studioCOOCA

スタジオクーカは様々なハンディキャップを持った人が、その人の好きなこと・得意なことで活躍する、仕事することを目的に活動するアトリエ/福祉施設です。絵画・創作・オリジナルグッズ製造・展示販売やパフォーマンス活動、企業へのライセンス提供を行っています。

studioCOOCA

スタジオクーカは様々なハンディキャップを持った人が、その人の好きなこと・得意なことで活躍する、仕事することを目的に活動するアトリエ/福祉施設です。絵画・創作・オリジナルグッズ製造・展示販売やパフォーマンス活動、企業へのライセンス提供を行っています。

    最近の記事

    愛され男と閉ざされた扉のヒミツ

    クーカのスタジオ内1階にある本棚をご存知だろうか。 重厚な作りのその棚は、クーカのくせ者社長がどこからか買い集めてきた民芸品のひとつ。メンバーが作品の参考にするための雑誌や図鑑が大量に収められていて、誰もが自由にこの本たちを手に取ることができる。 しかし、この棚の扉が開かずの扉となる日がある。 月曜日と水曜日。 そう、彼がやってくる日。 彼がやってくる日は、扉を閉めねばならない。 くる!くるぞ!彼の名は・・・ 大野晋平!! (ジャーン) *** こんにちは

    スキ
    22
      • ひとりの女がマドンナになるまでの物語

        君は伝説のロックバンド、『THE KENTY DONUTS(ザ・ケンティ・ドーナッツ)』を知っているか? 最高のシャウトをかますイカしたヴォーカル、華麗に舞うキュートなダンサー。クールなドラムにギター。ヴォーカルを支えるMCレディー、そして軽快などじょうすくい。 ・・・・・・・・。 そう。DOJO-SUKUI!!! 今回の主役は、我らがマドンナ! 瀬戸史子(せと あやこ)さんだッッッッッ!!カマーン!! 「あらやだ、恥ずかしい。みんなのマドンナちゃんですよん♡うふ

        スキ
        16
        • 仮面の君、その素顔は永遠にカラフルに。

          彼との出会いはそう、 ーあの日の“じゃんけん”だった・・・ー *** 『じゃんけんだぁ!』 「急に?!(笑)よし。じゃーんけーん、ぽん!」 『……ぽん!勝った!おれの勝ちだ!』 (…え?今のはあと出しでは……?) 『もう一回だ!じゃーんけーん、』 「ぽん!」 『…ぽん!やったあ!おれの勝ちだ!お前の?』 「(えっ?えっ?あと出しだよね?)私の、負けだ…?」 『お前の負けだー!えーんえーん』 (なんじゃそらああああ??!) そう言って彼はチノパンの左ポケ

          スキ
          36
          • はじめまして!アートする福祉施設「studio COOCA」です。

            神奈川県は平塚市からこんにちは!「studio COOCA(スタジオクーカ)」です。 私たちは様々なハンディキャップを持った人が、その人の好きな事・得意な事で活躍する、仕事を得ることを目的に活動する福祉施設です。 絵画・創作・オリジナルグッズ製造・展示販売やパフォーマンス活動を行っています。 ちょっと変わった「クーカ」というスタジオ名も、クセ者の社長曰く「さあ、どう食うか?」という言葉からきているとか?!所属メンバーの才能を発掘し、商品化や展示会、公演活動に繋げるべく試行

            スキ
            45