そんとくさんとあっけらかん

17
記事

そんとくさんとあっけらかん(損得さんと呆気羅漢)Pt.17

解ったような 解らないような・・・

羅漢ちゃんはごろりと縁側に寝ころびました。

羅漢ちゃんは天の川をどんぶらこどんぶらこと
笹舟を漕いで渉っていました

幾つもの星の船着場には
星屑の光の石を釣り上げている船着場
お茶会のテーブルに集まる船着場もあり、
ダンスの広がる原っぱに続く処もありました。

どんぶらこ どんぶらこと
笹舟を漕いで行く その遥か向こうには
ぼんやり白金の光が揺れています。

もっとみる
えん・円・縁 ♡感謝
33

そんとくさんとあっけらかん(損得さんと呆気羅漢)Pt.16

「お茶が入りましたよ」
弁天さんが、ほこほこ湯気のお茶とお菓子を持って来ました。
大黒さんと羅漢ちゃんは 縁側で本を読んでいました。
暖かな ぼんわりとしたお昼下がりでした。

「ねーお父さん」
「お父さんの損な事って何」

大黒さんは空の遠くを向きました。
「したかった事をしなかった事かな~
 やってみたかったのに やってみなかったことかなあ」

「じゃあ 得したことって?」

「ありがたいって

もっとみる

そんとくさんとあっけらかん(損得さんと呆気羅漢)Pt.15

羅漢ちゃんには不思議なことでした。
「あの子塾いってんやてー」
「試験受けていいとこの学校いくんやて。今から準備しとかな損やて
お母さんが言うてた」って
「それからあの子はピアノやて」
「あの子は卓球やし、あっちは水泳や」
「今から始めて準備しとかな将来損する」て、お母さんが言うんやて。

そんとくさんはどこで聞いてくるのか、沢山の情報を知っています。
羅漢ちゃんもそんとくさんも、何のことか解らな

もっとみる
えん・円・縁 ♡感謝
33

そんとくさんとあっけらかん(損得さんと呆気羅漢)Pt.14

それから暫くして
その子は変身して姿を現しました。

フリフリのブラウスに 刺繍入りのソックスなんか履いて
スカートは決まっていたので同じだったけど 髪にリボンなんかして、
アップリケ入りの手提げに カバンも新品でした。

早速放送局のメンバーが パラパラと集まって来て
あれやこれやと集めた情報によると

お父さんお母さんが仕事に失敗してしまい
新しい事業を起こすために海外に出かけていて、
その間

もっとみる
ありがとうございます ♡
33

そんとくさんとあっけらかん(損得さんと呆気羅漢)Pt.13

{続き}

くすっと笑うお母さんもいました。
”呆れた~”と云った顔を見合わせるお母さんも、
嬉しそうな顔をする人も、
教室を出るとき「私もですよー」と声掛けていく人もいました。

そんとくさんは 校門を出ると、
振り返り振り返り 得江さんの前を歩いて行きます。

「お母さん 恥ずかしい?」そんとくさんは聞いてみました。
「ううん~ちーっとも」 得江さんはニッコリしました。
(よかった)そんとくさ

もっとみる
ありがとう
33

そんとくさんとあっけらかん(損得さんと呆気羅漢)Pt.12

「私のお母さん」
「家は八百屋です」 

誰かが ふっと笑いました。

「お父さんは朝早くから野菜の仕入れに出掛けます。
 お母さんも5時過ぎにはおきて、朝ごはんの用意を始めます。
 その時店の前のシャッターを2つ分だけ開けて起きます。
 ”ねぎ買うの忘れとったー。とか 味噌たりんかったー。とか言う人が
 走って買いに来るからです。
 そんな人が来ると、作るのも止めて急いでお店に出て行きます。
 

もっとみる
えん・円・縁 ♡感謝
32

そんとくさんとあっけらかん(損得さんと呆気羅漢)Pt.11

今日は緊張しています。
クラス全部がふわふわと膨らんでいます。
さっきから窓の外が気になって
(もう 来たかな もう 外に居るかな) と 落ち着きません。

廊下には次々と お母さん達が集まり立ち話を始めています。
こんな時
「ま~お宅のお子さんは・・・」 か
「ま~お宅のご主人は・・・」 から始まる情報確認で
これからお付き合いしていける
損か得かの値踏みの場となる お母さんも居たりするのです。

もっとみる
嬉しい!!です
31

そんとくさんとあっけらかん(損得さんと呆気羅漢)Pt.10

羅漢ちゃんは図鑑や伝記を見るのが好きです。
(へ~こんなんもあるんや… あんなんもあるんや)
(この人カッコええな)とか思いながら
ぱらぱらといろんな色や形を見るのが好きです。
だから毎週、そんとくさんが漫画買いに行く時、
一緒に本屋さん探索に行きます。

入り口で二手に分かれ、探索するコーナーは違うのですが、
二人とも新刊図書や話題の作品については
かなりの情報を持っています。

そしてそんとく

もっとみる
ありがとう
30

そんとくさんとあっけらかん(損得さんと呆気羅漢)Pt.9

らかんちゃんは朝起きるのが苦手です。
仕方なく起こされると起きるのですが、中々エンジンがかかりません。
ラジオを聞きながら 刻々と過ぎて行く”今何時”のお知らせに聞き耳たてながらご飯を食べます。
(もう時間ない。そんとくさんが来る) 急にご飯に味噌汁をかけ、かき込んで、歯を磨きます。
それから大急ぎで駆け足で学校まで息きらして行くのです。

門のとこには門番が立っていて、時間が来ると門を閉めてしま

もっとみる
ありがとうございます ♡
31

そんとくさんとあっけらかん(損得さんと呆気羅漢)Pt.8

そんとくさんと羅漢ちゃんは、毎日一緒に遊ぼうというほどの仲良しでしたが、
そんとくさんはお店の忙しくなる時間、お手伝いをします。
「誰か雇って手伝ってもらったらいいやん」とそんとくさんは訴えるのですが、
お父さんの損哉さんは「そんな勿体無い」と言うし、
お母さんの得江さんも「家族で商いするのが一番得や」と言って聞いてくれません。
だから、「そんとく! 手伝ってや」と声がかかると渋々とお店に出て行く

もっとみる
今、この時、この瞬間
31