すっきりラボ整骨院

東急東横線学芸大学駅から徒歩30秒!すっきりラボ整骨院です。 HP:https://www.sukkirilabo.tokyo/ 住所:東京都目黒区鷹番3-6-3外村ビル1F

すっきりラボ整骨院

東急東横線学芸大学駅から徒歩30秒!すっきりラボ整骨院です。 HP:https://www.sukkirilabo.tokyo/ 住所:東京都目黒区鷹番3-6-3外村ビル1F

    最近の記事

    • 固定された記事

    症状別・部位別

    サッカーで多いケガ>シンスプリント >オスグッド

      • 腱鞘炎(ドケルバン病・ばね指)

        概要腱鞘とは腱が正しい位置で動くようにあるトンネル上の物で、アキレス腱など大きい腱にはありませんが、手の指など沢山の筋肉や腱がある所では、ほかの働きをする腱や組織と場所を分ける為に腱鞘というトンネルで通り道を作っています。 狭窄性腱鞘炎とも言い、腫れた腱や腱鞘でトンネルの通りが悪くなって痛みなどが出ます。 原因パソコンやスマホの使い過ぎや、ハサミや包丁などが直接当たる機械的刺激で発症します。 好発成人以降の女性に多い。デスクワークの人や授乳中のお母さんにも多いです。

        • シンスプリント

          概要いわゆる「スネ」部分の痛み。ランニングやダッシュ、ジャンプを繰り返すことにより下腿(膝から下)の筋肉の張力により、付着部であるスネの骨の表面に炎症が起こる。症状を放置すると疲労骨折になる事もある。 原因運動によるオーバーユース(使い過ぎ)がほとんどで、急に運動量が増えたり質が上がるとなりやすい。 疲労による筋肉の柔軟性の低下や扁平足など衝撃を吸収する機能の低下も要因。 好発ランニングやダッシュ、ジャンプ競技の選手はもちろん、その他の競技も練習での走り込みでも起こる。

          スキ
          1
          • オスグッド・シュラッター病

            概要膝は大腿骨、膝蓋骨(お皿)、脛骨という3つの骨で構成されています。 膝を伸ばす筋肉である大腿四頭筋はももの前を通り膝蓋骨を包んで脛骨の軟骨部分に付着します。 大腿四頭筋の繰り返される過度の収縮や膝の曲げ伸ばしにより脛骨の軟骨部分が引き剥がされる様になり、その部分の痛みと隆起(でっぱり)が特徴的なスポーツ障害です。 原因成長期の子供で筋肉が強くなってきたり、運動の強度が強くなった時に、身体の柔軟性も関与して症状が出てきます。 好発10〜15歳位のサッカー、バスケットボー

            スキ
            1