見出し画像

作家として、ファンとして、思うこと。

初めて私の文章を読む方もいらっしゃると思うので、ざっくりですが私のことを少しばかり書きますね。

----知っているよ!と言う方はどうもありがとう、さらっと流してください。

私は、「趣味で」絵を描いたり、RPGツクール、ティラノスクリプト(勉強中)というツールでゲームを制作している者です。ボイスドラマ、小説を書くこともあります。肩書としては、同人作家?だと思います。

-----はい!ここまでです。お読みいただきありがとうございます。

さて、私自身4月中旬から、勤務先が休業になり自由な時間が増えました。ということで...絵と向き合う時間を少し増やしてみました。

”イラストレーターさんって大変だなああああ”

と思いました。イラストレーターさんって、絵が描ければよいものではないと改めて実感しました。イラストを描くときってほとんど座って行う作業なので、たまに運動をしたり、目を休める時間を増やさないと、結構ぐったりします。あと、黙々と描くので、忍耐も必要というか・・プロで活動をしている方は凄いなと思います。それから、自分の作品をずっと見続けるので、技術が足りないなとか、拙いなとか、色々考えていると、好きなことだけれど、苦しくもなりますね。これは、自分の自己肯定の高低も関わってくると思うのですが、イラストを描くって鍛錬ですね。

自分のイラストを通して、元気になってもらえたら嬉しいなぁと思っていた時期もあったのですが、街中で絵を見て下さい!と主張するのが大変なように、SNSは、誰が見てくれるかわかりません。誰かが見てくれるとお約束できない世界です。SNSに限った事ではないのですが、見てくれる誰かがいることは、とてもありがたいことで、胸を張っていいことなのだなと身をもって実感しました。私の絵は、目立つ方ではないので、人に元気を与えるような力は、あまり持っていないと思っています。だから、ちょっとだけ絵を描くことが怖くなりました。誰かを元気づけられない、何の役にも立たない特技を持っていることで、悲しくなったこともありました。けれど、自分は自分の好きなものを具現化する力を持っているんだな、自分を満足させるために描こうと思うと不思議と楽になりました。

私は、物心ついたころから絵を描いていた(3~5歳くらいの頃)ので、絵を描かない世界がよくわかりません。上手か、上手ではないか、は別として、さらっと描くか~と思えることは、とんでもなく凄いことだと思います。人によっては、出来ない人もいるのです。出来るようになりたいと願っている人もいるのです。絵ではないものだと、曲を書ける人がすごいなと思います。私の音楽知識は、猫ふんじゃったを楽譜を見ないで弾けること!くらいしかありません。すごいなあと思える。そう思う分野には、プロが存在する。イラストレーターさんもそうだし、作曲家さんも。あと、ゲームで遊ぶことって一見趣味に見えますが、楽しく遊んで魅せるというのも、エンターテイメントの一種なので、いろいろ気を遣っていると思います。プロってすごいなあと思います。誰かのための最高を届けなくてはならない、そのうえ、生活がかかっているので感じるプレッシャーは、私が思っているよりも大変だと思います。特に表現活動に関する仕事は不安定な世界でもあるので、生き残りをかけている部分もあると思います。今、リモートワークが殆どで、フリーランスの方が危機を迎えているという記事もよく見かけます。

たまに自費出版(同人)で本を印刷してみたり、CDを作ることがあります。ストレートに言うと、お金がかかります。作品によっては、元が取れていなかったり、どうしてこんなに作ってしまったのだろう?と思うくらい手元に残っている作品もあります。だから、手に取って下さる方がいる事はとてもありがたいと思います。でも、今の私は、作品を手に取ってもらう事よりも、食べる時間、寝る時間、友達と話す時間のためにお金を使って欲しいなと思っています。こう思ってしまうのは、私が作家関係の活動を本業としていないからかもしれません。人によっては、作品を出しているのに、必死さが足りない!と思う方もいらっしゃるかもしれません。

私自身休みの時間が増えることで、寝たきりになった日もありました。

イラストに触れたり、ピアノでアレンジされた音楽を聴いたり、ゲームを遊んだり、いろんなものに助けられて今こうして文章が打てています。

けれど、涙が溢れるほど、元気が出たのは、ご飯を食べる事!でした。

ご飯と言っても、近所のスーパーで買ったお惣菜ですが、お惣菜を買った時、レジの方がこんばんは!と言って下さったので、私もこんばんは!と返すことが出来ました。この時、挨拶だけだったけれど、会話が成立したことが嬉しく思いました。そして、家でお惣菜を食べた時、ご飯の存在ってありがたいんだな・・と感じました。それ以来、買い出しに行くときは、お惣菜は何かしら買って帰るようにしています。手作りだろうから、残ると悲しいものがあるだろうし、自分に出来る事なのかなと思ったので、買って帰っています。

