全てが無だが、暗いトンネルを歩くことを愛でていくために、さてどうしようか、という話
見出し画像

全てが無だが、暗いトンネルを歩くことを愛でていくために、さてどうしようか、という話

【そこにはなにもない】

これは全ての思考の始まりの根源の話。

この続きをみるには

この続き: 1,634文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

南大樹が今考えていることを純度の高い状態で綴っています。  全体を観て物事を語り、絶望して絶望を愛でていく、アーティスティックで深淵な内…

または、記事単体で購入する

全てが無だが、暗いトンネルを歩くことを愛でていくために、さてどうしようか、という話

南大樹

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
南大樹

もし、何か感じていただけたら、よろしければサポートお願いします! もっと深く思考をしたい方は有料記事を読んでみてください!

私が無く自然に溶けることをひたすらに求めて生きている。ブログ『NANCY』の記事は無料公開(思考のキッカケを創るアート)→もっと深く思考→コミュニティ『趣士村塾』の記事は有料公開(無であり絶望であり自然を追い求めるアート論考)