見出し画像

不思議体験「天の啓示」

「求めよ、さらば与えられん。」

これ、有名なフレーズですよね。
新約聖書の「マタイの福音書」にある言葉です。
「世俗や欲望を捨てて神に祈り求めなさい。さすれば正しい信仰・救いの手を与えられるでしょう。」というような意味だそうです。
今では「熱意を持って自ら行動し努力すれば、物事は成就しますよ」という意味で使われたりします。

---------------------------------

今から数年前のある日の夜、自室で翌日の仕事の準備を終え、寝る部屋に入りました。
私の家では夜になると、寝る部屋の壁にスクリーンをかけて、テレビや動画配信サービスの映像をプロジェクターに映しており、その日も布団に入ってスクリーンをぼーっと眺めていました。
海外ドラマの「スリーピーホロウ」をやっていたと思います。見る気もなく適当に流していたのですが、突然

『『求めよ、さらば与えられん。』』

という字幕の言葉が、まるで3D画像のように飛び出してきました。

ドラマでは古い地下道かどこかで1組の男女が何かを探している途中で、「求めよ、さらば与えられん。という言葉もあるしね。」みたいなセリフを言っていたと思います。

海外ドラマなので俳優は英語でしゃべっていたのですが、まるで日本語を話しているかのように聞こえました。
頭の中が、そのフレーズの映像や音で埋め尽くされ、その他の事が何も考えられなくなり、胸がドキドキして体が固まってしまいました。
映像は既に次のシーンに移っているのですが、目から入る映像では、その字幕が表示されたシーンがまだスクリーンに映っているように感じていました。

しばらくして胸のドキドキが治まり、ようやく体が動かせるようになった時、
「なんだ?! なんなんだ??!!」
と胸がざわつき、その夜はなかなか寝付けませんでした。
でも、次の日改めて、あの言葉の意味を考えたとき理解しました。

「今の状況を抜け出すには、自分から動かなければいけないんだ」と。

当時の私は、パートナーとうまくいっていないせいでかなり憔悴しており、それは仕事とプライベートにも影響を与えていました。
やらなきゃいけない事はたくさんあるのに手が付けられない。たくさんの情報や物がたまってきているのに体が動かず、いろんなモノに埋もれているような心持ちでした。

当時「シンプルライフ」という言葉をネットで見かけたのを思い出し、まずは自分の周りを整理整頓しようと決めました。
家と仕事場の私物を要不要で仕分けして、必要ない物は寄付または処分することで、持ち物をかなり減らしました。
持ち物が少なくなると、心と脳がスッキリして体が動くようになり、日々のタスクをある程度こなせるようになりました。

「この調子でいろんな事がうまくいくかもしれない」と期待していましたが、持ち物を減らして少しした頃に食あたりで発熱し、その後インフルエンザのA型とB型に続けてかかり3週間ほど寝込んでしまいました。
さらに、インフルエンザから回復したかなと思った頃に咽頭浮腫を発症し入院してしまいました。
まさに泣きっ面に蜂。咽頭浮腫にかかった時は特に喉が痛くて息苦しくて本当に辛かったです。

体調を壊して寝ている状態が続いた約1か月間、何度かパートナーと連絡のやり取りをしました。
私の事を心配してくれており、このまま良い関係が続けばいいなと思っていましたが、私が退院して1週間後、彼から別れを告げられました。

そのとき、なぜだかそんなに悲しくありませんでした。
胸がチクりと痛んだだけで、心の枷が外れて自由になったように感じました。
今思えば、不要な物を取り除いていった時点で、彼との関係も必要の無いモノになっていたんでしょう。

あの夜の『求めよ、さらば与えられん。』というフレーズは、なんというか、ある種の超越的な存在が私に指し示した言葉だったんじゃないかと思います。
当時の私はヘドロだまりの中をもがき苦しんでいる状態だったので、見るに見かねたご先祖様か何かの魂だかが、ちょうど良いフレーズの映像が流れたときに、喝を入れるため、あの衝撃的な感覚を私に与えたんだろうと。

いろいろな物を処分した後、1か月間体調を崩したのは多分、体の毒出しと休養のためだったのでしょう。
そして、苦しみの根源であった彼との関係について、彼から去って行ってくれたのは、病み上がりの私にはとてもありがたい事でした。

あのおかげで、私は人生の一区切りをつける事が出来ましたし、価値観がガラリと大きく変わり、自分の行動が変わったと感じています。

『求めよ、さらば与えられん。』

このフレーズは当時の私にとって、まさに天啓だったと思います。

---------------------------------

インフルエンザ後に咽頭浮腫を発症した時、不思議な体験をしました。
これは、「実家で起こったほんのり怖い怪現象5【百鬼夜行】」でお話した「目を閉じていても、まるで目を開けているように景色が見える」という現象の体験です。
このお話は、また別の機会に。

◎追記
インフルエンザ後に咽頭浮腫を発症した時の不思議な体験、書きました。
 → 不思議体験「予知夢」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださってありがとうございます! ありがたく頂戴いたします!

ありがとうございます!また見に来てくださいね★
3
会社で働くウェブクリエイターのエンディングノート的創作活動の跡です。過去に書いたものも含め公開していきます。 日常をとりまく様々な事についていろいろと書いてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。