【炎上は、】ママ神格化の記事を書いた私は確信した!【何を生むのか。】



先週私が書いたこのコラムが、
--------------------------------------------------------
【みんなが言いづらいと思うから】ママのママによるママのためのママ神格化現象がおこってますよね?【私がいうね!】https://note.mu/suisuiayaka/n/n81f42a879be2
--------------------------------------------------------

【炎上】とは恐れ多くて言えないけど微炎上しておバズりになられている!そこで私がこれにより思った事をまとめたからね!


まず、共感コメントも多々あるんだけど
記事や私個人に関して【批判的なコメント】をSNSで書いてる人、私のコラムのコメント欄に【読んでて不快】と書き込んでる人もいるんだけど、


<私のコラムに不快という意見を書かれている方。コラムを削除してほしいと書かれている方。不快なら、私の記事を読まなければいいだけです。>


、、、、なんておしゃれな事全く思ってないから安心して!!
不快だと思う人もこれからもどうか読んで!!!!!!!!!

むしろ不快と感じたところをその不快をよじ登って自らの不快ポイントを整理して自身のSNSではなく我がコメント欄にたどり着いて書きにきてくれた方々に至りましてはご足労いただきほんと恐縮です。私がnoteに何を嫌いと書いても自由なのと同様、私のコラムや私への批判を書くのも完全に自由です!扉は開かれてます!!!!!!!!



で、少し話変わるんだけど、
これは私のクセかもしれないんだけど、


たとえば安保法案や原発に関しても、
世の中で色んな立場や哲学から色んな意見がwebに転がってると思うんだけど、たとえば私のfacebookタイムラインの多くの意見は【反対】で、それで
なんかわたしも反対、みたいなノリだったんですよ。
でも、これわたし、

自分の中でちゃんと【議論】したっけ?

ってある時すごい感じたんですよ。
これ、私、他の人が書いてる意見に流されて雰囲気で反対って言ってるのでは、、?

と思ったんです。
(※この安保と原発の件に関してはそれぞれを調べて自分の中で議論して結果【反対】に落ち着いた。)
そういうことって本当にたくさんあるな。って思ってたんですよ。
自分のなかでちゃんと考えないまま流されて、
自分の感情ごとのみこまれて思考がクセ付いてしまうこと。



で、今回ね、わたし自分大好きだからエゴサーチしまくってsuisuiayakaでツイッター検索しまくって色んな意見が交わされてるのをみて自己陶酔してたときに超絶まじめに1つの光を感じたんです。それは



【炎上で広がるのは、炎ではなく、議論なのか。。。】



と、、!
今まで炎上って誰か一人をボコボコにこらしめるみたいなイメージで、それは健全でないと思うし「できれば人生で一度も炎上というか吊るし上げられたくないなーお母さん泣くなー」って思ってたんだけど、

今回【あらゆる趣味思考、立場、未婚、既婚、年齢、子供が何人いるか、子育て何年目か、など立場がまったく違う人々が!!!!!!!!!!!!】【どこに共感するのか/どこに批判するのか/なぜ著者に不快感があるのか/それでも育児はなぜ大変なのか/それでも育児はなぜ楽しいのか】とか自分の中で燃えたこのテーマについてそれぞれが議論の炎を広げまくっていたのを見て私にはそれが【恐れていたような寂しくて怒りや暴力や恐怖感のある炎】ではなく

キャンプファイヤーの周りでそれぞれが独自のマイムマイム披露してる画
に見えた。。

世の中やマスコミかわかんないけど雰囲気で
「ママ大変」ってなって流されてた人が改めて、【自分がなにが楽しくて大変で、考えてみたら、子育てってほんと一言でいえなくて、ほんとそれぞれで、奥が深いわ!】とかなんでもいいんだけど【考えるきっかけ】になったんだったらこのキャンプファイヤーに向け丁寧に薪を組んだ私は嬉しい!



火が
ヤケドや怪我を生む恐ろしいもの
というだけでなく
暖を生む、生きていくのに欠かせないものであるのと同様


炎上は、悪とは限らない。
「ああやっぱり子育て系は炎上するのか〜怖い怖い近寄らないとこ。」
なんて思わないでー!むしろ子育てなんて100億人いたら100億通りなわけで正解なさすぎるから、マイムマイムも超いいんだけどそれぞれがnoteにコラム書いて自分だけの組み方で薪を組むのもおすすめ!!!!!!note最高!













この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは大変リアルながら息子の託児代(書く時間確保)私の古着代(気分アゲ確保)になり最終的に作品に1000000%還元されてます。

人生最後の日も、あなたのスキ思い出したい。。。
128
ハードメンヘラからウルトラリア充になったよ。リクルート→cmプランナー→エッセイスト。cakesで「メンヘラ・ハッピー・ホーム」連載→ https://cakes.mu/series/3608 子は5歳と3歳。

この記事が入っているマガジン

コメント7件

スイスイさん、どんどんやってくださいね。

子育て半ば手は掛からなくなったが金が掛かる、中3こじれ女子を育てる母です。(母子家庭)シングルマザーって言葉が大嫌いなもので。

そんな風にそれぞれの子育てがあるから、ひとまとめにして語られることになんだかな〜〜と思う人は多いと思います。

今回のことで振り返ったり考え直したり歩み寄ったりする機会を持った人がいるはず。だからちょっと過激かもしれないスイスイさんみたいな発言は大切だと思うんです。

うん、noteは良い場所です。
前の記事にもコメントした者です。
改めて炎上?した記事も読むと、本質的には間違ってないと思うんですよ。
でも、なんだろう、読後に残る『どの口が言ってんだ』感…それは貴女が会社を知らないフリーランスだからなのか、子供がまだ一歳半だからなのか、個人的に敵対視している『ママ起業家』の影がちらつき、明らかに彼女達に向けてのラブソングなのが見え透いてるからなのか。。
もしくは、昔クラスに一人はいた『女子って怖いよね〜』って周りを下げて自分を上げる自称サバサバ女を彷彿とさせるからでしょうか。引き続き頑張ってください!
この記事に救われました。ありがとうございます。まさに1ヶ月の育児まっただ中で呆然としてましたが、明るい気持ちになれました(^^)冬は毎日鍋ですね!ハードル下げて頑張らないことにします。
この記事はサイコー!
新しい光、見えました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。