マガジンのカバー画像

meets store (サスティナブルなお店)

6
【meets JICA中部ストア】https://8meets.jp/ ★meets (ミーツ) - フェアトレード/エシカルなどのサスティナブルをテーマにしたセレクトショップで… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

お店をはじめた3つの理由

お店がオープンして、あっという間の1ヶ月・・・はとっくに過ぎて、もうすぐ5月も終わろうとしています。 本当にたくさんの方々にお越しいただき、おひとりおひとりに想いをお伝えしています。 「どうしてお店を始めたのですか?」 私を以前から知っている人も、お店をやるなんて聞いてなかった・・・そうですね、私もこんな形で実現するとは思っていませんでした。 お店というチャンスが現れて、これまでやってきたこと・そしてこれからやろうと思っていることがここで実現できると思ったのです。

スキ
11

開店祝いのお花の代わりに…

開店祝いのお花の件、つづきがいろいろとあります。 どうやら、みなさんを少し困らせてしまっているようです。😅 え・・・送っちゃいけないの? す、すみません… そんな風に思われてしまっているかもしれません。ってか、そう感じますよね。 でも、この物議!?に、いろいろな方との新しいコミュニケーションが生まれて、とっても嬉しいことが起こっています。 お花の代わりに、フェアトレードのお花を贈ります!?中島さん meetsの出店、おめでとうございます! 投稿で、お花の受け取り

スキ
11

プラスチックのリユースに覚える違和感と、未来へ断ち切る決断

エコには3Rという言葉があります。 リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)の3つのR(アール)のRを合わせて3Rです。 ゴミになるものを減らし、使えるものは使い、捨てるなら再利用しようというものです。 私たちのお店は、できるだけ再利用をし脱プラスチックでゼロウェイストを目標にお店を作っています。 そこで、移転したり閉店したりするお店などがあれば、そちらに伺って使えるものを引き取って使うなど、捨てるものを減らして(Reduce)

スキ
6

開店祝いのお花について

開店のお花を贈ってもいいですか? お店の開店に伴い、お花を送りたいというご連絡をいただきました。 私もお花を送る時、あまり連絡をせず送ることが多いのですが、今回の店は小さいので、気を遣ってご連絡をいただきました。 この連絡をいただいたことで、たくさんのことを考える機会をいただきました。 送っていただいたお花の意味。 そのお花はその後どうなるのだろうか。 もらってから人に差し上げること、その後の破棄することをどう考えるのか。 お花を断るというのは失礼なのだろうか。 お花を

スキ
11

ゼロウェイストをめざすお店

meetsをどんな店にしたい? オシャレな店とか、居心地が良い店とか、人によってその捉え方は様々ですが、私が取り入れたいことの1つが、ゼロウェイストでした。 ゴミを出さないことはもちろん、ゴミを持ち込まないという観点。 そう、手に取ることで、捨てるということが始まるわけです。 リサイクルというのは、手に取ったものを分解して再生させること。 その言葉は浸透していますが、捨てると環境に負荷がかかるものであっても、できるだけリユースしようとは思うものの、やっぱり心地悪いの

スキ
17

お店のはじまりと、貴重な出会いの数々

エシカル/フェアトレードのお店を始めます。 その機会は、突然やってきました。 そして、怒濤の毎日がはじまり、そして、オープンまで1ヶ月となった3月10日。 プレスリリースを配信しました。 メーカーも店舗もこれまでのビジネスでやっていたものの、自分がゼロから主体となってやっていくのは、さすがに初めてです。 このお店のはじまり、そして進める中で不思議な出会いと繫がりが生まれています。 このひとつひとつの貴重なできごとと、このお店がどんなところに向かうのかを、記録してお

スキ
9