体を大切にしてくだされば私や記事の投稿を楽しみにしている皆さんは安心します。
次の面白い記事の投稿、楽しみにしています。
男性と女性の違いや本質に触れると可能性は拡がると思います。
それ以前になぜ男性と女性があるのかとか考えると非常に面白いです。
時代の変化によって、女性の働き方も変わってきますし、それに伴って、考え方も変化します。
日本は特に昭和の男女の考え方が根強く残っている国とも感じます。
でも、昭和の人間が滅び、平成、令和、それ以降の日本人が生まれていくことで、これからの考えが当たり前になってくるので、全体のバランスの取り方が変わってくるのは想像できます。
時代は変われど、男性の本質、女性の本質は変わりません。
表現の仕方が変わってくるのだと思います。
表現は受け取り方によって、別の意味にとられてしまうのが、コミュニケーションの難しさであり、奥深く面白い所だと思います。
女性は感情が常に揺らいでいて、さっきこう思っていたのが、気づけば別の事を考えたりする、感覚で変わる生き物のようです。
その分、難しいと思われるかもしれません。
しかし、逆に女性から男性をみれば難しい部分もあるのです。
こういう違いがあることを知ると、男性も女性も、人目にとらわれず、地位や経済にもとらわれず、
お互いが心地よくいられる存在になる。そういう研究も近頃では少しずつ見かけるようになりました。
堀内恭隆さんという方が非常にわかりやすい著書を出しておられます。
男女の誤解が解けると、ちょっとびっくりします。
因みに、私は結婚推進派でも、独り身推進派でもどちらでもありません(;-;)
結婚しない、お付き合いしないと言い切ってる芸能人の方でも面白くて好きだなぁと感じる方も割りといます(^^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。