見出し画像

『しあわせの保護色』/乃木坂46の歌詞について考える

25thシングル表題曲『しあわせの保護色』、8th YEAR BIRTHDAY LIVE最終日で披露され、そして我らが『乃木坂46のオールナイトニッポン』にて音源も解禁されましたね。

自分含め聴いた方の中には、初期のカップリング曲を思い出す人も多いようで、確かに最近はあまり見られなかった暖かい感じの優しい曲調で。

まさに「まいやんを暖かく送り出すラストソング」という感じのとても良い曲です。

そんな『しあわせの保護色』について、色々考えてたら色々出てきまして。この曲についての勘違いとか、気付きとか、そういうのもありまして。ということで色々書いていきます。

しあわせの?

まず取り上げたいのはタイトルの意味、というか示すところ。我らが『乃木坂46のオールナイトニッポン』で解禁された音源から歌詞を聴き取ってみると、それはサビにハッキリと現れている。

しあわせはいつだって近くにあるんだ
保護色のようなもの
気付いてないだけ
しあわせは少しずつ見えてくるものさ
変わらない毎日に紛れていたんだ

※細かい部分は正しくない可能性があります。あしからず。

しあわせは、普段過ごしている時は気付かないけど、本当はいつも近くにある。紛れていて見えないだけで、本当はずっとそこにある。

そんな風なことを言っている。オーソドックスなようで、普遍的な大切なことだ。

これを「卒業ソング」らしく解釈すると、「まいやんが一緒にいる間はわからなかったけど、離れてからその存在の大きさに気付く」みたいな風にも汲み取ることができる。

(気付いてないわけねえけどな!という声が聞こえた気がしますが、わかる。気付いてるっての!)

ただここまで読んでみてタイトルを振り返ってみると、「ん?」と思うわけです。正確には「の?」と思うわけです。

<しあわせは><保護色のようなもの>と言っている以上、『しあわせの保護色』というタイトルの付け方は少々違和感を感じるわけです。

このラインそのままの意味を持たせるなら、日本語的には『しあわせは保護色』とかでなければおかしい。てにをは。文章メンヘラ(僕のことです)はこういうのを絶対に見逃さない。

だがこれがミスなんぞではないことくらいわかる。であれば、そこには"意味"が含まれているはず。文章メンヘラ(僕のことです)はこういうところから見い出さずにはおれない。

だから、ここからはタイトルについて考えてみたい。

保護色?

ここで、一旦先に整理したいことがありまして。それは以下のnoteを拝読したことがきっかけなのですが、

こちらではまず導入に「保護色」というものの説明を書かれていて。

それを読んで、あ!と。完全に勘違いしてた!と思いまして。

こちらを読むまでうっかり「捕色」の意味で捉えていました。正しくは「保護色」なわけですね。

一応言葉を説明すると、補色については割愛として、保護色とは端的に言えば「擬態」がそれに当たる。

生き物が外敵から自らを守るため、または獲物を待ち伏せるため、周囲の色に溶け込んで身を隠す。

例えば、緑色の虫が葉っぱの中に紛れたり、茶色でブツブツ柄の魚が砂表に紛れたり。あとシロクマとかも雪景色に紛れるために白い体をしていたり。カメレオンなんかは、逐一環境に応じた保護色に体の色を変化させる。

で。じゃあここからは、正しい意味を踏まえて『しあわせの保護色』について考えていこうじゃないかと。

とはいえ、結論はある程度お察しの通りになると思うので、サクサク進めます。

上に書いた言葉の意味に基づいて「保護色」という言葉を「背景に溶け込む色」と捉えると、このような式ができる。

「保護色=背景と同じ色、背景そのものの色」

この式を元にすると、『しあわせの保護色』について以下のように考えることができる。

「しあわせの保護色=しあわせと同じ色、しあわせそのものの色」

上でも書いた歌詞にも<紛れていたんだ>というフレーズがあるが、しあわせに紛れて溶け合い同化する、ほぼ同じ色を示している。

つまり『しあわせの保護色』という言葉自体がまた特定の色を指しており、それはまた「しあわせ」と同じ色、「しあわせ」を表す色と言える。

そしてその色とは、もちろんご想像の通り、今作を以てグループを卒業し、今回センターを務める白石の"白"であるとしたい。

そしてその"白"を先の式に代入するとこうなる。

「白=しあわせと同じ色、しあわせそのものの色」

"白"とは単に名前から掬い出したものではなく、白石の人として持つイメージから連想した色でもあるし、それは言わずもがな、白石自身を表す色(ないし文字、言葉)である。

であれば、白石麻衣その人が「しあわせ」に溶け合うそのものの"色"と言える。

『しあわせの保護色』とはつまり、一周回って結局「白石麻衣」を指す言葉なのだと言えるわけです。

"エモ"だけでも「まいやんの事だ……!」と言えるしそれは間違っていないけれど、順序立てて考えた上でこの結論を出すことができる。というわけです。

しあわせ?

