お豆腐と筋肉痛。
見出し画像

お豆腐と筋肉痛。

すみれ

今週の水曜日、地域のお母さんのお料理クラブで、お豆腐作りに挑戦してきました!

皆さん農家さんなので、お豆腐作りに使うお豆はなんと持ち寄り!!
わたしだけ手ぶらで参戦でした笑


持ち寄られた豆。

まず持ち寄られた豆は機械でペースト状にされます。そのあと鍋でお水といっしょにグツグツ煮て、3回差し水をしたタイミングで火から下ろします。この時、底から混ぜてしまうと焦げやすくなってしまうので真ん中へんからふんわりとまぜるのがコツです。

こんな大きな鍋をかき混ぜたのは初めてです

この後の作業が1番大変です。
棒に2枚の布を巻き付けて、布の上に鍋の中身を入れた後、ぐるぐると棒に布を巻き付けていき、2人がかりで、しっかりと水分を落とします。
(この工程は必死過ぎて写真が撮れませんでした😢)

ある程度水分が落とせたら、機械(と言ってたほぼ人力)の力を借りて更に絞り上げていきます。

持ち手をぐるぐるまわすとぎゅーと下に押し付けられ、水分が滲み出てくる仕組みです。

 ここで一服。出来立て豆乳をごくり。

当たり前ですが、普通の豆乳より、豆豆していてお豆の風味をしっかり感じられました。あと、あったかい豆乳を飲んだのは初めてだったので不思議な気分。

この後は型に流し込み、流水で冷やし固めます。

想像よりずっと早く固まりびっくりしました。(1時間かからない!)自分で作ったお豆腐。少し不恰好ですが、愛おしい。

お豆腐作りの後にはお母さん方が豆腐作りと並行して仕上げた豪華すぎるお昼ご飯をいただきました。

チャチャっとこの品数を作れるのは本当にすごい。ちょうど良い味加減で思わず箸が進み過ぎました。お腹が重たかっただけでなく、余った料理をたくさん持たせてもらったので、両手に幸せの重みを感じながらおうちに帰りましたとさ。

ちなみに次の日は、豆腐作りを頑張った勲章(筋肉痛)を背負うことになりました。
豆腐作りの道は美味しくて楽しくて、険しい!

おまけ:お土産におからもたくさんもらいました♪週末におからドーナツを作る予定です🍩

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです💛
すみれ
🐄北海道・十勝🌱 私のことをどこまでも連れていってくれる言葉が好きです。 最近はすみれと名のつくものの写真撮るのにはまっています。