DNA4タイプ 特性解説【DNAマトリクス予想診断】
見出し画像

DNA4タイプ 特性解説【DNAマトリクス予想診断】

泳汰(えいた):㈳DMR認定 DNAマエストロ

▶はじめに

当記事について

※当記事は、「DNAマトリクス予想診断」の結果解説ページになります。
 診断がまだの方は上のリンクからどうぞ。

DNAマトリクスとは?

 人間のDNAには多くの”型”があります。
様々な型から類似する型を集めたモノを「ハプログループ」と呼びます。
(例:ハプログループA、ハプログループB)

 日本人は約20種のハプログループが存在しますが、大きく分類していくと4タイプに分けることができます。(分類は「地域」「時代」の2軸で構成しています)

 その4つのハプログループの関係性を表したモノが「DNAマトリクス」です。
(下図イメージ)

画像11

▶ハプログループD4/D5 特性解説

画像7

あなたは、「アジア・弥生」系に属する、ハプログループ「D4/D5」タイプです。
このDNAタイプの方は、場の空気を読むことに長け、集団の中で会話の潤滑油のような役割を担い、相手に安心感を与える傾向にあります。視覚情報を重視するため、言葉よりも雰囲気を重視し、リーダーよりもサポーターのポジションが安定しやすいでしょう。

ただ、周りの意見に流されやすい傾向もあるため、本意ではない言動に自己嫌悪に陥ることもしばしば。流行やブランド物などに浪費してしまう傾向も。

日本では約40%がこのタイプに属し、日本で1番多いタイプです。そのため「空気を読む」という言葉の「空気」はこのDNAタイプが作っているとも言えます。

画像6

▶ハプログループM/G 特性解説

画像10

あなたは、「アジア・縄文」系に属する、ハプログループ「M/G」タイプです。
このDNAタイプの方は、直感・感性に優れています。周りが気付かないことに、いち早く気付いたり、作業の本質や全体像を把握することに長けています。決断が早く、思い切りが良く、責任感も強いため、周りから頼られるポジションになることが多いでしょう。

ただ、上下関係を強く意識しすぎて、立場が下の人の意見を軽視したり、納得がいかない場合にはテコでも動かない頑固さも。

日本では25%がこのタイプに属しています。周りを巻き込むパワーがあるので、周囲の雰囲気を良くも悪くも変えてしまっている可能性があるかも。

画像6

▶ハプログループB/F 特性解説

画像10

あなたは、「ヨーロッパ・弥生」系に属する、ハプログループ「B/F」タイプです。
このDNAタイプの方は、物事を「頭で考える」傾向が強く、論理的な思考回路を持ちます。記憶力に優れ、物事をシンプルに解釈する能力に優れています。

ただ、予期できない出来事への対処が苦手で、それが重なるとパニックになりやすい傾向があります。思ったことをそのまま口にしすぎて人を傷つけることも・・・。

このタイプは日本では20%と比較的少数派なので、あなたが思っているよりも人に理解されない場面も多いはず。自分の当たり前がみんなの当たり前ではないかもしれません。

画像11

▶ハプログループA/N 特性解説

画像12

あなたは、「ヨーロッパ・縄文」系に属する、ハプログループ「A/N」タイプです。
このDNAタイプの方は、情報収集が好きで物事をふかんした視点から分析することを好みます。また、トラブル解決が得意で、長期的なリスクを考慮して動くことも出来るため、組織では重宝される傾向にあります。

ただ、情報を抱えすぎて、何かを決定するのが苦手な一面も。自己肯定感が極端に低く、自分に自信を持てない傾向もあります。

日本では約15%しかいない希少タイプです。そのため周りに理解されることが少ないので、自分の世界をしっかり持つことで精神の安定に努めると良いでしょう。

画像1

 ▶DNAを取りたい!
  自分の正確なDNAが知りたい方

診断と、特性の解説についていかがでしたか?
同じ日本人でもハプログループによって違いがあることは感じていただけたかと思います。

ここまで読んでいただき、

「更にDNAのことが知りたい!」
「直接説明してほしい」

という方は以下の記事をご覧ください


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
泳汰(えいた):㈳DMR認定 DNAマエストロ
㈳DMR認定資格『DNAマエストロ』持ちのカメラマン。1982年大阪生れ、関西大学を卒業後、広告会社の営業を経て映像・写真制作会社に入社。DNA心理学に出会い、日本人の多様性とコミュニケーションを研究。趣味:写真、体動かすこと