主催レポート@イベント「喫茶彩り」 pictSQUARE内オンラインイベント
見出し画像

主催レポート@イベント「喫茶彩り」 pictSQUARE内オンラインイベント

こんにちは!

私は、個人サークル「星屑べーかりー」の「麦星すばる」と申します。

2021年5月21日~22日にかけて「全年齢向け」の「オリジナル作品」を取り扱うオンラインイベント「喫茶彩り」というイベントを主催しました。

その時に感じたことや反省点を記録します。

少しでも伝わると幸いです。もし宜しければお付き合いください。

ご参加いただいた皆様へ

この度は、数あるイベントの中から喫茶彩りを選んで頂いたこと厚く御礼申し上げます。

実を言うと、既に似たようなイベントや素敵なイベントがある中、新しくイベントを作り上げる事はとても不安でいっぱいでした。けれど、自分の中でこういうイベントがあったらいいな、場所を作りたいなという思いはありました。

私は、いろんな作品を作ってきましたが、他のイベントを見ていて、全部のジャンルを平等に扱っているイベントってあまりないなと感じました。オールジャンルだと何でもOKとフランクに聞こえてしまって、何かが引っかかる感じがしたのと、参加の申し込みで何をメインにすればいいのか?とすごく困っていました。そこで、喫茶彩りというイベントを考えました。

初めての主催ということもあり、至らぬところもありましたが、イベントの色は、取り扱い内容・参加者様によって彩られるものと思っています。その色は虹のように無限大だと私は考えます。同じジャンルの方でも同じ色を持つ方はいないと思います。同じ色に見えて、微妙に違ったりすることもありますし、似ていたとしても、個性という色はその人にしかもっていないものです。今回の喫茶彩りは、お申込みいただいたサークル様、ご来場いただいた参加者様のお力もあり、とても素敵なイベントになりました。

この度はご参加・応援いただきまして、本当にありがとうございました!!

次回開催はあるか?

正直言うと、開催する場合は今年の開催は考えておりません。今年は自分の作りたいものがいっぱいになっていてこの状況で開催しても参加者様のご迷惑になる事と、次回開催するなら、今回の経験を活かしてさらに良いものにしたいと思っているからです。

といっても、次回開催すること自体も未定なのですが、やっぱり体調が優れなかったりスケジュールきっつきつで何かやってもお互いがハッピーにならないので慎重に判断したいというのが率直な思いです。

また、規模を拡大することも私は考えていないので、人数多め・賑やかなイベントがいいなって方は、違うイベントの方があっているかも・・と思います。

お知らせなど

●サイトは、記録に残したいためデザインを調整したうえで引き続き管理を行います。

●ブログは、管理が難しいため削除させて頂きました。すみません!

●Twitterは、そのまま管理する予定です。

●お問い合わせにつきましては、星屑べーかりーのメールフォームよりお願い致します。(喫茶彩りのメールフォームは一度削除いたします)

以上がお知らせになります。

以下、主催してみて感じたことになります。

スケジュールについて

2021年1月中旬~2021年5月22日なので5か月くらいでしょうか。

正直言うと、「5か月(2021年1月~5月22日)」はきつかった!

2021年1月に展示会みたいな企画をやりたいな~とぼんやりとツイートしたことがはじまりで、1月中に看板キャラクターを考えたりサイトを作ったりTwitterを開設し、1月にも関わらずアクティブに動きました。(仕事柄1月は冬休みと被るので忙しい)

●イラストはお願いしました●

私も趣味で絵を描いているので全部1人でこなすという選択肢もありましたが、1人だと絶対手が回らない事が目に見えていましたので、今回は、イラスト・キャラクターデザインは、ご協力いただく形をとりました。お願いして良かったなと思ったのですが、正直言うと短期間で、イラストの点数が多かったと思うので、ご負担も大きかったと思います(すみません・・!)