そういった経緯もあり、今は作品を買って頂くより、あなたがおいしいご飯を食べたり、ぐっすり眠ってもらう方が幸せかなと思います。ただ、ご飯を食べて、ぐっすり眠っているけれど、やることがなくて暇だなぁとか、心に彩を入れたいと思った方は、作品に触れて新しい色を足してみてほしいです。体が満腹だけど、心が空腹なのかもしれません。

お金を頂いて作品を見て頂くということは、ご飯と同じように、誰かの生活の一部に自分の作品が加わること。作品が、同人であるか、商業であるか、は関係ありません。違いを言うならば、身体面を支えるご飯なのか、精神面を支えるご飯なのか、の違いだと思います。宣伝も自粛する必要はない、寧ろいっぱいしてほしいと感じています。けれど、私は今の状況からお金をどう使うか、前よりも悩むことが増えました。だからこそ、迷っている人はまず、(お米とか麺類とか)ご飯を買って食べてほしいと強く願うのかもしれません。生きているからこそ、出来ることがたくさんあります。生きているからこそ、誰かを応援することが出来ます。けれど、誰かを支えるということは、自分がちゃんと自分であることから始まると思います。体が弱っていては、何かを判断する心が鈍るし、何より、相手が悲しむと思います。友達、家族・・今まであなたと関わった人が。アンパンマンは、自分の顔をおすそ分けすると弱ってしまうのですが、人間の心もそういう風にできていると思います。だから、まずは自分を整える事を優先してほしい。今の状況だと、応援を求めている人がたくさんいると思います。応援したい相手がいっぱい出てくると思います。誰を応援するべきか悩むこともあると思います。でも、まずは、自分自身を支えてほしいです。こればかりは、自分自身でないと出来ない事だと思います。そして、今の状況や応援したいという思いを悪い方向に利用してくる人もいると思います。そういう状況を正しく判断するために、自分を整える事を優先してほしいと感じています。

私は、1人で物を作る作者ではありますが、誰かを応援するファンでもあります。この状況を助けてくれたイラストや音楽、ゲーム作品、いろんなものに恩返ししたいです。先ほども書いたとおり、どういう風にお金を使うべきか、かなり悩みました。けれど、まずは自分をしっかり支えたいという思いにたどり着きました。広く浅く恩返しできるように、作品は1点買うだけに留めようかなとかいろいろと考えています。そして世界は広いので、お金持ちの人は必ずいます。だから、自分と他人ではなくて、自分だったら出来る事だけに考えを集中すればいいんだなと。他人と比べてしまうと、自分と他人は違う生き物なので、どうしても比較してしまう。

そうか、自分自身に出来る応援をすればいいんだなと。お金の支援でなくても、無料で公開している作品は、無料と言うご好意に甘えて作品に触れればいいし、YoutubeのPVの再生数に貢献してみたり、出来る事は意外とたくさんあります。あと感想を発信する事も大きな支えになるようです。こっそりと好きなイラストレーターさんのファンの方ってどういうやり取りをしているのかなあとお忍びで見ていたことがあるのですが、お金持ちの方だったり、ファンだから応援します!押忍!みたいな強い方が多くて、そういう人に流されたら、絶対お金を使わなきゃ!と言う使命感に駆られそうで、見なかったことにしました。

私は、作る側の楽しさ・苦しさも、応援する人の思いもどちらも理解しているつもりです。だから、支援を求める気持ちも、応援したいけれどどうしたらいいかわからないという気持ちも痛いほどわかります。

作品を制作していて思うことは、誰かが見てくれる!ということは偶然のことであり、必然ではないことです。すべての作品が一期一会なのです。私の作品は、1人で描いたら楽しく描けたから、ネット上に公開してみよう、そうしたら、誰かが見てくれた!という偶然の重なりです。喜んでくれる人の存在は必然ではありません。だからこそ、人との出会いを大切にしたいと思っています。

誰かを応援していて思うことは、このイラストはどれだけの時間をかけて描かれたのだろう、原寸大はもっと大きくて大変だっただろうなとか、下準備されて大変だったんだろうなとか、作る側の大変さについて考えさせられます。作品そのものが自分の好みと合致しており、元気をもらっている事と、作品が完成するまでの大変さが分かるからこそ、支えになりたいと感じます。

でも、どちらの思いを達成させるためには・・

自分が生きなくてはいけない。

当たり前に見えて、すごく大切なことなのだなと実感しています。

今は手探りで不器用だけれど、1日1日を生きています。

ゆっくりの歩幅でいいから、自分としていること。

それが、一番のできる事、だと思います。

だから、お互い、大変だけれど頑張っていきましょうね。



この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

宜しければサポートお願い致します。 頂いた資金は、今後の制作物の制作費用に充てます。

ブリキ「スキ、ありがとうございます。このご恩は絶対忘れません。」
5
趣味でイラスト・ゲーム(RPGツクール、ティラノスクリプト使用)・ボイスドラマなどを制作しております。自分の創作の紹介のほかに、感じた事を書いています。文章は固かったり明るかったり様々ですが私であることには変わりません。※ヘッダーイラストは、かずひと様に描いて頂いたイラストです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。