見出し画像

「過去未来報知社」第1話・第8回

<<第7回
https://note.mu/su_h/n/nc70f70dd06ae
--------
☆全文無料でご覧いただけます☆
--------
 延ばし放題の髪と髭が顔の殆どを覆ってしまっているが、微かに覗く肌や目の感じは、それほど男が年をとっていない様子を表している。
 あまりかまっていない感じの身なりに反比例して、来ている服は赤字に金と緑のフレークが散った少し洒落た感じのシャツで、履いているパンツも痛んでいるわけではなく、それなりのダメージジーンズのようである。 アンバランスな身なりをした長身の男は、なにを言うともなしに笑美を見下ろしていた。
「えーと……。それ、あなたの猫ですか?」
 我ながら間抜けな質問だ、自分で言いながらも笑美は思った。
「……ねこ?」
 男は自分の腕の中を見下ろす。どうやら、今まで自分が猫を抱いていたことに気がついていなかったようだ。
 どうも様子がおかしい男だが、不思議と笑美には男に対する恐怖心は沸いてこなかった。
「ああ、ここにもいたのか」
 起き抜けのようなぼやけた声で言うと、男は腕の中の猫を撫でる。
 ねこは気持ち良さげに喉をならした。
 その後ろのブロック塀を、足早に数匹の猫が駆け抜けていく。
 ーー 猫が多い町なのかな。
 笑美は猫たちを眺め、そう心でつぶやいた。
「すみません、この辺の方なんですか」
 男はぼやーっと辺りを見渡す。
「そうとも言えるし、そうじゃないとも言えるし……」
 なんとも要領が得ない感じである。
「ご存じないなら、結構です。ありがとうございました」
 歩きだそうとした笑美の服が、くい、と引っ張られる。
 振り向くと、男が遠慮がちに指で笑美の服をつかんでいた。
「な、なんですか?」
「連れて行ってくれないか」
「は?」
「六合荘、知ってるだろ」
 笑美はしげしげと男を見つめた。
 知っているもなにも、そこは笑美の目的地である。

>>第9回
https://note.com/su_h/n/ne3191e07d19a/edit
--------
(「ノート購読」は「投げ銭」扱いで設置させていただきました。
 全文無料ですので、今回の連載はここまでですが、
 投げ銭いただけますと、作者のモチベーションが更にあがりますw)
--------

この続きをみるには

この続き: 0文字

「過去未来報知社」第1話・第8回

涼廣

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
本と音楽が好きです。