先のnoteでは『なぜ「幸せ」ではなく「しあわせ」なのか』ということを主題の疑問として提示されていまして。またその理由の仮説として、以下の三点を挙げられていました。

1.字面の雰囲気を優先させた説
2.画数を気にした説
3."幸せの保護色"は必ずしも"辛さ"ではない説

詳しくは是非上のリンクからお読みいただければと思います。

そこで今回、ちょうど考えていたことがそれへの一つの回答(新たな説)になりそうなので、ここからはその話をしていきます(先に書きますが、あちらで挙げられていた説をくつがすことなく、同居し得るものになっているかと思います)。

端的に言うと、これまでも「しあわせ」というひらがな表記で歌詞に用いられてきた。代表的なのは『Sing Out!』である。

ここにいない誰かのために
今何ができるのだろう
皆が思えたらいい
自分のしあわせ
少しずつ分け合えば
笑顔は広がる

このほか、例えば『君の名は希望』や『シンクロニシティ』でも同様にひらがな表記の「しあわせ」を用いている。

孤独より居心地がいい
愛のそばでしあわせを感じた
世界中の人が誰かのこと思い浮かべ
遠くのしあわせ願うシンクロニシティ

(このほか、気になるものとして『今、話したい誰かがいる』『オフショアガール』などを挙げたい)

話したい誰かがいるってしあわせ
陸から海へと吹く風
遠くて近くのしあわせ

『君の名は希望』や『シンクロニシティ』、『Sing Out!』がいかに乃木坂46にとって大事な楽曲であるか、それはこれまでも散々書いてきた。ここ何本かのnoteでは必ず『Sing Out!』の話をしちゃってるくらい書いてきた。

これらは「乃木坂46が目指すもの」それを少しずつ段階を踏んで描いたものだ。そして、約8年のキャリアを経て辿り着いた一つの到達点、それが『Sing Out!』である。

この想い届け Clap your hands
風に乗って飛んでいけ愛の歌
仲間の声が聞こえるか?
Bring Peace! Bring Peace! Bring Peace!

それらの楽曲は上に書いた通り乃木坂46の一つの"主張"として非常に大切なものであるが、今回の『しあわせの保護色』はまいやんの発表を受けた「卒業ソング」である。

グループにとって大切であることはもちろんだが、また違うベクトルのものと思われた(少なくとも自分はそう思っていました)。

しかし「しあわせ」という表記の共通点。ここから、この曲と『Sing Out!』らのリンクが見い出せる。『しあわせの保護色』が乃木坂46が発するべきメッセージを孕んだ、それらと同じ線上にある曲なのだと理解できるようになる。

『Sing Out!』は、これまで「僕」と「君」の1対1で行われてきた救済を、遥か遠くの<ここにいない誰か>のために行おうという壮大な曲だ。そこに乃木坂46が辿り着いたことに、感動したつもりでいた。

だが『しあわせの保護色』を踏まえて考えると、『Sing Out!』において乃木坂46が届けようとしていた(それを皆が出来たらいいと願っていた)「しあわせを分け合う」その行為、それが何からどうもたらされたのかが見えてくる。

上で、

であれば、白石麻衣その人が「しあわせ」に溶け合うそのものの"色"と言える。

と書いたわけですが、つまり白石麻衣が「しあわせ」の象徴とも言える。

(白石その人を投影した『オフショアガール』でも用いられている辺り、よりそれは補強されるように思う)

であるから、『Sing Out!』等で歌われている「しあわせ」は、そもそも「白石麻衣その人がもたらしたもの」なのではないか。それを乃木坂46が、それぞれの楽曲を通して歌っているのではないか。そう言えるのではないだろうか。

それこそ、今回の卒業発表を受けて、同期や後輩たちメンバーがブログ等々で綴ったり各所で語った言葉を鑑みると、そのエピソードが表に出ている/いないを問わず、まいやんがいかにメンバーに「分け与えてきたか」がわかる。個人的にも、認識を改めなければ、と襟を正すほどにそれがわかった。

『Sing Out!』単体で見れば、それは良くも悪くも普遍的なメッセージのように受け取られた。<愛><Peace><しあわせ>という言葉を歌詞に用いているが、それらはあくまでも広く届けるためのものであり、敢えて言うなら「誰にでも届くためフォーカスをとにかく広げた」ものであるようにも思えた。

しかし、そこで歌われている<しあわせ>が白石がグループにもたらしたものであるならば、これらの曲の持つ意味が一つ深くなる。

乃木坂46のメンバー(例えばセンターを務める齋藤飛鳥ちゃん、上から"秘話"が読める後輩・渡辺みり愛ちゃん)らが、白石から「しあわせ」を与えられた。そして、それに救われてきた。

白石からもらった「しあわせ」、それは自身の胸の内だけで温められてきたが、時を経て少しずつ人に分け合う意識を得て、目の前にいる人をはじめに手を差し伸べ(ex.『君の名は希望』)、そして『Sing Out!』に到達し、いつしか広く解き放たれた。

