sato

生きるぞ!という意気込みと生活のことを書いています。写真と創作のこともポツポツと。