新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

新製品開発プロジェクト、進捗報告します!

こんにちは。現在Scan Roomは休業中、STAMPチームも完全リモートワークとなり、動きづらい面もありますが、今夏の大幅アップデートに向けて新製品の開発プロジェクトが進行中です。今回は、新製品開発の裏側をシェアします!

STAMP_dev

STAMPの製品開発は、ユーザーの皆さんと一緒にプロジェクト化して進めています。プロジェクトの進行は、SlackやLINEのOpen chatを活用。ユーザー同士やユーザーからブランドへの双方向のコミュニケーションを取っています。また、深いコミュニケーションが必要な時はZoomを利用したビデオMtgを実施しています。今回は製品開発プロジェクトの中で、現在進行中の【Scrap and Build Project】【 \ T Shirts ver.0 pj】、そして【For remote Worker pj】について順にお話しします。

Scrap and Build Project

このプロジェクトでは、今後の製品アップデートに向けて現在のSTAMP製品を一旦ゼロベースで見直し、ひとりひとりにとって理想のジーンズを開発していきます。\JEANS ver.1.0〜ver.1.3をオーダーしたユーザー10名程度がプロジェクトメンバーです。 
画像4

プロジェクトは、①アイデア出し②サンプル製作③フィードバックと3つのフェーズで進めています。①では、2-3名ずつのZoomを利用したビデオMTGで、各々の理想のジーンズを議論しました。「普段はスマートフォンを必ず後ろポケットに入れているから、ポケットの位置を変えられるようにして欲しい」「会社はカジュアル出社OKだけど、ブルージーンズはNG。デニムらしいブルーでなく、ブラックが欲しい」「食前と食後でウエストサイズにかなり差が出てくる。ぴったりである上で、ゴムやドローコード等で締めたり、緩めたりしたい。」など、実際に着用して生活する中でしか見えない意見が多くありました。現在出たアイデアを元に工場でサンプルの製作中で、今月末には完成する予定です。仕上がったサンプルをプロジェクトメンバーが着用し、フィードバックをしてもらいます。それをもとに\JEANSの次回のアップデートを行っていく予定です。今後のプロジェクトの活動についても追って報告させていただきますので楽しみにしていてください。

画像6

\ T Shirts ver.0 project

このプロジェクトはSTAMPで初となる新アイテムの開発プロジェクトです。
わたしたちは、ジーンズだけでなくチノパンやシャツなどあらゆる製品を提案するサービスにアップデートしていきます。それに先駆けて、最も声の多かったTシャツの開発をスタートしました。アイデアブレストから始まり、正式リリースまで製品開発のすべてを一緒に行っていくプロジェクトです。現在は企画段階で、プロジェクトメンバーの声を元に製品の仕様や、生地、カスタマイズを検討中です。\ T Shirts ver.0 projectは、これまで2回の企画MTGを実施してきました。その内容について少しご紹介します。

スクリーンショット 2020-05-11 19.27.56

まずは、プロジェクトメンバーの普段のライフスタイルや、どのようにTシャツを着ているのかを中心にヒアリング。購入頻度や消費傾向も聞いていく中で、毎日のようにTシャツを着ている方や、夏の暑い時だけ着る方まで、多様な着用シーンが見えてきました。

次に聞いたのは、現状のTシャツに対しての悩みや不満。着用頻度が多いために「シワ、ヨレ、シミ等が気になる」、「サイズが縮んでしまう」などの悩みをがよく上がり、この声から着心地だけでなく、扱いやすいことが重要なポイントであることがわかりました。次に、理想のTシャツとはどんなTシャツなのかということをアイデアベースで出してもらいました。素材は必ずコットン100%にこだわっていたり、胸ポケットに熱い思いがあったり、絶対にシワにならないものが良いなど、普遍的なアイテムであるTシャツですが、一人一人とてもこだわりを持っていることが分かりました。ライフスタイルが多様なように、Tシャツへのこだわりも人それぞれ異なるようでした。

