【DNA歴史心理学】日本人は4タイプしかいない話 ー『意見』を言える人・言えない人 ー
見出し画像

【DNA歴史心理学】日本人は4タイプしかいない話 ー『意見』を言える人・言えない人 ー

泳汰(えいた):㈳DMR認定 DNAマエストロ

画像2

「自分は意見をしっかり言うほうだ」

というそこのあなた。
「良かれ」と思っているのは分かっております。
人を傷つけるつもりなんて毛頭ない、のも存じております。

でも、実は周りに大きなストレスをかけていたとしたら・・・?

今日は「『意見』言える人・言えない人」というテーマでお話させていただきます。

▶『意見』言える人=筆者

最初に申し上げた「自分の意見をしっかり言う」のは筆者自身のことです。
私は学校でも職場でも自分の意見は言うタイプです。

そんな私が「意見を言うこと」を意識しだしたのは中学ぐらいの時でした。
その当時読んだ何かのマンガの中に

「言ってダメならしょうがない。でも言わなきゃ伝わらないから」

みたいなセリフがあって、
私は「その通りだ!人間同士、言わなきゃ伝わらない」と思ったんです。

マンガの主人公はみな最初に「対話」をしますよね。
ワンピースでもナルトでも、まず敵と戦う前に語り合うじゃないですか。
でも互いに譲れないから「戦う」わけで。

画像3

実際私は意見が違っても「戦う」わけではないのですが、「思いを伝える」ことは”普通のこと”になっていったのです。


しかし実はこの「思いを伝える」ことが、周りにめちゃくちゃストレスをかけていたことに後々気付くのです💦

▶日本は‶「意見」言えないタイプ”大国

「意見」言えるタイプ派の人には衝撃だと思いますが、
学校でも、職場でも、夫婦関係でも、「意見を言えないタイプ」というのが、日本では大半を占めます。

どれぐらいの人がそうかというと・・・・

実にその割合は約70%!!!

なんと7割もの人がはっきりと自分の意見を言うことに対して抵抗感を持っているのがこの日本なのです。

画像1

思い出してみてください、学校の文化祭で何をやるか決める時、職場の会議で意見を出し合うとき、夫婦関係で次の旅行どこに行くのかを決める時…

スパッ!と意見を言う人、少なくありませんでしたか?

何となくクラスで立場やヒエラルキーの高い人がポロっと言ったことに対して、「〇〇さんが言ってるからそれがいいんじゃないか」みたいに物事決まってきませんでしたか?

なぜそうなって来たのかというと、大半(70%)の人にとっては、
「自分の意見を言う」ことなんかよりも大事なものがあるからです。

それは

『みんなが納得している雰囲気』

です。
もう少し詳しく言うと、

みんなが納得していそうな雰囲気があるなら、
それを壊さないことが何よりも大事♪
自分の意見?”みんなが良ければそれでいい”が私の意見

という人が日本においては70%を占めているんです。

画像4

このことを30歳を過ぎてから知った私はとにかく衝撃的でした。

「自分の意見」は一人一人絶対持っていると思って生きてきたからです。
最初は受け入れられない、というか全く理解できませんでした。

「みんながいいなら私はいいよ」

という人に対して、

「いや、あなた自身はどう思ってるんですか?」

と聞く、すると

「いや、みんながいいならいいんだ」

と返ってくる。
それでも私は納得せず、

「そうはいっても、あなたが行きたいところ、やりたいことあるでしょ?」

と聞くんですが、相手は

「うーん、まぁ強いて言うなら××だけど・・・」

と、極まりが悪そうにするんですけど、私は

「ほら!思ってることあるんじゃないか!」

と思うわけです。
しかし、後々他の人に聞くと

「あいつ空気読めないよね」

と言われていることを知るんです😭


▶DNA歴史心理学を学ぶ理由

今申し上げたように、

「みんなの納得している雰囲気が大事なタイプ」
が日本では7割を占めます。

「自分の意見を言うタイプ」は、日本においては3割以下しかいません。
少数派で、マイノリティで、理解されない場面が多い人生を歩んできています。

だから「雰囲気が大事タイプ」の方にお伝えしたいことがあります。

「意見を言うタイプ」は、”自分の意見を押し通したい”わけでも、”相手を言い負かしたい”わけでも、”場を乱したい”わけでもないんです。

ただ「1つのアイデア・意見として選択肢を増やすことで、みんながよりよい選択肢を選ぶことができる可能性を増やしたい」と思っています。
その発言をすることで「より良くなる」と思っていて、まさか「余計な一言」だとは思っていないんです。


この2つのタイプの考え方の違いは、私はDNA歴史心理学に出会わなければ、おそらく一生気付くことが出来なかったと思います。
そして、「意見を言わないタイプ」に対して意見を強要し、「空気の読めないヤツ」というレッテルを貼られて過ごしていたことと思います。

しかし今はDNA歴史心理学に出会うことができ、両方のタイプについて理解し、上手く付き合うことが出来るようになったのです。

あなたはどちらのタイプですか?

「意見を言う」タイプ?

「場に合わせる」タイプ?



しかし、この話には恐ろしい続きがあります…
「意見」言わない派の「意見」を無視してはいけない…

画像5

明日はそんな話。
それでは

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「自分がどちらタイプか知りたい方におすすめ!」
ファーストステップカウンセリング(無償):https://dnamatrix.jp/matrix/#first-step


社団法人DNAマトリクスリサーチ:https://dnamatrix.jp/

「まずは自分のことを知りたい!という方」
初級:「DNAマトリクス診断」コース:https://dnamatrix.jp/matrix/

「更にDNAの理解を深めたい
DNAマエストロ資格を取得したいあなたに」
中級:「DNAマエストロ」コース:https://dnamatrix.jp/maestro/

「DNAと歴史を全てマスターしたいあなたに」
上級:「DNA歴史心理学講座」コース:https://dnamatrix.jp/course/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
泳汰(えいた):㈳DMR認定 DNAマエストロ
㈳DMR認定資格『DNAマエストロ』持ちのカメラマン。1982年大阪生れ、関西大学を卒業後、広告会社の営業を経て映像・写真制作会社に入社。DNA心理学に出会い、日本人の多様性とコミュニケーションを研究。趣味:写真、体動かすこと