見出し画像

2022年は、民藝的に手を動かしながら、「終わる日常」を愛する人と追い求め、全く見ることの出来なかった景色を無意識の内に手に入れよう。

itsuki minami

明けましておめでとうございます。

2022の目標をずっと考えていた。だが、全く浮かんでこない、、。

2022はとにかく手を動かすような年になりそうな気もする。

この世界のあらゆることがつまらない感覚に浸っていると、次に現れる未知との遭遇の予感が全くなくなってしまう。

つまるところ、未知との遭遇を追い求めることを一度辞めて、民藝的に手を動かす中で「終わる日常」を探求し、愛する人に圧倒的新世界を見せていくことが、来年の使命なのかもしれない。

昨年の「1+1=2ではないようなそんな年にしたい」からすれば随分具体的な目標だが、そんな目標を持ってでも包み続けなきゃいけないものは、ちゃんとある。

大きく変わる勇気を持ち、トモニイコウ。

2021は、「誰を信用するか」をことごとく成功させた。その中で得た新たな世界線は、ビックリするほど面白いものだったし、希望だった。

2022は、全ての責任を背負って立つ気概を持ち、圧倒的父性の中で、温もりを諦めることなく、あらゆる地獄を包み込みながら、目を輝かせて手を動かしたい。

この続きをみるには

この続き: 99文字

itsuki minamiが今感じていること見ている景色を純度の高い状態で綴っています。 Will, a fleeting memory …

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
itsuki minami

もし、何か感じていただけたら、よろしければサポートお願いします! もっと深く思考をしたい方は有料記事を読んでみてください!

itsuki minami
2000. Artist. 百姓. Profile→ https://nan-life24.com/