見出し画像

アザーサイドの建築学、そして龍たち

帰りは座れなかったけど、それがよかった。偶然立った、反対側。
いつも走行する電車の反対側を、あまり見ていなかったのだ。じっくり見ていた。それはめくるめくようなものだった。


ああ、このあたりはずっと遠くまで見える。つまりは平坦な土地。住みやすい。建物がつくりやすい。
ここは勾配がある。「溝」や「口」などという土地の名は、水がそこでくぼんで流れ、土地が低くなっていることのあらわれだ。坂。入口。出口。負担がかかる所だから、人は住みづらい。地価は低いだろう。


いつから建っているのか分からないアパートの壁に、野生のアイビーが自由に模様を作って伸び、覆っている。最後の昼顔が、フェンスで笑っている。私は笑う。昼顔だいすき。
神社さま、このへんない?
「ああそれならね・・・・・」
古い雅な石のものが連なって見えた。あそこにいらっしゃるわ。きれいな川が、流れている。


よどみ、痛んでいる川があった。
人間のせいだ。ひとえに。
私も痛む。なんにもできないけど、ごめんなさい。気をつけて暮らします。
でも、私の住むあたりの、子ども時分に遊んでもらった汚れきっていた愛してやまない川は、驚くほどきれいになりました。今は鮎もいます。人が頑張ったのです、何年もかけて。
鳥も蛇も多くいます。河原の草たちも清潔です。
いつかきっと。
けがされたちいさな川は、なんにも言わない。私のこころの眼を、じっと見ていた。あの、眼・・・・・澄んでいる眼・・・・・


カラオケバンバンがある。たまにヒトカラに行くチェーン。よし今度はBIGBANGの韓国語にチャレンジだ。
居酒屋。クリニックばかり入ってる駅前のビル。そうみんな病気。赤い看板の大きなラーメン店。
あれ?あの会社名、知ってる。職場のそばにいつも停まってる車のボディに書いてあった・・・ああ、不動産と経営コンサルタント。ここに会社があったんだ。
マンション、マンション・・・・・あんな山の上にまで?かつてあった梨畑たちは、もう数えるほどしかない。人間は梨を食べ、梨畑や山まで食べてしまった。


建物。みな、けっこうばらばらに建っている。南向き、なんて、そう、難しい物件。
人間が街や道を作り、それに沿っていっぱい建ててしまったから。人間は多すぎるから。
私がいた世田谷の古い公営団地も、方位磁石で見ると実際には微妙に南向きではなかった。


あの建物。吹き抜けがある。無駄なように見えても、あれは無駄ではない。光と風が入れば、そこにいる人たちはいい気持ちだし、建物もいい気持ちだ。風水。
わあ、大きな学校!スーパーも。汚れるだろうな。あそこを掃除するのは骨だな。多くの人手と機械がいるだろう。
人が住み、流れ来てはゆくための場所。21世紀。20世紀のまま、徐々に脱皮してゆく世界の、建物たち。
なに?あの森の中の公園!自然っぽくて、自然木の遊具が見えた。あそこで遊びたい!そしたらお仕事の疲れなんか、ふっ飛ぶんじゃないかな?私はぶらんこが大好きだから。いまだに乗るし。ただし、気づかって夜中一人で(こわいってあんた)。


ふと、大きな塔が連なって立っているのに気づいた。30分の電車の道のりの間に、いくつかその連なりはある。
それは一塔一塔気高く、美しい。
送電線をつなぐ、塔たちだ。誇り高く見えた。
「護る」
と言っているのがきこえた。
「誰を?」
塔はただ答えた。
「龍」


龍?
よく見ると、塔ひとつひとつに、それが巻き付いているような気がする。「気」のようななにかが。


そういう「視力」を持つある女性が、スカイツリーに登った時のこと。
スカイツリーそのものにぐるっと巻き付いている巨大な青龍に、彼女は話しかけられた。
「おまえは我が見えるのか。我は海のものだ。ここを守護する。見知り置くように」
彼女は答えた。
「わかりました。あちらにも、赤い高い塔がございます。あちらの方は?」
彼女が見ると、そこから見える東京タワーには赤い巨龍が巻き付いている。
青龍は答えた。
「あの方は、我より古い方だ。あちらを守護されている。敬うように」


私にはそんなスゲエのはないが、見える塔たちにはなにかが巻き付いている。白い気の長いもの。おおきなもの。かれらは、龍を護ると。
私は思い当たった。
送電線。電気の流れ。
火の流れ。
火を吐く長い巨龍。


線路は、おおきな川に沿ったり越えたりしながら、走っている。
沢山の人々が住んでいる・・・・・そう。
人類は古来から、水のそばに住んできた。水の恵みのために。
水の神さまは優しいから、近くにひとを住まわせてあげる。
そして龍神さまたちはそばを通り、みなに光と熱を運んできてくれる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

まずはあなたに最大の感謝と敬意を。書くのが大好きなだけだから、自由に楽しんでくださればいいです。いつか飲みに行けたら、いいですね(^_-)-☆

スイートね♡お礼に、何が欲しい?
5
恋、書くこと、音楽三昧の新米清掃業パート。のんきに優雅にげんきよく。そして、今日を大事に無事に笑顔だよ!

コメント2件

風水のようなトリック無しに日本人はもっとダイレクトかつふわっと流れをとらえていたんですよ(´(ェ)`)
龍より蛇が神話に出るのもそう(´(ェ)`)空じゃなくて地面を這う川が重要だったから···とわたしは思っております
どちらも大事、何もかも。空も海も川も草木もあらゆる生きものも。
私はただの感応者に過ぎないし、普通に考えたら頭がおかしい。
風水は「人が住む便利」に過ぎませんが、本当はもっと巨きいものだと思う。
建物にも意志、意思はあります。無機物、とされるものたちと、私は日々語らい、かれらを好きです。

みな、話している。
話しかけられれば、私は話します。それだけ。

みな、とても優しい。純粋で、素直です。
それだけ。
風水。哲学。宗教。
それは「人」の役にしか立たない。石の下の団子虫には役に立たない。
マイアングが言ってましたよ、こないだの夢の中で。優しく、悲しそうに。

「人類は、ばかだよ」。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。