見出し画像

Flower In Anger それゆえに美しく

新しいアルバムのリリースからひと月以上経ちました。

Wild Flowersたくさんの反響を頂いていて、本当にありがたい限りです。
10月からはFM長野で新番組もスタートし、リリースのプロモーションと合わさって、なかなかに忙しいリリース月となりました。ラジオ好きな方はFM長野の月〜木・夕方4時から生放送のMAGIC HOUR 是非とも聞いてください!

さて、ゆっくりな更新になってしまったけれど、アルバムから楽曲紹介の続き。
今日はFlower In Angerという曲。MVも作って、アルバムからのリードナンバーの1曲になりました。10月にはFM長野でもパワープレイに選んで頂いたので、ラジオで聴いた方も多いかもしれません。

「怒りに咲く花」と訳せるタイトルの通り、私には珍しく力強い曲になりました。
歌詞はこちら。

FLOWER IN ANGER

You said “Girl your love is holding me back back back
and I will never be free when you are around me”
And I said “Boy you really make me low Oh Oh
You think you are the greatest but the truth is you are not"

A flower in anger I water it ever since A flower in anger I water it ever since you are gone...

Let it grow Let it grow
Am I heavy for you or you are just too weak to carry on?
Let it grow Let it grow
In my little secret garden You’re not safe at all

Love is blind I though we’re gonna settle down down down
I see love crashed on the ground and broken in little pieces
Love is a battle Nothing makes me better better
Tell me how you feel when you kissed another girl

Was it sweet? Or was it good? What’s wrong with me? Why should I cry?

A flower in anger I water it ever since A flower in anger I water it ever since
A flower in anger I water it ever since A flower in anger I water it ever since You are gone...

Let it grow Let it grow
Am I heavy for you or you are just too weak to carry on?
Let it grow Let it grow
In my little secret garden You’re not safe at all
Let it grow Let it grow... You’re not safe at all


あなたは言った「君の愛が僕の足を引っ張っていて 一緒だと自由になれない」
私は言った「本当にがっかりだわ あなたは自分がすごいと思っているけど
実際そうでもないのよ」

怒りに 一輪の花 ずっと水をあげてる
怒りに 一輪の花 ずっと水をあげてる あなたが去ってからずっと

育てましょう 育てましょう
私が重い? あなたが弱くて耐えられないだけでしょ
育てましょう 育てましょう 
私の秘密の庭にあなたの安全な居場所はない

愛は盲目 私たち結ばれると思ってた
今や愛は地に落ちて粉々になっている
愛は戦い 何をしても気分が上がらない
他の子とキスしたときどんな気持ちだったの 教えて

甘かった? よかった? どうしちゃったんだろう
なんで私が泣かないといけないの

怒りに 一輪の花 水をあげてる 怒りに 一輪の花 水をあげてる
怒りに 一輪の花 水をあげてる 怒りに 一輪の花 水をあげてる
あなたが去ってからずっと

育てましょう 育てましょう
私が重い? あなたが弱いくて耐えられないだけでしょ
育てましょう 育てましょう
私の秘密の庭に あなたの安全な居場所はない
育てましょう 育てましょう... あなたの安全な居場所はない

________________________________________________________________________

なんと言うか、今までになく激しい言葉たちでしょ?
元々私は怒ることが大の苦手で、嫌なことがあっても大抵笑ってやり過ごしてしまう。我慢してしまう分、その後で一人傷ついたり、自己嫌悪に陥ることも多かったのですが、ある時とても理不尽な出来事があって、もやもやしていた時に、

「あれ、もしかして私、今怒ってるんじゃないか?」

とふと気づくことがありました。喜怒哀楽の一つの柱である大切な感情なのに、この歳になるまで見過ごして、隠して、認めずに生きてきたのだなと、なんだか雷に打たれるような思いでした。考えてみれば怒りという感情は、喜びや悲しみと違って他人と分け合うのに向いていない、むしろほとんど不可能に近い、とてもパーソナルな感情。だからそれゆえに美しいのだと私は思います。
曲の中ではわかりやすく恋愛のいざこざに落とし込んだけれど、いろんな場面で怒りの花に水をあげることは誰にでもあるでしょう。できればその花はそっと、自分の秘密の庭で大切に育てて欲しい。それが自分に向き合う一つの方法だったりするかもしれないから。

