見出し画像

第0新卒に新たなAP生が誕生しました!

みなさんこんにちは!

なんと先日、井上チームの林祐吾さんがAPのマネージャーに昇格しました!(パチパチパチパチ)

「第0新卒に新しく導入された人事制度とは!?」という記事で紹介させていただいた「AP昇格フロー」が導入されてからは、初のAP昇格となりました。(こちらの記事をまだご覧になられていない方は、先にこちらの記事をご覧ください)

初めて「AP昇格フロー」を経て昇格した林祐吾さんは、どのようにしてAP昇格へと至ったのか?

今回は、AP昇格フローの最終段階である「AP昇格上訴」が行われた様子と共に見ていこうと思います!


AP昇格に必要な要素とは?

まず、AP昇格において必要な要素はズバリ…

「スキル成熟度」「事業理解」「職種理解」

この3点です。

「スキル成熟度」…直近3ヶ月の営業成績で、個人としてどれだけ成長できたか?
→トレーナーが毎週1回の営業ロープレと営業勤務のフィードバックを行い、AP昇格条件である等級C→Bへと昇格させる動きを行う。
「事業理解」…第0新卒の事業理念をどれだけ理解し、体現できているか?
→第0新卒がスローガンとして掲げている「応援を生み出す人材へ」を体現する為のタスクを行う。
「職種理解」…希望職種の業務内容、役割をどれだけ理解し、即戦力となれる存在であるか?
→トレーナー、マネージャー、人事広報、法人営業という4つのカテゴリーの中から希望職種を選択し、該当職種のAPから研修を受ける。

そして、この3つの要素を踏まえた上で

「事業促進」…第0新卒事業の拡大にどれだけ貢献できているか?また、AP昇格後にどれだけの活躍が期待できるか?
「影響度」…どれだけ組織や第0新卒生に好影響を与えられたか?また、AP昇格後にどれだけ好影響を与える存在になれるか?

という2つの観点から、社員さんはAP昇格を許可するかどうかを判断します。

ここからは、実際にAP昇格上訴当日の様子を見てみましょう!


上訴当日の様子

最終準備を行う井上マネージャーの手元にはメモ用紙がびっしり。
プレゼン内容の最終確認を行い、準備万端です!

画像1


上訴本番前には、音楽を聴きながら精神統一をする井上マネージャーの姿が、、(笑)

画像2


精神統一を終え、いよいよ上訴本番です!

スタイルガーデンの社員さんも真剣な表情の中、林さんをAPに昇格させる為の上訴がスタートしました。

井上:それでは上訴の方始めさせて頂きます。よろしくお願い致します。

画像3


今回の上訴内容は以下です。

「スキル成熟度」…直近3ヶ月での営業勤務とトレーナー研修を経て、獲得営業ポイントが全体3位にまで成長した。また、等級Aへの昇格意欲も高く、自分自身の営業ロープレはもちろんのこと、人の営業ロープレを見て教えていくことで自分自身も成長していきたいと考えている。
「事業理解」…どの事業部でも対応できる知識を身につけることで、他のBP生には無い積極性を見せた。また新事業部のリーダーとして、研修資料を作成し、トレーナーへの共有を行ったり、研修に同行することで、トレーナーからの信頼獲得と事業拡大への貢献を行った。
「職種理解」…マネージャーの知識研修は完了しており、マネージャー統括の西村さんから最終ロープレの合格をもらっている為、即戦力として期待できる。

井上:この3つの要素を踏まえ、「事業促進」の面では、新事業部の拡大に貢献し、今後もさらなる事業拡大が予想されます。そして「影響度」の面では、入社後半年での早期昇格かつ、新制度導入後初の昇格を果たすことができれば、E&I生やBP生に早期昇格が可能であることを証明でき、意欲向上に繋がります。また、林くん自身4回生なので、4回生での昇格を実現できれば、周りの4回生へも刺激を与える存在となれるだけでなく、成長への貪欲さを持ち合わせているので、現AP生にも危機感を煽ることができる存在になれると考えています。

以上より、林くんをマネージャーに推薦させて頂きたいと思います。


画像4


社員さんの質疑応答を受け、続いて結果発表です!
マネージャー統括の西村さんは、上訴を許可した時点で林さんのAP昇格も許可しているので、司会にまわります。

西村:林祐吾くんのAP昇格を許可する方は挙手をお願いします。

果たして結果は、、、


画像5


全員挙手で見事APのマネージャーに昇格です!!!(パチパチパチパチ)

そして、見事AP昇格を果たした林祐吾さんの登場!

画像6

西村:では、所信表明をお願いします!

:多くの方に応援していただいたおかげで昇格することができたので、その方々に恩返しとして何かを与えられる存在になりたいと思います。そして、営業力もマネジメント力も1番を取れるように頑張っていきます!


上訴を終えて

上訴を終えた井上マネージャーに早速お話を伺いました!

ーー初めての上訴お疲れ様でした!上訴を終えての感想をお願いします!

井上:とにかくよかった〜という思いです(笑)
7月は林くん自身が、勤務で成果を出したり、研修資料を作って研修をしたり、社内の人との関わりを増やしたりと頑張ってくれていたので、自分自身めっちゃ責任を感じていました。

ーー林さんの1ヶ月の動きを見ていて、昇格するべくして昇格したのだと思います!今回上訴が通った要因はズバリなんだと思いますか?

井上:やっぱり本人の頑張りだと思います。自分自身で主体的に動いてくれたので実際上訴資料も作りやすかったですね。

ーーやはり主体性は大事ですね!林さんのような主体性を他のBP生やE&I生にも身につけていってほしいですね!

井上:そうですね!

ーーでは最後に、これからAP昇格上訴を控えているBP生とマネージャーになにかアドバイスをお願いします!

井上:BP生は先ほども言ったように、マネージャーの指示を待つのではなく、自分自身で主体的に動いていってほしいと思います。マネージャーに関しては、BP生が自走する仕組みを作ることと、研修を担当してくださっているAP生だけでなく、BP生本人との連携、またBP生との関わりが深い人との連携を密に取ることが大事だと思います!

ーーありがとうございました!


以上、AP昇格上訴の様子でした!
これからの林マネージャー、井上マネージャーの活躍に期待です!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
応援ありがとう!あなたのnote見にいきますヽ(´▽`)/
11
第0新卒で長期インターンを超える経験を!「応援を生み出す人材」を輩出することがミッション!大学1〜4年の第0新卒生が社会で活躍中! ▶︎注目の西日本ベンチャー100選出企業 ▶︎東証一部上場グループ※登録商標:第0新卒 公式HPhttps://stylegarden.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。