猫と暮らす その38 こんな事もできるんだぜ。

くつろいで、マダムを撫でながら少し眠くなりかけたときだった。

「コトン、コト」なにか硬めのものが落ちる音が聞こえた。

音が聞こえる直前、ムッシュがトイレの方に向かっていったことを思い出し目をやると視界に入ってきたのは、トイレの蓋の上でおうんち様を転がそうとしているムッシュの姿と、トイレの外に鎮座している大うんち様だった。

先日の途中事件から間もないことだった。連続おうんち様事件。

転がそうとしているムッシュを慌ててどけ、大小のおうんち様を供養。

怒っても無駄なことなので、どういうことか事情をムッシュに訪ねようかと顔を覗き込んでみると、なんだか自信に溢れ誇らしげな表情をしているように見えた。

「俺、こんな事もできるようになったんだぜ!」

といったところだろうか。
全く褒める気にはなれないけれど、その表情は嫌いじゃないぞ、ムッシュ。
別のこと(ノーうんち様でね)をしたときにまたその顔をしてくれたら褒めてあげようじゃないか。

しかし、なぜ今になって外で。。
開放感を覚えてしまったのだろうか。
さらなる観察を続けていくことにする。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

2018.5生まれの2匹の猫ズとの生活の出来事、おもひで。 ハチワレのオス ムッシュ キジ白のメス マダム はじめての猫、はじめての多頭飼い。手探りの共同生活で気づいたことや思い出のログとして、駄文を書き留めています。

肉球の匂いを包んでプレゼントします!
5
左のキジ白のマダムと右のハチワレ、ムッシュの姉弟の成長記録と、思ったことをつらつらと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。