見出し画像

家にいればいるほど世界が広がる話

屋外に出なくなった今日このごろ、通常の業務がなくなり週の休みが2日に増え、普通の働き方と同じサイクルになりました。
出勤時間はズレていますが、それでも 1日8時間のみand週休2日 というのは
これからも含め自分の人生の中で貴重な経験となることでしょう。

『家にいる』ということは私にとってなんの苦でもありません。
すっごくインドア派なのです。
「出来ることならずっと家にいていたい。」いつもそう考えていました。
喜ぶことではないですが、家にいる時間が多くとれるようになりました。

さて、久々の連休だ、仕事のことはいったん置いておいて、好きなことをしよう。

小説や新書や映画、なんてものより断然ゲームが大好きなので、何時間も何時間もゲームができました。もう大満足です。

ゲームはいい。自分の知らない世界に連れていってくれる。だから大好きです。仮想世界への没入感が得られるモノは大好きです。なので小説も映画も好きなのですが、自分で操作できるという点において突出していますね。

仮想世界で気ままに生活する準備をしようと思い、
緊急事態宣言が発令される結構前に、switchのあつ森を購入したのですが
遠距離中の彼女に貸してすぐ外出自粛となったので、あつ森がプレイできずにいました。

なんとしてでも仮想世界で気ままに暮らしたい。

そこでPS4のアーカイブを探していると、ありました。ソニー版のどうぶつの森が。

そう、『NO MAN'S SKY』です。

画像1

発売された当初プレイして、その頃の自分には合わなくて積みゲー化してましたが、久々にやってみるとまぁまるでどうぶつの森って感じでハマりました。

資材を集め、お金にしたり物を作ったり家を建てたり、
乗り物を作ったり地形を変えたり、いろんな動物と仲良くしたり、、、

完全にどう森だなーと思いながら今は毎日楽しくやっています。

冗談はさておき、当時なぜ購入したのかというと、ひとつの文言に惹かれたからです。
このゲームはたくさんの惑星を行き来しながら、どう森みたいにのほほんと暮らすゲームなんですが←
その星の数が尋常じゃない。なんと「1800京を超える惑星がある」とのこと。

まぁ胸が踊る数だこと。数字の単位で京なんて久々に聞きますね。なんでも自動生成されていくのでこんな数になるとかなんとか…
何年探検しても終わらないゲームです。プレイすればするほど、知らない惑星にいくことができる。涎が出そうです。

自分はまだそのうちの5個くらいしか行けてないですが、最終的には銀河の中心やブラックホールなんかもいけるそうなので、ロマンの塊です。気になる方は是非やってみてください。


ってゲームの紹介をしたかったわけではないのですが、ガッツリおすすめ記事になってしまいましたorz
タイトルのような素敵記事にしたかったのですが結局はゲームの話でした。


家に籠もっていても、楽しみ方は沢山ありますね。
SNSなんかをみていても、多くの人の素晴らしいアイデアたちに驚かされています。どこか海外で、こっちのマンションの屋上と向かいのマンションの屋上を使ってテニスをする なんて動画をみたときは
ぶっとんでるな〜と思いました笑

アマプラやネトフリで映画を見飽きた!という方も多いのではないでしょうか。今のゲームは自分で操作する映画みたいなやつが多いので、ちょっとやってみてはどうでしょう。案外ハマっちゃうかもしれませんよ!
これを期にゲーム好きの大人が増えるといいなー。←




この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

フォローもよろしくお願いします♪
19
京都 祇園「料理旅館 花楽」修行中3代目 / 旅館経営勉強中 / 元フロントエンドエンジニア。  好物は、webデザイン・イラスト・モーショングラフィックス等。

この記事が入っているマガジン

ふりぃとぉく
ふりぃとぉく
  • 1本

なんでもないような話はここにしまいます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。