しかし、すごく可愛いイラストとキャラクターデザインを通して、Twitterをフォローして下さった方が増えたり、イベントの中身やコンセプトに沿ったイラストのおかげで、私もがんばるぞ!というエネルギーにもなりました。

メインビジュアルの存在は大切だと思います。イラストではなくても、雑誌のようなおしゃれなビジュアルのイベントさんも沢山見かけ、かっこいいオシャレ、ジャンルが同じだったら参加したい・・って思いましたもの。なによりどういうイベントだろう?って興味を持つきっかけはメインのビジュアル(CDのジャケ買いみたいなものかな?)だと私は感じます。

ロゴデザインはフォントがいいのか手描きがいいのか迷ってしまって今回はフォントにしましたが、ちゃんと作れるようにしたいです。

体調管理だけでなく、個人で創作もしている人はそのスケジュール管理もしましょうね

個人の制作も抱えていて、その中で主催しようと決めました。自分の中で、今までやると決めた事は〆切を破らず、最後までやってきたので、過信しすぎていたところもあったのだと思います。

・・1月下旬に体調(精神)を崩しました。

4月に少し治りかけてきて、5月の中旬くらいになって気持ちが落ち着いてきました。春まではメッセージを頂いたら、お返事したり内容確認するのが精いっぱいで、正直言うとやめた方がよかったのかなと思うことが多かったです。

幸い、今は体調も良くなりつつありますが、この間までは趣味のお絵描きすら楽しいと思わなかったので、このまま症状が悪化していたら開催できなかったかもしれません。

また、その時「ゲーム制作(短めの作品1つ)」「ゲーム制作(そこそこ長い作品1つ)」「水面下でイラスト本のアイディア構成」と結構キツキツのスケジュールを組んでいましたが、結果的に短めのゲーム作品を1つ出せただけで、他の作品についてはスローペースになってしまいました。

企画を立てる方は、作るのが好き、見るのが好き、あるいは両方の方が多いと思うのですが、体調管理とスケジュール管理は本当に大事です。体調が悪い時に連絡対応をしてしまうと、とっても疲れるし、本当は感じる必要のないストレスを感じてしまうので、体調は良い方がいいです。

開催日について

●他のイベントと同じ日になってしまった●

狙ったわけではなかったのですが・・普段自分が活動しているジャンルの大きなイベントと同日になってしまいました・・(白目)

自分のメインアカウントのTLが大きなイベントの話題で持ちきりだったので、見るたびに、私、やってしまったなと反省ばかりしていました。

24時間の区分の仕方は他のイベントさんを見ていると色々とあり、こういう風にも出来たんじゃないかなと反省する部分が多々ありました。

例えば、金曜夜から土曜夜というスケジュールにもできたし、ログインしている人が集まれるように、1日3~4時間限定開催もアリだったかなと思います。

●土日開催?平日開催?●

私は土日祝日は休みがとりにくい仕事をしているため、土曜日の開催は正直言うと不安でいっぱいでした。
1か月前から休みは厳しいと思うので、短めの時間で上がらせてくださいと交渉していました。
理由もそのままオンライン上のイベントがあるためってお伝えしました。

参加しやすい人が多そうな土曜日にしましたが、次回pictSQUAREで開催するとしたら管理のしやすい平日(金曜日夜とか)にした方がいいかなと感じています。皆様の良識ある行動のおかげで、本人が長時間不在でもイベントは無事閉幕いたしましたが、やはり心配でした。

平日夜に開催されているイベントもありますし、イベントの時間や内容に同意できる方しか集まらないと思うので、参加するかもしれない人が参加しやすいではなく主催が管理しやすい日かなと実際、土曜日に開催して思いました。

pictSQUAREの利用について

私個人の感じ方ではありますが

・参加者さんからシステム手数料(こちらには一銭も入らない仕様です)を頂戴するのが申し訳ない気持ちもありました。
(主催者だけ無料としているのは、色んな方をまとめなければいけない大変さがあるから見逃してくれているのかな…と。)

