新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ライブ配信反対派だった私がめちゃくちゃ感動したaikoの別枠ちゃん

先週の日曜夜、youtube 上でaikoのライブ配信がありました。

この日、本当はZepp Tokyoでライブツアーの最終公演がある予定でしたがコロナウイルス感染拡大防止のため延期になってしまい、でも会場は空いているし…ということで、特別に企画されたライブでした。そのタイトルは『Love Like Rock vol.9〜別枠ちゃん〜』。

行きたかったライブやフェスが軒並み中止・延期となり、今後の見通しも立たない中、ライブ欠乏症になりかけていた私はもちろん観ました。そしたら、もうめちゃくちゃ良くて。。ちょうど夜寝る前の22:00から1時間程度の配信だったのですが、明日からまた一週間仕事頑張れる!と思うような元気をもらえました。

(こんな感じ。ライブ配信はベッドに寝転びながら、お酒飲みながらでも楽しめます)

近年ではフェスやライブをネットで中継することも多くなってきて(でもまだ試行段階という印象)、そんなに珍しいことでもなくなりましたが、ぶっちゃけ私は反対派です。というか、ライブ音楽というのは全身で浴びるもの、五感で感じるものであって、その場でしか経験できないもの。ネット配信や映画館で観るライブビューイングなどとは別物という解釈です。

でも、今回だけは特別でした。ライブに観入ってしまって、画面からずっと目が離せませんでした。

無観客ライブなので、曲が終わってもMCのときも、当然ながら歓声や声援はありません。そんな中でもいつもと変わらず歌って、ステージ上を動きまくって、そんなaikoのパフォーマンスからは、“こんなときでも、音楽を届ける”というプロの姿勢を感じました。

MCでは今世の中が大変な状況であることにも触れつつ、“どんな日常でも楽しいことはある。みんなと一緒に楽しい気持ちを感じることができたらいいなと思っています”と、画面の先にいる私たちに向けて、どんなときも笑顔でいようねというメッセージを伝えてくれて。

アーティストにとって直接ファンに会えるライブができないだけではなく経済的な損失もかなりあるはずなのに、ネガティブなことは全く表に出さずに“youtubeで(ライブ配信を)できる機会をもらった”とポジティブに発信していたところには感動すら覚えました…!

youtubeやSpotifyなど音楽を無料で楽しめる環境が広まれば広まるほど、お客さんは音楽にお金を落とさなくなるのではという意見もあります。でも、どんな状況でもピンチをチャンスに変えるような、そのときできることを考えてその役割を全うするような、むしろそういうアーティストほど私は応援したくなります。

実際、私はaikoがもっと好きになったしライブにも行きたくなりました。

そして、私たちも自分のやるべきことをしなきゃなぁと思わされるライブでした。aikoありがとう!

#コラム #音楽 #コロナウイルス #ライブ #aiko

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

これからもマイペースにいきます♪
11
三重県のモノ・ヒト・コトにスポットを当てたwebメディア「ミエニアル」(http://mieniaru29.sakura.ne.jp/sm/) 編集長。 ※現在更新お休み中です

この記事が入っているマガジン

音楽まとめ。
音楽まとめ。
  • 38本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。