いわゆるパクリ
見出し画像

いわゆるパクリ

タケウマ

他人の写真をもとに絵を描くときその写真撮影者のクレジットを明記しないで発表するのは悪だ、という論調は倫理的には同意できるけど、とても疲れる。
因みに僕は既に何度もされてて、笑ってネタにしてる。だからそうしなさいと言ってるのではない。
僕も気分次第で訴訟するでしょうし。

兎も角。
音楽でもサンプリングの問題があるように、なにがしかを発表する際、元ネタがあるならそれを明らかにしないでいると問題視される。

それどころか自力考案の作でも既にある何かに似ていたらアウト。参考にしていない、過程が違うと説明しても関係ない。
知らなかったなんて信用できないですしね。

だから営業マンが他人の営業術で得た手法を用いるならそれを明らかにするべきだし、
名刺を渡すとき、一番最初にそのフォーマットを作ったデザイナーを探し出して名刺の元ネタを明かすべきだし、
オシャレさがメリットになってる人は参考にした人がいたら分かりやすい所に明記すべきなんだろうな。

つまりは利を得るためのすべての行い(服装、メイク、話術、姿勢、料理のオーダーの仕方、デートの方法などあらゆるもの全部)は元ネタがあれば当然、なくとも調べ探し出して明記したらいいんでしょうよ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。
タケウマ
二条城近辺に潜んでいるイラストレーターでスケッチャーです。4人兄弟で兄が劇団四季の裏方、次男のわたすが画業、3男が吉本漫才劇場の支配人、4男が空挺隊員しております。 虎党です。 http://studio-takeuma.com/