・携帯電話を持っていない方や番号認証に抵抗がある方はイベント会場の入場が出来ないので、参加方法の幅をもう少し広く持ちたいと感じました。

・WEBサイトでの展覧会も検討したのですが、相手の方とのファイルや作品のやり取りの仕方が難しい、展示のイメージ・メリットが浮かばず今回は見送りの形になりました。

規模に関しては、14組のサークル様(うち1件は主催)にお申込みいただきましたが私的には運営・管理共にちょうどいい人数と感じました。

人数が多ければ多いほど、手作業のチェックが増えてしまったり、参加者さんに注意しなければいけない時もあるかもしれない。

それを考えると、この人数が私的にはちょうど良い数字と思いました。

(実を言うと10組のサークル様お申し込みがあれば嬉しかったので、ほっとしています。)

また、イベントは必ずしも、大規模である必要はないと思っています。

リアルイベントでも、コミケなどのような大きなイベントもありますが、地方で開催されるイベントもとても大事なイベントです。私は地元のイベントに行ったことがありましたが、イベントの空気は規模で変わるものではなく、そのイベントの雰囲気、取り扱っている物で変わるのだと思っています。大きなイベントだから出来る事もあるし、小さなイベントだから出来る事もある。元々、お話が苦手な方でも最初の一歩を踏み出しやすいイベントというのも目指していたので、小さくて良かったと思っているところもあります(気が弱くてすみません)ただ、最初は参加者様が少ない事により、会場費を支払って下さった方に申し訳ない気持ちもかなりあり、イベントの申し込み開始から1か月近くは、焦っていました。

pictSQUAREだったからこそ、出会えたサークル様が殆どだったので、使用して良かったなという思いはありますが、やっぱり、費用が掛かっちゃう※のが心苦しいし、費用が掛かっている分頑張らなくちゃ!とプレッシャーを強く感じていたので(悪い事ではないと思うのですが;)、次回がもしあれば、pictSQUAREではない場所(WEBサイトだったりTwitterだったり)も併用できたらいいなと考えています。費用や会員登録が億劫で参加できないのももったいないと思うので・・

(※=一応、本人不在でもOKだけど費用は掛かるので自己責任でお願いしますという趣旨の表記はしてありました)

pictSQUAREは、売り上げを増やす場所というより、同じ時間帯に仲間が集まって、ゆったりできて、こういう作品を作っていますよという思いを手渡せるような空間と私は思っており、システムも考えた人凄いにつきます。

サイトやブログについて

・サイトは、私個人のサーバー(?)を使っていたので管理は比較的しやすかったです。(広告も出ないよ)

・しかし、ブログの運用までなかなかできず、Twitterに頼ってばかりになってしまいました。すみません・・。

・画像も作ったりしましたが、画像だと内容が更新されていくので、更新されない画像(例えばLINEスタンプみたいに、よかったよ!って誰かを褒める感じの)を作ればよかったなーーって思ってます。

Twitterの運用について

・リプライやDMでお問い合わせしやすい環境づくりは整えたかったです。⇒メンタルが強くないので、マシュマロや質問箱といったものを使う勇気がないので、もう少し話しかけやすい人格構成を・・頑張ります。

・仕事がある日のツイートへの反応が遅くなった
⇒私自身、土日祝日が繁忙期で土日祝日のツイートの対応が遅くなりました・・

・いっそのこと、看板キャラクターに運用させた方がよかったのでは?

昇「それな!!」奏「こら!」まう「ふふっ♪」

Twitterのハッシュタグについて

・私個人が管理しきれていなかった

自分でどんなハッシュタグを作ったかを把握できていませんでした。
メモは大事だし、何でもハッシュタグで細分化すればいいものではなかったと思っています。

・エゴサが苦手な人には向かないかも?

