新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

これからの新卒採用手法は長期インターン?

〜長期インターンとアルバイトの違いから見る、成長志向の学生を採用する方法〜


こんにちは!株式会社スタートゲート・マーケティング担当の田中(@ryuhei0996)です。ここ数年でさらに注目を浴びている「長期インターンシップ」というものがあります。
優秀層の獲得、ミスマッチの防止などを目的に導入が進んでいる企業も増えています。

そこで、「長期インターンをスタンダードに」を掲げているスタートゲートが学生200名から収集したアンケートを元に
①そもそもアルバイトと長期インターンの違いって何なの?
②どんな学生が長期インターンに参加しているの?
③企業の長期インターン導入の目的は?
などの疑問を持っている企業様や学生の声にお応えしていきます。

長期インターンとアルバイトの違い

①始める目的
下記のグラフを見ると、アルバイトは「報酬」長期インターンは「自己成長」目的で参加する人が多いです。自己成長は、なんと4倍もの差があります!
長期インターンは成長意欲の高い学生に出会えるコンテンツです。

スクリーンショット 2020-06-04 12.32.41


②業務の難易度
一般的に長期インターン>>アルバイトです。
長期インターンは社員に近い仕事、成長すれば社員同等の仕事にも挑戦できる可能性もあるため、アルバイトのように与えられたものをこなすよりも、考えて仕事を行う必要があります。
その分責任も大きいですが、成長を感じられることも多いです。


③給料
バイトも長期インターンも時給の相場自体は一般的に1000円〜1100円であまり変わりません。バイトと給料が変わらないのに参加する理由は成長目的が大きく影響していることがわかります。
また、長期インターンでは個人の頑張りや実績に応じて給料が変動するところもあります。例えば、ある営業インターンでは新卒の初任給以上に稼いでいる人もいるとのことです。


長期インターンで身に付くスキルと企業のメリット

長期インターンの内容にもよりますが、多くの長期インターンでは、
下記3つのスキルを身に付けられると感じます。

1.業界・職種への理解
2.コミュニケーション能力
3.論理的思考力

社会人になってから必要なスキルを学生のうちに持っていることで、就活から他社と差をつけることができます。
企業としても、入社時に必要なスキルを身につけておけるので、即戦力として活躍してもらえます。


企業の採用の目的

アルバイトを採用する企業の目的は必要な労働力の確保です。
では長期インターン生を採用する目的はなんでしょうか。主に3つあると考えられます。

1.採用のミスマッチを防ぐため
業務をしながら学生の見極めができる。カルチャーマッチや仕事力を見極めることができる。

2.戦力の確保
優秀な学生を長期インターン生として採用し自社の戦力になってもらう。

3.育成した学生に入社してもらうため
自社での実戦慣れをしている分、新卒採用時には即戦力として期待できる。


①既存の採用手法に限界を感じてきた。
②ハイレベルなポジションの採用がしたい。
③意欲の高い学生を採用したい。
を感じている企業様に長期インターンは適しているのではないでしょうか。

現在は新型コロナウィルスの影響で、webでの選考が多くなったため、学生の見極めも難しくなってきました。
実際に働く姿をみて見極めることも今後は増えてくるのでは。。
22卒の採用手法の新たな選択肢として、長期インターンを検討してみてはいかがでしょうか。

長期インターンの設計方法が知りたい人はこちらもチェックしてみてください!


それでは!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
企業と学生の最適なマッチングを実現する採用プロデュースカンパニーとして長期インターン~新卒採用の設計をご支援!「長期インターンをスタンダードに」を目指し、長期インターンやこれからの新卒採用についてお伝えしていきます!

こちらでもピックアップされています

新しい新卒採用の仕組みが創れるnote
新しい新卒採用の仕組みが創れるnote
  • 4本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。