見出し画像

コロナバブル相場を切り抜けろ!金融緩和により大混乱相場で負けない投資法

兼業投資家でありながら2020年は+1,500万円以上の利益を確定しています。コロナショックの前後をうまく乗りこなしたので投資に関しての思考法も多少はお役に立てるのではないかと思いnoteの執筆をはじめました。

実績

投資は自己責任ですから情報を鵜呑みにしないで頂きたいですし、あくまでも情報収集という観点での購読を推奨します。

さて、このnoteまでたどり着く経済や投資リテラシーの高い貴方であればご存じのように、中央銀行の金融緩和により市場にはお金があふれ出しています。

それはまさに”コロナバブル”の様相を呈しています。

そのキッカケとなったのは2月~3月にかけての株価大暴落劇でした。

それにすぐさま対応するべく日米欧中の中央銀行が”同時多発的に史上最大の金融緩和”を行いました。

過去に例をみない規模の金融緩和ですから、そのあり余るお金で株価を強烈に下支えしました。

それに加えて早々に感染の減少&経済回復の兆しがみえてきたことから株価は順調に上昇していくことになりました。

日経平均株価コロナショック

網掛け部分がコロナショック底値からの回復部分です。

二番底が警戒されながらも、結果的にはほぼ押し目もなく右肩上がりの強い上昇となりました。

しかし。

経済の見通しは依然として厳しいものがあります。

経済の見通し1

その上、今後さらなる下方修正の可能性もあるわけです。

経済の見通し2

日本経済の経済の見通し手は良くて”7割”だと言われています。

株価はもう暴落前の水準近くまで戻していますが、実体経済は7割だというのがいまの実態なのです。

つまり、株価と実体経済の間に”明確なギャップ”が生じているということです。

株価は短期的には上にも下にも行き過ぎることがありますが、それは基本的には実態を表す価格へと収斂されることは歴史が証明しています。

だとすれば、日経平均株価は7割となってもおかしくはありません。

24,000円×0.7=16,800円となります。

奇しくもこの16,800円というのはコロナショックほぼ底値の価格です。

コロナショック底値

株価は経済の先行指標でありますから、この16,800円付近の底値で株価の攻防戦が行われたということは瞬時に実体経済を織り込んだとも考えることができます。

だとすれば今の株価は冒頭にお伝えしましたように今の相場はバブルということができるでしょう。

特に株価の暴落を機に投資をはじめた”初心者”が多数いることもその要因です。

楽天証券は2月の開設数が10万を超え、国内の証券会社では最多となる月間開設数となった。楽天グループ内のネット通販やクレジットカード利用者による開設が多い。最大手のSBI証券も3月には13万程度に上る見通し。松井証券、auカブコム証券、マネックス証券も3月は大幅に増えそうだという。合併などで振れが大きいマネックス証券を除く大手4社の1~3月の開設数は初めて50万を超えそうだ。新規開設はリーマン・ショックなどの株価急落局面でも増えたが、過去を上回る勢いだ。(日経新聞より引用)

株 投資先

”買い”だけで入るわけですから株価を持ち上げる要因になりえます。

ただし!

いまはまだ”バブル初動”だと言えるでしょう。

バブルというのは価格が上がるという理由だけで買う、買われるからまた価格が上がる、だからまた買われる…というループ状態のことです。

<参考動画>

史上例を見ない最大の金融緩和ですから、バブルになったのであれば株価は力強く上昇してもおかしくはありません。

いまはまだ「もしかしたら二番底がくるんじゃないか?」というおっかなびっくり買っている層が一定数いるわけです。

その上、機関投資家や大型海外勢力までも強気になりきれていません。

なぜならば”重大なリスク”が存在しているからです。

だから、これだけの金融緩和を行っているのにも関わらず日経平均株価は最高値を更新できずにいるのです。

しかしながら、これだけの金融緩和をしているわけですから”必ずお金が流れるところ”があります。

マーケットをよく観察し分析してみることで、お金がどこに流れていくのかを考察することができます。

ここから先は、どこにお金が流れていくのか、その際に何に投資をするべきかを具体的に考察していきます。

このシナリオ通りであれば日経平均株価が崩れることになっても、資産を減らさずに済むことができるでしょう。

よくわからないまま雰囲気に流されて投資をしていたらい多額の損失を抱えるのは目に見えています。

知識に投資して、どのようにリスクを抑えるかを考えることは賢明な判断だと僕は思います。

というわけで「重大なリスク」「お金が流れるところ」の考察を知っておきたいという聡明な投資家様はぜひお進みくださいませ。

この続きをみるには

この続き: 4,623文字 / 画像6枚
記事を購入する

数量限定で販売中

残り 10 / 10

コロナバブル相場を切り抜けろ!金融緩和により大混乱相場で負けない投資法

すあし@YouTuberサラリーマン📺

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしい!だいすき!
5
チャンネル登録2020年1月100人⇒現在11,000人YouTuberサラリーマン📺兼業投資家 ▶世界情勢、オトナの教養、経済、投資、働き方、副業についてがメインテーマ ▶2020年はYouTubeをがんばると決めた30代 ▶ブログもあるよ ⇒ jasper2nd.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。