「データは、明日のビジネスへのあたりまえ」 世界の活きた統計データを届けたい 〜ドイツから来たスタティスタの日本オフィスです。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「データは、明日のビジネスへのあたりまえ」 世界の活きた統計データを届けたい 〜ドイツから来たスタティスタの日本オフィスです。

「蛇口をひねれば水が出るように、世界のデータを思いのままに使えたら」

スタティスタはそんな世界を目指しています。(Statista と書いてスタティスタと読みます。)

ビジネスを成功に導くような、企画書に自信が持てるような、新たな発見にひらめきを覚えるような、そんなデータとの出会いの場所を提供したい。スタティスタ・ジャパンの公式 note に込められた思いです。

世界にはたくさんの国が、そしてさまざまな業界があります。ヒトも、情報も、体験も、お金も... すべてがグローバルにつながり、そして複雑さが増すいま、信頼できるデータソースへのアクセスを持つことは、日本のプロフェッショナルにとって日々重要になっていくことと思います。

データを駆使することが限られた一部の人の仕事だった時代はすでに過去のものになりつつあります。私たちのデータプラットフォームから得られる、活きたインサイトを自由自在に使いこなしてみませんか。

先の見えないビジネス環境に望遠レンズを

このコロナ禍において、さまざまな業界が、企業が、そして働く私たち自身が、大きなインパクトを受けました。スタティスタのスタッフである私たち自身も、データの大切さを思い知らされました。皆さまの中にも、ステイホームの期間にデスクトップでリサーチをされた方々も多いのではないでしょうか。

これから、企業の資源・資本をどこに投下するべきか、攻めていくべき市場は、その地域は、開発すべき商品やサービスは、そして遠いあの国の消費者はどんな生活をしているのだろうか... そのような尽きない疑問や悩みの解消に、スタティスタがお役に立てたら、これ以上の喜びはありません。

スタティスタ・ジャパンの note は、私たちが提供するデータの海原のほんの入り口に過ぎませんが、これをきっかけに、活きたデータに触れつづけ、ビジネスの視界がクリアになり、今よりも遠くまで見渡せるようになる、皆さまにとってそんな場所にしていけたらと考えています。

どうぞお付き合いください!

スタティスタ・ジャパン株式会社
津乗 学

この記事が参加している募集

自己紹介

お問い合わせ: Contact usタブのフォームまたは下記電話番号よりお願いします。どうぞお気軽にご連絡ください。 お電話:03-6869-6720(月曜〜金曜、10:30-17:00)

Danke 😄
ドイツから来た世界最大の統計市場調査プラットフォーム「スタティスタ」の日本オフィスです。世界150カ国、180の業界、8万以上のトピックのマーケットデータを定額使い放題で提供しています。旬なインフォグラフィックや業界トレンド、データ探しに役立つヒントなどをお届けします。