見出し画像

フリーランスとかバズるとか、そんなことより写真撮ろうぜ。

どーも、どーも。しんやです。

最近は、フリーランスとかバズるとか流行語のように飛び交ってるけど
まぁ、我ら写真好きはあまり気にせず日々写真を撮っていきましょう。
プロの世界やフリーランスのドロドロとしたバイの食い合いなんかはほっていて。ま、いきなりフリーランス宣言するかもしれないけどね。笑

でも、俺今の会社で部長だしなーー。ちょっと1年くらい旅したいんだけどって言ったら「こいつ、何言ってんだ」みたいな顔されてたしなー。笑

まぁ、そんなことはどうでもよくて。週休2日のたまに3日休める俺としては、休日をフルに活かして、そろそろ面白いことをやっていこうと思ってるわけです。はい。
皆さん、早めに乗っかってください。みんなのためにやるのです。

俺としては、自分は好きに生きてきたし同時に3つぐらいの人生をバランスよく過ごしてるから、特に高齢者になってまで生きるつもりもないし、なんか道筋を作ってこれから高齢社会を背負っていく20代から40代フォトグラファーに頑張ってもらいたく、写真でできるだけのことはやっていこうと思ってるわけです。

10年前より劇的に写真の考え方や稼ぎ方も変わってきてるわけ。

特に自信がない人達は、憧れの人を崇拝してその人の発言が全てだと勘違いしてる人が多いんだけど、真似しても意味ないからね。写真は内なる自分の衝動と視点にて生まれ出されるものだし、そうやって生まれてきた写真は愛おしいものでしょ。それを継続して自分のものにしていくの。そういう人達を俺達は引っ張り上げていくようにしていきたい。

そろそろみんなを巻き込んで何かしていきたい。それが数年後に大きな種となり、大きな実を産み落とすかもしれない。その時に応援してくれた人達はその実を齧る権利があるわけだ。
焦るなかれ、機は熟した時が一番美味しい。

まぁ、何にしろ週5日仕事しながら窓際で黄昏てる俺がどこまでいけるか、いけるのか?近いうちにプロジェクトを発表します。斜に構えることなく応援してもらえたら嬉しいなぁ。限りある時間の中でどこまで挑戦していけるか。楽しいねぇ。

ま、今日はこの辺で、では。また。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
91

こちらでもピックアップされています

また読みたい殿堂入りnote
また読みたい殿堂入りnote
  • 81本

げんが個人的にまた読みたいと思えるnote集です! 💗マークよりも更にお気に入りの記事です。 もし、このマガジンに貴方の記事が沢山あったら間違いなく、僕は貴方の書くコンテンツが好きです。これからも素敵な記事を楽しみにしております\(^o^)/

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。