すぎ

倫理観を持ちたい大学生。法学部。趣味は登山。不定期投稿で、内容は特に定めていない。

すぎ

倫理観を持ちたい大学生。法学部。趣味は登山。不定期投稿で、内容は特に定めていない。

    マガジン

    最近の記事

    南アルプス全山縦走

    計画発案ッ! 私はワンゲル部に所属している。ワンゲルといえば縦走!なのだが、クソコ〇ナのせいで散々部活動を制限され、3年の今になるまで満足のいく縦走登山を行えずにいた。そうこう言っているうちに10月の引退がチラついてきた夏前、最後の夏休みにデカいことをやりたいという思いを持ちながら過ごしていたところ、同期の男3人で南アルプスの全山縦走(それも光岳から北沢峠で終わらず、鳳凰三山までシッカリ登って夜叉神に下る"ガチ"の全山縦走ルートで)をやろうという話になった。チマチマと日帰り

      • AIと人間との関係性

        AIと人間との関係について、数年前にまとめた文章を発見した。専門家の方からしたら稚拙なものだろうが、一応紹介する。暇な方だけに読むことをオススメする。 1,はじめに  近年、医療や交通等の多岐にわたるサービスにおいて、人工知能、いわゆるAIがその活躍の場を広げている。具体例を挙げると、医療界においては様々な症例や患者の情報をビッグデータとしてAIに学習させ、自動で病名診断を行う技術が開発されている。交通においては、交通規則や走り方のパターンをAIに学習させる自動運転技術が代

        • 詐欺罪における財産上の損害

          □詐欺罪における財産上の損害 日本の刑法典においては、欺罔者の欺罔行為の結果として、交付者に「財産上の損害」が生じる必要があることまでは明示されていない。 →財産上の損害をどのように定義付けるかについて、学説上争いがある。    被害者の全体財産の経済的減少を要求する立場(全体財産減少説・林など)も主張されていたが、そもそも詐欺罪は財物・利益という個別財産の移転を本質とする犯罪であり、全体財産に対する罪である背任罪とは区別されるべきであるとの批判がなされた。加えて、相当な対価

          • 日本学術会議任命拒否問題について

            タイトルにあるこの問題について、皆さんは覚えているだろうか。2020年9月、当時の菅義偉内閣総理大臣が、日本学術会議が推薦した会員候補のうち一部を任命しなかった問題である。本を読んでいてふと思い出したので、今回はこの「日本学術会議任命拒否問題」について私見を綴ろうと思う。 論点は主に以下の2つである。 ・日本学術会議の推薦に内閣が人事権を行使することが、権利濫用にあたるか否か ・上記の行為が、学問の自由を不当に制限するものであるか否か 一つ目の論点については、本件内閣総理

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 山行記録
            すぎ
          • 専門
            すぎ
          • 私見
            すぎ
          • 日記
            すぎ

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            2022.10.25

            久方ぶりの投稿。今日は気が向いたので、近況を述べていこうと思う。 まず最近わかったことは、周囲の大学生には大体彼氏か彼女がいて、独り身は少数派らしいこと。(データがあるわけではない。あくまで私の周囲の話) まぁ結構キラキラしたイメージのある大学に通っているので、頷ける。 お前はどうなんだといわれれば、当然独り身な訳だが、学科に1人、男の親友がいる。1年生の時に知り合い、この上なく価値観が一致していて、大学にいる時は大抵一緒にいる。授業も被ってたら一緒に受ける。彼には彼女が

            故郷は遠きにありて(2022.07.26)

            今日、期末試験を一つこなした。おそらく単位はとれたと思う。残すところ、レポート3本、試験2本である。 今週末は部活の実地講習がある。ワンゲルで必要となるロープワーク(トラバース、懸垂下降など)、ダブルザック、緊急搬送を実践する。当日は、経験豊富なOBが親切にも講師として来てくださる。しかし、講習の計画の諸々については、OBと頻繁に連絡をとっている自分が担当しているので、このクソ忙しい試験期間中に色々な事務をせざるを得ないのである。計画書作成、メンバー分担、スケジュール作成、

            ジェンダー論

            はじめに 久方ぶりの投稿になる。今回から何回かに分けて、最近何かと話題になるリベラルシンキングに関わるいくつかの論点について観察し、「私見」を検討することとする。期末前で時間が無い時に限ってこういう生産性のないことを始めるのは私の悪い癖だ。 リベラルは、保守の対義語である。この二項対立を軸にして語られる社会問題は多々あるが、今回は記念すべき第1回目として「ジェンダー問題」をとりあげる。 なお、以下の文章はあくまで私見なので、全てが正しいとは思っていない。そもそもこの問題

            被害者を利用した間接正犯

            □間接正犯とは 直接行為者を道具のように利用して犯罪を実現した際に、単独正犯として処罰する。  (利用者) ⇒ (被利用者) ⇒  危険      利用行為    実行行為  ※第三者を利用する場合と、被害者を利用する場合が存在する。 □判例の検討ー実際にあった事件を見る ・・・最決平成16年1月20日刑集58巻1号1頁、百選73事件 ○事実概要 (ア)ホストクラブのホストであった被告人Xは、・・・被害者Yに対して激しい暴行・脅迫を加えて強い恐怖心を抱かせ・・・被

