ストーンウェブ公式

中の人はストーンウェブ代表|WordPressサイト制作|中小企業の経営者及びWEB担当者に向けて役立つ情報を発信|WordPressサイトを「いい感じ」にリニューアルするのが得意

ストーンウェブ公式

中の人はストーンウェブ代表|WordPressサイト制作|中小企業の経営者及びWEB担当者に向けて役立つ情報を発信|WordPressサイトを「いい感じ」にリニューアルするのが得意

最近の記事

  • 固定された記事

自分が運営するSNSアカウントが増えすぎてワタワタしてきたので、このアカウントはひとまず休止したいと思います。今後はnote元経営者アカウント(https://note.com/fujimori_hrc) とTwitterストーンウェブ代表アカウント(https://twitter.com/stonewebstone)をチェックしていただければと思います。

    • ブログ記事「WordPress初心者がDiviテーマでサイトを作る前に知っておくべきこと」を投稿しました。 https://divi.stoneweb.site/blog/column/369/

      • 商品サービスの機能や強みをアピールするのではなく、その商品サービスを利用することで得れるメリットや利用後に利用前よりプラスになっていることをアピールした方が伝わると思います。

        • Webサイトの表示が遅いと検索順位に悪影響が出たり(順位が下がる)訪問者が離脱したりするので「Page Speed Insights」で定期的に表示速度をチェックすることをオススメします。

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ストウェブ代表のつぶやき
          ストーンウェブ公式
        • デザイン
          ストーンウェブ公式
        • WordPress
          ストーンウェブ公式
        • ツール関連
          ストーンウェブ公式
        • SEO
          ストーンウェブ公式
        • SNS
          ストーンウェブ公式

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          商品サービスに関してどれだけ素晴らしい言葉で素晴らしい説明を書いたところで「で、お前は誰や?」と思われていたら伝わるわけもないので「信頼できる」ことを伝えることはとても大事だと思います。

          Webサイトを制作するときに意識したら良いこと。 ・フォントサイズにメリハリをつける ・関連する項目は近づける ・文章/画像などを揃える ・類似項目は同じデザインにする ・項目間の余白を合わせる

          SEOでWeb集客の実現を目指すのであればGoogleが提唱するユーザーの4つの検索意図は知っておいても良いかもしれません。 Know 知りたい Go 行きたい Do やってみた Buy 買いたい

          Web集客/採用を考えるときにはSEOへの取り組みを検討すると思いますが、SEOの苦手なものが「検索しないユーザー」で、検索しないユーザーにアプローチする有効な方法がSNSだと思います。

          Webサイトやブログでは、英数字は半角、カタカナは全角、記号は時と場合によりますが基本的には全角で良いと思います。

          Webサイトのレイアウトを考えるときは人の目線の動きの法則(Fの法則 Zの法則)を念頭に置いて考えたら良いと思います。ちなみにどちらの法則でもスタートは左上になります。

          Webの世界は日進月歩なので「数年前の常識は今の非常識」くらいの心持ちで常に最新情報を収集するように努める必要があると思います。

          BtoCとBtoBでSNSの運用方法は大きく違うと思いますが、一つ共通点を挙げるとしたら「継続することが何よりも大事」ということだと思っています。

          問合せフォームの項目をなんとなく決めてる人は多いと思いますが、項目の設置の仕方によって問合せ件数が変わることもあるので、しっかりと考えた方が良いと思います。

          余白がバラバラになっているとデザインが素人っぽく見えるので ・画像とテキストの間の余白 ・コンテンツ間の余白 ・見出しと本文の間の余白 などを統一することを意識したら良いと思います。

          仕事としてSNSに取り組むときにフォロワーを増やすことは大事ですが、それはあくまでも目的を達成するための手段だということを忘れないようにしましょう。自戒を込めて。

          小さい会社がWebサイトでの集客に取り組むときは「Webサイトに完成はなくて継続的に手を掛け続ける必要がある」という認識を持っておいたら良いと思います。