画像5

MTGで出た意見を元にわたしたちで試行錯誤を重ねた結果、特定のシーンや価値観にフォーカスして製品を作り込むのではなく、ひとりひとりの価値観、ライフスタイルに最適な製品こそが理想の製品であり、サイズだけでなく自分のライフスタイル最適なアイテムがスマートに手に入る体験をつくることが重要であると考えました。

現在、新しいオーダーシステム、製品や仕様の提案機能など、みなさんの多様なライフスタイルに最適なアプローチができる仕組みづくりを進めています!こちらの進捗は追ってご報告していきますのでお楽しみに。

For remote Worker pj

コロナウイルスの感染拡大に伴い、わたしたちSTAMPチームも完全リモートワークになり早1ヶ月。変化には慣れてきたものの、リモートワークならではの悩みや不満が浮き彫りになってきた今。みなさんはいかがでしょうか?「これまでは、出社することが基本だったため外出することを前提とした洋服がクローゼットのほとんどを占めている。自宅用の洋服といえばジャージくらい。リモートワークで在宅勤務になった今、外出する時の洋服で一日中家にいることも億劫なので、とりあえず持ち合わせのジャージで仕事をしている。」このような方が比較的多いのでないでしょうか。For remote Worker pjは、この急速な変化の先の新しい時代に最適な洋服とはどんな洋服なのか?をユーザーのみなさんと一緒に考えてつくっていきたいという思いからスタートしました。

画像4

まずは、STAMPユーザーのみなさんがどのような生活になったのか、ライフスタイルの変化にフォーカスを当てたヒアリングからスタートしました。ヒアリングでは、「ジャージで仕事も楽でいいけれど楽すぎてどうしても仕事に身が入らない。」「週に1,2回は週社したりリモートもしたりの生活で、環境に合わせて何度も着替えるのが面倒。」などの声が多く上がりました。また、今月は100%リモートワークだが、来月どうなるかわからない。来月から週の半分くらいは出社することになるかも。など、この先のライフスタイルが不透明なため、洋服を選ぶことに悩んでいる方が多かったです。そんなたくさんの声から、私たちはひとつの方向性を定めました。それが、『オンオフ問わずシームレスに着られる、自分専用ウェア 』です。在宅でも快適に過ごせて、外出するときにもしっかりきれいに見える。どんなライフスタイルでも、シームレスウェアこそが新しい時代に求められる洋服であると考えました。現在は、生地やカスタマイズなど細かな仕様を検討中です。ストレッチ性や吸水速乾など毎日の生活にシームレスに落とし込める製品を目指して検証を進めています。

画像5

各プロジェクトの進捗状況や、新しい開発プロジェクトの応募方法などはSTAMP_dev(LINE Open chat)で行っています。もちろんプロジェクトメンバーでなくても、だれでも参加いただけます。またプロジェクトへの意見や感想、STAMPの製品や体験に関する改善点やアイデアなどを受付中です。どなたでもご意見お待ちしています!

また、プロジェクトに参加いただいたユーザーのみなさんや、体験いただいた皆さんの声を元に、STAMPは2020夏、大幅なアップデートを決定しました!

現在、製品だけでなく3Dスキャンなどのオーダーシステムを含め、急ピッチで開発を進めています。また、6月初旬から3Dスキャナーでの全身スキャンを体験できるScan Roomの新規予約が再開し、同時に新しいオーダーシステムの試験運用がスタートします!公式LINEにてお知らせしますのでお楽しみにお待ちください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thank you !
9
世界に溢れる服では、もうフィットしない。サイズを、好みを、スタイルを。 あなたの今を「STAMP」する。未来を刻む全ての クリエイティブ・ワーカーへ 。あなたの毎日に革新を。 公式LINEアカウント ▷ https://lin.ee/ciDWG1W

こちらでもピックアップされています

D2C
D2C
  • 37本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。