いわゆるエゴサーチが苦手な方(私のことです)は
ハッシュタグを使って下さいというよりもツイートを作って
このツイートを引用して下さいと言う形にした方がよかったのかなと思います。
そうすることで、引用リツイート:10 など数字が表示されるので、調べる手間が省けたかもと思いました。

また、ハッシュタグをTwitterWEBサイトで
検索しても取得ミスが多々あったため応急処置程度ですが・・
・ハッシュタグのツイートを取得するウィジェット(無料プラン)をWEBサイトへ利用
・Joytterでタグ検索のカラムを作り常に確認が可能
の状態を作り、出来るだけツイートを見逃さない環境を作りました。

また、参加者様が必ずしもTwitterアカウントをフォローするわけではないので、フォロー・フォロワーではない場合は検索から除外される事もあるようです。

エゴサーチって簡単なようで、とても難しい・・いつも発言を拾っているVtuberさんとかすごいですね。

辛いと思った点

・普段表立って宣伝を積極的にするタイプではないので、苦手な広報・宣伝活動をしたこと。

・創作活動を抱えながら企画の運営は結構大変(先ほども記載しましたが、スケジュールキツキツだったり制作物抱えてるときはやめた方がいいです)

・体調を崩すと、スケジュールなどが全部崩れるので、体調管理は大事だなと思いました。(冬から春にかけて体調が悪く、規模を縮小(やりたいと思っていたことを削る)して開催しました。)

・一人で運営管理をしていると、対応は全部一人になること。

これに関しては、個人でやるか、複数で分担してやるか?についてはどちらも大変という事には変わりないので、言いだしっぺの人の得意不得意で行うのがいいのかなと思います。

個人で行う場合は、1人で全部対応しなくてはいけないので疲れも大きいです。1人で10人近くの対応をする時もあります。しかし、他のメンバーと情報の共有などをする必要はないので、最低限のコミュニケーションになります。(1人で10人対応する時があっても)

複数人で行う場合は、作業を分担して行うことは出来ますが、その分連携と信頼関係が必要で、1人が欠けると他の部分にもずれが出てきます。なので、こればかりは管理する人数が多いから良いとも言えないし、少ないから楽とも言えません。

・やりたい!と思ったことを全部やりきることができなかった。

奏、まう、昇についてはボイスもお願いしたかった。

Discordも開きたかった。

やりたいと思ったことを用意した期間(5か月)で全部やる事が出来ませんでした。とっても楽しかったけれど、とっても悔しい気持ちでいっぱいです。

楽しかった点

・会場エリアを自分で描きました。

見本

こんな自分でも、自分の培った経験(ゲーム制作)が役に立つときが来たんだ・・!!と会場を歩いているアバターたちを見て元気を頂きました。初めての手書きマップで、試行錯誤でした。あえてこのマップの店舗外見を利用して下さった方もいらっしゃって嬉しかったです。本当にありがとうございます!

・サークル様の情報を見て、こういう作品を作っているんだ!すごい!と純粋に嬉しくなったし、魅せ方も含め視野がぐんと広がった。

世の中広いな凄いな素敵ね!って純粋に楽しくサークル配置など考えさせていただきました。

・他のイベントのTwitterアカウントを拝見することで情報の魅せ方、企画の運営の仕方が勉強になったし、素敵なイベント自体の存在を知る事が出来た事が嬉しかったです。

・作品形式は自由とした理由がどんな作品も平等に扱いたい、創作活動は虹のように無限大であるという思いからだったので、1つのジャンルに偏らず、いろんな方からお申込みいただけたことがとっても嬉しかったです。

開催して良かったか?

いろんな経験が出来て知らない世界を知る事が出来たのでよかったと思っています。大変なこともあったけれど、終わりの時間が来てほしいような、来てほしくないような、寂しい感情もあったので、やっぱり開催して良かったんだなあと思います。


この記事が参加している募集

イベントレポ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
星屑べーかりー(麦星すばる)

宜しければサポートお願い致します。 頂いた資金は、今後の制作物の制作費用に充てます。

どうもありがとうございます!
こんにちは!星屑べーかりーの麦星すばると申します