見出し画像

子供と学べるオンライン料理教室

宇宙一外食産業が好きな須田です。

ひょんなことから、YouTubeで子供と学べるオンライン料理教室をやろうかということになりました。

1回目の放送で、ヒントを頂いたことがきっかけで、子供と一緒に料理するって面白いね、今こんな状況だからお母さんも子供と一緒に料理するのは良いかもね、と、スタッフと話し合って決めました。

私は以前から頻繁に友人のご夫婦を自宅に招いてご飯会を開いております。
大体6人前の料理を作りますが、その友人の一人にシナリオ作家の方がいて、
「須田さん料理教室やればいいのに!
昔、テレビでやっていた世界の料理ショーみたいな感じで!」と、言ってくれていましたが、まさか本当に料理教室をやるとは思っておりませんでした。

さて、この親子料理教室ですが、実際に料理教室を開催するにあたり、ネットで色々と調べてみました。

そこから得た情報を元に、今後の運営の方向性を考えました。

私は自分の子供たちに、小さいころから料理を教えていました。
子供専用のマイ包丁も持たせていました。
特に、長男は中学生くらいの時には、既に一通りの料理は出来るようになっておりました。

大学入学と同時にデパ地下に出店している、大手の惣菜屋さんの厨房でアルバイトを始めましたが、正社員にならないかとすぐに声がかかったほどです。

私が行ったことは、料理の基本を教えること、楽しさを感じてもらうこと、チャレンジすることの大切さと、失敗は無いということを教えていました。

創造することの楽しさと、美味しいものを一緒に食べる楽しさを共有しておりました。

その自宅内料理教室みたいなことをやることで、妻にも料理の基礎を学んでもらうという一石二鳥のことをやっておりました。

その時に強く感じていたことですが、実は料理のことを今は親から教えてもらうことが非常に少なくなってきており、食べることは勿論しますが、作るということはほとんどおろそかになってきているように感じました。

テレビでも一般の方に料理を作ってもらう番組がありますが、あの番組を見ていると物凄い料理が出てきて驚きながら大笑いして見ていますが、料理をするということがどんどん少なくなってきている、親が料理を教えることが少なくなってきていると感じています。

そこで、私は、料理の基本と知識と美味しくなる理由と、美味しくない状態になってしまう、ダメな要素をお伝えして、失敗しない料理教室にしたいと思います。

子供も学べて、実はお母さんが一番学べる、お子さんもお母さんも一緒に料理をする楽しさを体験して、一緒に料理をして一緒に家族全員で楽しく食べられる、そんな料理教室にしたいなと思います。

何分、私も初めてのことです。
通常はプロの料理人の方々に料理のサポートをしていますが、相手はプロですから専門用語を使えば即座に反応してくれますが、親子料理教室ではそうはいきません。

そのことも注意しながら、プロが使っている美味しくなるテクニックと、時間がないお母さんのための時短テクニック満載の料理の作り方をお伝えしたいなと、そんな方向で進めます。

この時短テクニックは、実際に飲食店での仕込み作業でも導入するように、いつもお伝えしていることを公開します。
ですから、親子料理教室ですが、お伝えする内容は飲食店で働いている方にも活用できる内容となります。

取り入れられることばかりですので、どうぞ活用してください。

通常は業務として、契約して頂いたクライアントにお伝えしていることを、無料で公開するわけですが、飲食業界のプラスになるならば、細かいことはどうでもいいのでバンバンお伝えして行きます。

現在、準備を進めております。
準備が整い次第開催しますので、今しばらくお待ちくださいませ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10
年商1,000億円を超える大手外食チェーンから個人企業まで、約500件の繁盛店を作ってきた実績を持つ。 書籍「絶対にやってはいけない飲食店の法則25」(フォレスト出版)http://u0u1.net/cvlT
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。