            18歳の自分語り

            久しぶりの投稿になる。山には行っているのだが、バタバタしていてなかなか投稿できていない。書き進めてはいるので、いつか投稿する。 さて、今回は「黒歴史」と呼ぼうか、或いは特級呪物と呼ぶべきか。18歳(高3)時点で自分語りをしているワードファイルを発掘したので、供養したいと思う。HDに眠らせたままにしておくと何らかのウイルスに感染しそうなので。。 読んでみた感想としては「暇なこと考えてるな」「ネガティブな奴やなコイツ。。」「捻くれた人間性の出発点やな」などといった感じでロクなも

            2022.2.19-20 八ヶ岳・東天狗岳

            先週末の山行記録。 2/5-6から延期していた八ヶ岳雪山入門を遂に実施した。ワンゲル部の50期上の大大大先輩(Fさん)に連れて行ってもらい、強風、低温の八ヶ岳厳冬期の2500m級の山行経験を積むことが、今回の目標であった。 【1日目】 4:30に起床、荷物(計量したところ25kgあった)を持って鈍行で茅野駅へ向かう。途中甲斐駒ヶ岳が綺麗に見え、期待が高まる。 9:23茅野駅着。メンバー4名とOBのFさんと合流し、ジャンボタクシーで渋ノ湯登山口(渋御殿湯)へ向かう。この時期

            2022.2.5 三頭山

            先週末行った山の登山記録。 マンボウが出てしまったので、2/5-6で予定していた雪山を延期し、都内の山に登ろうということになった。 さて、どこに登るかだが、、 期末期間中は、ロクな成績も取らないくせに勉強という名目でずっと椅子に座っており、結局1ヶ月以上山のブランクが空いてしまっていた。おかげで体が鈍りに鈍っている。 …これは奥多摩でトレーニングするしかないということになった。 奥多摩といっても沢山の山がある。中でも奥多摩三山(川苔山、高水三山、三頭山)が比較的メジャーと

            2022.2.2

            日付を書いていて思ったが、2が多い。夫婦の日だっけか。そんなことはどうでもいい。最後のレポートの提出期限が明日いっぱいまでなのをいい事に今日も時間を持て余しているので、日記を書こうと思う。 まず、起きたら10時であった。遅いは遅いのだが、今日はそんなに焦ることもない。山行計画書は昨日作成して共有したし、今日やることといえば、雪山用ハードシェルを買うことくらいであった。ちなみに山行計画書だが、一昨日にグループで「明日中には共有します!」と豪語したクセに昨日になっても夜までロク

            2022.1.31

            今日は、というか今日もと言うべきか。起きたら11時を回っていた。レポート1本と、山行計画書1本を書き上げなければなない、おまけに夜から部のミーティングを予定している1日としては遅すぎるスタートだった。 とりあえず、今週末山で使う共同装備の点検をしなければならないので、学校へ向かう。学校に着くと真っ直ぐに部室へ向かう。部室は私のアナザースカイだ。コンセントもあればベッドもあり、あらゆる山関連の本も揃っている。かと思えば法学部の過去問まで置いてある。おまけに散らかっているので誰

            2022.1.29

            これで、ほぼ連続投稿になる。そもそも日記というのは毎日つけるもんじゃねえの?との声が飛んできそうだが、そんなもんでも無いだろう。ということで、テキトーに思ったことを呟いてみる。 一昨日は試験疲れとマンボウによる部活の企画倒れが重なり、なんとも暗く沈んでいた訳であるが、これから来る春休みをこんな気持ちで迎えたくないと考え直し(実はまだレポートやオンライン試験が残っている)、昨日は休暇中の計画を色々考えていた。 まず、2/5-6に予定していた八ヶ岳・東天狗西天狗(公式山行・雪

            2022.1.27

            昨日、やっと対面での試験期間が終了した。F率6割と言われる憲法や、F率4割弱を毎年叩き出す刑法各論etc.....を乗り切り、疲れきって1日休んでいたわけだが、まだ全て終わった訳では無い。あと1科目法律科目(労働法)のオンラインテスト+レポートをやってから、春休み突入である。 まぁ日記と言えるほどでは無いが、色々思っていることを書きたい。 ①試験について②春休み中の活動について ①まずは試験について。私は来年度から刑法ゼミに所属するので、刑法には力を入れて勉強していた。授

            2021.8.28-31 木曽駒~空木岳縦走

            この記事の内容は、昨年8月の山行記録である。見出しの通り山行記録だけ書くつもりが、部活に入る時点から山行に至る道筋までの自分語りを始めてしまい、かなり長文になってしまった。これぞ隙自語と言いたいところだが、noteなどというものには隙しかないので、好きなだけ語らせていただいた。5000字近くあるので、暇で暇で仕方ないという方だけ読んでいただければと思う。 一年半の空白 2020年春、私は「大学では法律と山をやる」と決めて入学した。恋愛やその他の遊びには一切興味がなかった。