見出し画像

「過去未来報知社」第1話・第34回

--------
☆全文無料でご覧いただけます☆
--------

>>第33回
(はじめから読む)<<第1回
--------

 そこにあったのは、巨大なクリスマスツリー……いや、
 盛大に飾り付けられた門松(?)だった。
 キラキラと輝いているのは、よく見れば紙垂(しで)で、
 枝の先にやたらとひっかかっているのは、 
 さっきまでサンタが投げまくっていた餅。
 とんでもなく高い木の頂上で燦然と光っているのは……、
「神社でガラガラ鳴ってる、あのでっかい鈴じゃないですかー!」
「正確には本坪鈴と言います」
 指差して叫ぶ笑美の横で、根津がけろっとした顔で言う。
「何を平然と……って、わっ!」
 見下ろし、笑美はぎょっとする。
 何か白い、もこもこしたものがうごめいている。
「……雪だるま?」
「僕です! 根津ですよ!」
 白いボアの帽子を跳ね上げ、根津は眦を吊り上げた。
「根津さん……?」
 しげしげと見る笑美。ボアの帽子に、ダウンジャケットに、スキーパンツ。
 全部が白くもこもことしている。
「いくらなんでも、着すぎだろう」
「僕の一族は寒さに弱いんですよ!」
「あたしもそうだよ~」
「ぎゃっ!」
「うわっ! 三宅さん、戻ってきたんですか!」
 根津を歯がいじめにして顔を擦り付けている三宅も、ニット製品に包まれている。
「そんな寒いなら、出てこなきゃいいのに……」
 呆れてつぶやく笑美に、三宅と根津は口を尖らせる。
「だって、これを見なくちゃ年は越せないよ」
「これ?」
 シャラン、と涼やかな音が丘に響く。
 賑やかだった丘が、静寂に包まれた。
 笑美と慶太が音のほうを見上げると、そこには……。
「大家さん?」
 神主のような衣装に身を包んだ大家が、玉串に似た枝を持って立っている。
「今年は大家さんの当番なんだよね」
「当番?」
「昔から六合の街にいる一族の代表が、順番で一年の納めをするんだよ」
「……普通そういうの、大晦日にやるのでは?」
「うーん、クリスマスと大晦日と期日が近いから、
 一緒にやっちゃうことにしたんじゃないの?」
「そんな、いい加減な……」
「しっ! 祝詞が始りますよ!」
 大家が荘厳な雰囲気で(しかし嫌そうに)玉串を降り始める。
 笑美は固唾を呑んでその姿を見守った。

>>第35回

--------
(「ノート購読」は「投げ銭」扱いで設置させていただきました。
 全文無料ですので、今回の連載はここまでですが、
 投げ銭いただけますと、作者のモチベーションが更にあがりますw)
--------

この続きをみるには

この続き: 0文字

「過去未来報知社」第1話・第34回

涼廣

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
本と音楽が好きです。