伊藤あみなさん 取材日記④ <編集後記>

画像1

あみなさんの絵を初めて見た時、絵本をめくっていくみたいだと思った。

1枚の中にギュッと詰まった色とりどりの幾何学模様が、訳の分からないパワーを感じさせる。

ひたすらにユーモアに溢れていて踊りを踊っているように楽しい。

そして時には、優しく美しい月夜の光のように柔和だ。

1枚の絵から様々な感情や情景が溢れるあみなさんの絵は、ご本人が夢で語ったように、いつかきっと絵だけには収まらなくなる。

さなぎが蝶に羽化するように、更に美しく大きなものへと変化する、その瞬間に、立ち会いたい。

その時間を見逃さないように、この先もあみなさんが生み出す世界に寄り添っていきたい。

そんな思いを持った。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
写真家とカメラマンの2人が、職人さんの手仕事から生まれる「本物」の作品を独自の視点で紹介します。 webと企画展をメインに展開します。 新潟市秋葉区新津本町3丁目4-22 三方舎書斎ギャラリー1階 視点―shiten 運営 株式会社三方舎sps-i.jp