見出し画像

社会人が統計検定2級に挫折しないための勉強戦略

統計検定を受けようと思ったきっかけ

マーケティング施策のABテストやデータ分析に統計的な知識が必要になってきたから

こんな人間です

▶︎社会人(エンジニア)
▶︎理系大学卒
▶︎統計は標準偏差くらいしかしらないポンコツ

千里の道も一歩から作戦

いきなり2級に飛び級するのではなく、まずは3級目指しました。

3級のレベルを見ると以下のようになっています。

大学基礎統計学の知識として求められる統計活用力を評価し、認証するために検定を行います。
引用:http://www.toukei-kentei.jp/about/grade3/

2級のレベルを見ると以下のようになっています。

大学基礎課程(1・2年次学部共通)で習得すべきことについて検定を行います。
引用:http://www.toukei-kentei.jp/about/grade2/

高校レベルもままならないレベルの私にとって、3級から始めた方が近道だと考えました。2級の大学レベルにいきなり飛び級するよりも。

勉強するための環境づくり

私は家で勉強しました。しかし、ひとり勉強しつづけられるほどモチベーション高く保てない自信がありました。

なにかいい方法ないか模索していた、そんな時にYouTubeで発見したのがこちら。

勉強Live

勉強している様子がリアルタイムで24時間ライブ配信されている動画です。これを流しながら勉強することで、誰かに監視されている感がうまれ、結果的に勉強を継続することができました。まるで自習室やカフェにいるような感覚におちいります。

こんな様子。Google Nest Hubに繋げてたれ流してました。

スクリーンショット 2020-03-30 21.22.17

思い返してみると、実はコレが一番大事な要素だったと思います。勉強Liveがあったからこそ勉強し続けられたといっても過言ではない。

次に、具体的な勉強方法を書いていきます。


統計検定3級の勉強方法

総務省統計局が提供する動画を一通りみました。信頼性が高く無料で見れてGood。


過去問を3週しました。問題に慣れるためと回答速度をあげるためにやりました。試験はとにかく時間がありません。問題を読みながら解答への道筋が見えるレベルになるまでに3週が目安です。

画像2


ただし過去問には解説がほぼないという弱点があります。そんな時に参考にしたのはこちら。BellCurve。こちらもわかりやすくかつ信頼性も高いです。


3級の合格ラインは30問を60分で70/100点以上、つまり21/30問正解が合格ラインです。実はこれ、やってみるとかなりきびしい条件です。試験中に考えている時間はありません。

ですので、解答速度を鍛えることを目的に過去問に注力するとよいとおもいます。

▶︎勉強時間:22時間
▶︎勉強期間:2週間
▶︎勉強ペース:平日は1時間 / 休日は3時間


統計検定2級の勉強方法

まず過去問をみながらわからないところはググる戦法

これは失敗でした。体系的な知識を理解してからでないと手も足もでないです。毎回ググるのですがその内容すらも理解できない。統計知識もままならない私からしたらこれは非効率でした。

さらにいえば、このやりかたはテストで満点とれればいいだけの方法であり、資格だけが手に入るだけの全く意味のない方法であることがわかります。

そこで、まずは2級範囲を体系的に基礎固めするところからはじめました。


基礎からコツコツ戦法

利用したのは「例題で学ぶ初歩からの統計学」という参考書です。下の写真の中央の本です。

画像1

基礎的知識から検定、回帰分析まで一通りの内容を計算問題を通じて学べる一冊でした。解説や計算過程が丁寧なので教科書+問題集として使えて独学に向いていると思います。

それでもわからないところは統計学の図鑑(まなびのずかん)で理解を補いました。これは図解がわかりやすくイメージで理解することができる本でした。

そして、基礎を固めたあとに3級の時と同様、過去問+BellCurveで試験慣れする方法をとりました。

この方法で2ヶ月くらいかかりました。大変だった。。

▶︎勉強時間:98時間
▶︎勉強期間:2ヶ月
▶︎勉強ペース:平日は1時間 / 休日は3時間


結果

やったね✌️

3級

スクリーンショット 2020-03-30 0.45.28

2級

スクリーンショット 2020-03-30 0.45.39

最後に

みなさんも統計スキル身につけて、ご自身のスキルアップに役立ててみてはいかがでしょう?

ちなみに、統計学を勉強しなくても、これまでの経験値で統計的に物事を考えられるマーケターは存在します。というか私の周りのマーケターはそうです。まじですごい。

無理に学習する必要はないと思いますが、様々な業種で応用が効くため知識として知っておくに越したことはないと考えます。

では、よき統計ライフを!

====

ちなみに、敢えて選ばなかった参考書がありました。あくまで個人的な見解です。

▶︎統計検定 公式参考書
とにかく説明が不十分と定評

▶︎ハンバーガー統計学
わかりやすいようでわかりにくかった。マンガでわかる○○と同じ部類

▶︎統計学入門 (基礎統計学Ⅰ)
素人には難しく、結局はググってBellCurveにいきつく。ググる時間が無駄だった。ただし、これが世の中で良書といわれ信頼性が高く、将来的に一冊もっておくことをおすすめしたいです。あくまで初学者が統計検定2級を勉強するには読み解きにくいというところでした。

#勉強方法  #統計検定2級 #社会人


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
tokukichi

よろしければサポートお願いします!クリエイター費として利用させていただきます!

スキありがとうございます!
9
エンジニア。集客、CRMの推進・進化をエンジニアリングで解決しています。知識、経験をnoteで配信中