そう考えると、グッと深みが生まれるわけです。一つの軸が通ると言うか。

「普遍的な愛の歌」であると思われていた『Sing Out!』が、実のところ彼女達がそのグループのメンバー同士で互いに与え、与えられた「しあわせ」を歌っている。

上で挙げた『Sing Out!』をはじめとした楽曲らが、単に普遍性を持つだけではなく、「乃木坂46の歌」として彼女達の第一人称で歌われたものとして輪郭を表す。それ故、より説得力を持つようになる。

どこかばく然としていた<愛><Peace><しあわせ>が、彼女達がグループとして歩んだ歴史、メンバーとして・友人としての関わり合いを通して培われたものであることが、鮮明に見えてくる。その尊さは既に我々にとって知れたものだ。

(かつ、彼女達にとっての「しあわせ」は人と人との繋がりをして得たものであり、歌詞上のそれらもメッセージとして一層意味が明確になる)

そういった経緯を経て、白石が1人のメンバーとして乃木坂46というグループ内で発してきた「しあわせ」を、それを受け取った今の乃木坂46が世界中の人に分け与えようとしている。

『しあわせの保護色』を補助線に、乃木坂46の楽曲についてこうした見方が出来るのではないかと思うのです。

この考え方を、「幸せ」ではなく「しあわせ」としている一つの説として挙げたい。

※※※

ちなみに、乃木坂46楽曲では逆に「しあわせ」ではなく「幸せ」の表記を用いているものもある。それはもう、もちろんある。

「幸せ」の表記を用いている曲は、例えば『ないものねだり』や『つづく』が挙げられる。

なぜ人は誰も目の前にあるこの幸せだけで
今日を生きられないの?
明日僕たちはすこし夢に近づいて
ふと気づく 幸せ

今の時点で詳しく比較して検証していないので、その表記の使い分けが意味するところに答えを出せていないが、簡単に仮説を上げてみる。

これらの曲は橋本奈々未ちゃん、西野七瀬ちゃんの卒業前最後のソロ曲である。であれば、この「幸せ」とは彼女達が乃木坂46としての"これまで"を回想して発している言葉だと考えられる。

その"これまで"には、白石に限らず、様々な人、もの、こと、諸々が含まれるだろう。故に白石がもたらした「しあわせ」に限らない、としているのかもしれない(「まいやんは関係ない」ではなく「ほかにももっと沢山」ということ)。

ただしこれらの曲は恣意的に選んだものなので、卒業に関わる曲に限らず「幸せ」が用いられていることにご留意いただきたい。

保護色

最後に余談と言うか、そうだったら良いな、というささやかな希望を一つ。

現時点(2/29)で『しあわせの保護色』が実際に披露されたのは8th YEAR BIRTHDAY LIVE最終日のみ。

そこで見たこの曲の振り付けで特に印象的だったのが、中盤の大園桃子ちゃんとまいやんが手を取り合う箇所で。最後列中央でまいやんの背中を見据えていた彼女が、手を引かれて前に出てくるところです。ライブビューイングで観た限り、2人共とても素敵な笑顔をしていました。

これは『ハルジオンが咲く頃』でまいまいこと深川麻衣ちゃんと堀未央奈ちゃんが、『夜明けまで強がらなくてもいい』で桜井玲香ちゃんと遠藤さくらちゃんがそうしたのと同じように、次世代への"継承"を現わしたものだと思われる。

(意味を広く解釈すれば、『帰り道は遠回りしたくなる』間奏のくるくるも該当する)

もちろん、まいやんと桃子の関係を思えば、この瞬間にはそれ以外の想いもふんだんに含まれ、そしてそれが交わされていることは想像に難くない。

だがまず一つ、『しあわせの保護色』において"白"石に手を引かれて前に立つ"桃"子、と考えると「おっ」と思うわけです。

なるほど、今までの『しあわせの保護色』は"白"、そしてこれからは…………ってね。

小粋に締まったところで以上。



(選抜発表直後の興奮を綴ったnoteはコチラ)

(25thアンダー曲について、これまでの曲と絡めて考えたのはコチラ)

(我らが『乃木坂46のオールナイトニッポン』についてはコチラ)

(まいやんの卒業発表を受けて、もろもろ盛り込んで書いたのがコチラ)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!仲間!
17
乃木坂46について色々と書いてます。批評ではない。基本的にツッコミながら読んでいただければ。
コメント (2)
私の記事を紹介の上「新たな説」をご提示くださりありがとうございます。他の楽曲やメンバーのエピソードを交えながら考えているところが良いですね!
一点、「保護色と補色は〜」の下りは、ツイート主さんに申し訳なく感じたので、数日前に消去しました。せっかく触れていただいたのに申し訳ないのですがご了承ください。
また考察楽しみにしてます!
あ、そうだったんですね!中身をよく確認せず載せてしまい失礼しました。こちらも合わせて内容修正しておきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。