不登校生徒への学習の促し~中3平方根~
見出し画像

不登校生徒への学習の促し~中3平方根~

学習支援塾すたでぃあ

中学3年生の不登校の生徒はこの時期、受験生となり、勉強と向き合わないといけないが、向き合えない、そんなもどかしさを感じるところだろうと思われる。本当はわかっているのだけど・・・そうは言っても、学校に行っていない分、何から始めればいいのか・・・

そういった時のアイデアを紹介したい。これは以前、私が不登校生徒の訪問ボランティアをしていた時にNPOの職員の方から教えていただいたものである。

中3の平方根から始める、というものでした。

どんな問題から始めるか、このような問題からです。

無題

√は同じものをかけると外れる。ルールはこれだけ。とても簡単。だけど中3の内容だし、似たような問題は作れる。

これによって、中1から始めないといけない、という心理的なプレッシャーは少しでも軽減ができるし、同時に自分にも中3の内容ができるんだ、という自信にもつながる。

何も順番に始めることはない、できそうなものからやっていけば、少しずつでも問題に取り組むことができる。

これはどの教科でも言えることだと思う。学年が下だからと言ってやりやすいか、そういうわけでもない、ということを私自身が学んだ経験でした。何かのヒントになれば。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
学習支援塾すたでぃあ
学習支援塾すたでぃあ(stadia)の塾長の川下耕平です。ここでは塾での取り組み、特に発達障害児に対する学習のアプローチについて考えていきたいと思っております。特にそういったお子様をお持ちの保護者の手助けになれるような記事にしていきたいです。趣味は映画鑑賞です。