見出し画像

Java訓練#5(reader•if)

今日の授業内容

午前はreader.readLineメソッド を使ってコードを書く練習をしました。

午後では if 文のコードについて学びました。

reader.readLine メソッド

reader.readLine メソッドを使うには以下のコードを書く必要があります。※昨日の「4日目の記事」で説明が足りない所がありました。

import java.io.*;  
BufferedReader reader = new BufferedReader (new InputStreamReader(System.in));
try{

String line = reader.readLine();
↓これで try のコードを閉じます
} catch (IOExcsption e ) {
    System.out.print(e);
} catch (NumberFormatException e) {
    System.out.println(“文字列”);
}

以上のコードを適所に書かないといけません。

まず、import java.io.*; で機能をインポートします。
そして、BufferedReader reader••••で機能を使う事の宣言をします。
次に、try { この中に実行させたい機能を書いていきます。
reader.readLineメソッドや以下で説明する if 文など を書きます。
catch のコードは try で実行できない事が起きた時にエラーを返すコードです​。

午前中はこの reader.readLine メソッドを使って自分でプログラムを書く練習をしました。
例えば、「名前と年齢を入力させて○○と返す」などのプログラムを作りました。

if 文について

if 文とは、

「もしも○○なら◻︎◻︎である、それ以外は△△です」

次ようなプログラムになります。

if (y > 50) {
 System.out.println(“◻︎◻︎である”);
} else {
  System.out.println(“△△です”);
}

この様に書きます。

解説していきます。
(y > 50)これが条件になります。「yが50より多ければ」と訳します。
条件のなかの > この記号は「比較演算子」と呼ばれるものです。この他にも以下の記号があります。

<
>=
<=
||
&&
これらの記号は上記のように比較をする時などに使います。

詳しくはこちらをご覧ください

else ←これは「それ以外は」と訳します。条件が満されなかった場合の実行になります。

上のコードを訳すと「もし、yが50より多ければ◻︎◻︎である。それ以外は△△です」となります。

さらに、もっと条件を増やしたい場合は if と else の間に 「else if (条件)」というコードを使います。
else if は何個でも加える事ができます。
これは「もしくは」と訳します。if の条件を満たされなかった時に else if の条件が実行されます。else if の条件が満たされなかった時に else が実行されます。
なので実行されるのは、if 、else if、else のどれか1つしか実行されません。

else if を使ったプログラムの例
※ n は変数で、数字が格納してあります。

System.out.println(“今日の降水確率は” + n + “%です”);
if (n >= 60 )  {
   System.out.println(“傘を忘れずに!”);
} else if (n >=40) {
   System.out.println(“念の為傘を持って行こう!”);
} else {
   System.out.println(“傘はいりません”);
}

このようになります。

どんどんコードが長くなって複雑になっていくとエラーが出ます。そのエラーを見つけて直す力も必要になります。その為には、クラスとメソッドを理解してコードを書かないといけません。

忘れないように復習をして、授業に置いてかれないように頑張ります。

公共職業訓練を受講する為に必要な事を下の記事で書いてます。
良かったらご覧下さい↓↓↓

最後まで読んで頂きありがとうございました。

少しでも勉強になった、役に立ったと思ったら「 サポート」 で貴方のお気持ちを頂けると嬉しいです。
今後の励みにもなります。是非よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
更にサポートして頂けると嬉しいです。
4

こちらでもピックアップされています

【公共職業訓練】プログラマーへの道のり
【公共職業訓練】プログラマーへの道のり
  • 52本

僕が公共職業訓練を受けてプログラマーを目指します!3ヶ月間の訓練で毎日その日に学んだ事などを復習を兼ねてシェアします。よかったら一緒に勉強しましょう。 ちなみに言語は「java」です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。