レコーディングはドラマーの神谷洵平くん宅のプライベートスタジオにて、何曲かのベーシックはこうしてミュージシャン仲間と相談しながら作り上げました。この曲、最初のデモはEd SheeranのShape of Youみたいなリズムだったのだけれど、神谷くんが「こんな感じはどう?」と叩いてくれたビートがかっこよすぎたのでアレンジを途中変更。ジャズっぽいと言われることもあるけど、むしろアフロビートの自由さがあると思っています。それをしっかり支えながら暴れてくれるRayさんのベースと、遊び心のあるしゃおりんこと柏佐織里さんのピアノが曲を盛り立ててくれる。私は不器用なくらいまっすぐにアコギをかき鳴らし、楽器がそれぞれに怒りを表現しているような個性的なアレンジになりました。
そして個性的すぎてミックスの正解を掴むのに相当時間がかかり、最終的にはStudio Tanta のエンジニア、佐々木優さんに美しくまとめてもらいました。遠隔作業ということもあって、10回近くやり直したと思う。細かい注文にお付き合い頂いて、感謝しかないです。どうもありがとう!

この曲は制作の途中で思いがけず強い曲になったので、リード曲としてMVを撮影しました。本当はバンドでの演奏風景を撮影したかったのだけれど、コロナ禍の影響で最小限のスタッフで、屋外での撮影に変更。監督は奥田侑史さん。普段はInstagramで可愛い犬の動画を送り合うようなほのぼのとした友人関係でもある。

撮影は松本市の公園で、日が暮れてから行われた。公共の施設だったので、松本市のフィルムコミッションに撮影許可など申請のお手伝いをお願いしました。
https://matsumoto-film.jp
素晴らしいロケーションの多い松本市、こういう組織がしっかりしているのもありがたい。

画像1

こんな感じで、暗いスタジオに見える風景も実は公園の駐車場でした。
そして、映像の中で印象的に使われているお花はもちろんLANDのセレクト。

画像2

LANDのアコちゃんは今作ビジュアルのきっかけになった人物なので、こうして共演できて嬉しかった!アートワークのお話はこちらから。

イメージもぴったりな美しいお花たち。
映像の中で、落としたり燃やしたりしてごめんなさい...と思いつつ、とても効果的に怒りの花を表現できたと思います。

こんな風に怒りの感情に向き合うことで、新しい自分に出会えたような気がする。
あなたの花はどうですか?美しく咲いていますか?

Flower In Anger Credit
Written and Composed by sugar me
Drums by Jumpei Kamiya
Bass by Ray Kondo
Piano and Organs by Saori Kashiwa
Acoustic Guitar and Vocals by sugar me
Mixed by Yu Sasaki
Mastered by Hiroaki Sato (molmol) / Mastered at EELOW

Flower In Anger Official Music Video Credit
Director:Yuji Okuda
Assistant Director:Yuyon
Flower Styling : Ako Kawamura (LAND)
Styling : Yuji Jinno
Costume : Bernet
ロケ地/松本市梓川ふるさと公園
協力/松本市、松本観光コンベンション協会


sugar me

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
どうもありがとう!
27
シンガーソングライター 、sugar meこと寺岡歩美。(http://www.sugar-me.com)2019年春、信州松本に移住。音楽のこと、街のこと、暮らしのこと、日々の徒然をゆるりと。

こちらでもピックアップされています

Wild Flowers
Wild Flowers
  • 3本

sugar meの最新アルバム "Wild Flowers" 音楽制作の裏話についてまとめたマガジン。

コメント (1)
勝手ながら各種SNSでフォローさせて頂いた者です。
昨日、大学の書店でこの曲を聴いて心を奪われ、調べて聴いてみたら、寺岡さんに行き着きました。
寺岡さんの他のアルバムや曲も全て聴かせて頂きました。

良くも悪くも、怒りという感情は今の世の中では一番抑える事を求められ、自己管理する事を強く要求されますが、誰かを傷つける事なく、かといって無かったことにするわけでもなく、ありのままに受け止めるというこの曲の意味に深く感銘を受けました。
僕はジャンル問わず色々聴くのですが、特に寺岡さんの曲の様な曲調がとても好きで、他にも『Black Sheep』や『Independent』も凄く刺さりました。

長くなり、すみません。本当に素敵な曲をありがとうございます。
応援しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。