見出し画像

とある恋のレシピ

朝昼ろくに食べずさすがにおなかがすいて、階下に下りてカップヌードルをすすっていると、母親が視ているテレビ番組に目が留まった。
なんだか、いやな奴にイイコト言って、そいつも周囲も「スッキリ!」という経験談を紹介するバラエティのようだ。
なかなかいいなあ、なんて、口から麺を垂らしながら視ていた。


すると、特別企画みたいのになった。
ある大学生の女の子が、友達の同級生の男の子に、「期間限定の彼氏になってくれない?」と頼む、という物語だ。


女の子は若いながらの行き詰まりで、特に年頃なのに彼氏が出来たためしがなく、このまま結婚もできず家族もできず生きて死ぬのか、という漠然とした不安を抱いていた。
そして、仲のいい男友達に、それをなんとなく打ち明ける。
そして、ふと言う。


「ねえ、3カ月だけ、私の仮の彼氏になってみてくれないかな?体験してみたいの、そういうの」


男の子は、戸惑いながらも、「いいよ」と言う。
かくして、二人の仮の恋人付き合いが始まった。


友達だから、手をつなぐのも照れちゃう。そういうのって、ドキドキよね。
でも、「彼氏彼女」という設定が、だんだん二人を近づけていく。


彼が、ある時学校を休む。ラインもつながらない。
彼は、大好きだったおじいちゃんが亡くなって、とても落ち込んでしまったのだ。
それを知らない彼女は心配のあまり、差し入れを買って彼の家に行く。
彼は憔悴していて、だからこそ、ためらいがちに思いやりを持ってきた彼女に心動かされる。二人の心は、本当に通じ始める。この相手が大事なひと、という感覚に。


恋人期間はその時、残り2週間だった。彼女は言う。
「元気出しなよ。・・・あと2週間だけど、・・・・・よろしくね!」
彼は、言う。
「もっと、延ばさない?」


かくして二人は、結婚した。


いい話だなあ。


気になるあの子。友達のあの子。でも、その小さな願いを聞き入れてみた時、それは始まるのかもしれない。
そして生まれる、そのひとが特別な、大切なひと、という感じ。
それが、運命を変えるかも知れない。
結婚まで行かなくたって別れてしまったって、誰かを大切に思えるという経験は、人生で最も得難い体験ではないだろうか。


恋をしたい?
大切な誰かを得て、愛し愛されたい?


あなたの身近なひとに、訊いてみたらいかがでしょう。


「期間限定で、つきあってみない?」


期間限定って、燃えるのよねー。私も経験ある。
おためしあれ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

まずはあなたに最大の感謝と敬意を。書くのが大好きなだけだから、自由に楽しんでくださればいいです。いつか飲みに行けたら、いいですね(^_-)-☆

スイートね♡お礼に、何が欲しい?
12
恋、書くこと、音楽三昧の新米清掃業パート。のんきに優雅にげんきよく。そして、今日を大事に無事に笑顔だよ!

コメント2件

相手がおらんから縁がないァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
それならガーッて音を出せばいい。
独りで籠もって練習ばっかりしてた10代を思い出せばむしろボッチは通常運転
いや…私もぼっちですよー
だって恋人とは長期会えないし毎晩モゾモゾしてばかりな中年です。もー結婚はしないしね。懲りたよ嫁は。そーねひとりって快適。でも、恋はしてないと死ぬ体質なのよね鬼エロだから。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。