つぼた

坪田将知。SPOT DESIGN。プロダクトデザイナー。デザインバカの人。デザイン視点で何かを分析するのが趣味。ウェブサイト:https://spotdesign.jp インスタグラム:https://www.instagram.com/spotdesign_tsubota/

つぼた

坪田将知。SPOT DESIGN。プロダクトデザイナー。デザインバカの人。デザイン視点で何かを分析するのが趣味。ウェブサイト:https://spotdesign.jp インスタグラム:https://www.instagram.com/spotdesign_tsubota/

    マガジン

    • つぼた映画館

      映画、アニメ、コント、漫才、ラーメンズ、小林賢太郎作品が好きなつぼたが、オススメを紹介したり分析したり解説したりするマガジンです。

    • つぼたの選ぶ日用品

      ズボラなデザイナーつぼたが調べて、比較して、買って、検証するを繰り返し行き着いた「良い日用品」を紹介します。比較的安めで、意外な使い方だったり、すぐに手に入るのに案外知らなかったりする日用品たちです。

    • つぼたの日常と試行錯誤

      試行錯誤を繰り返して行きついた生活方法や、これやって良かった!を紹介します。「自分の好きの基準を見つける方法」などはこちら。

    • つぼたの選ぶ逸品

      デザイナーつぼたが日々調査する中で出会った至高の品や、欲しくてもなかなか手に入らなくてあちこち駆け回りながら手に入れた製品など「これは最高の品だ」と感じた、一生を共にするつもりで購入したモノを紹介する製品たちです。

    • 坪田のデザイン思考

      物事の分析・解説、インサイト、デザインする上で知っておきたい知識、デザインしたものの話などを紹介しています。

    つぼた映画館

    映画、アニメ、コント、漫才、ラーメンズ、小林賢太郎作品が好きなつぼたが、オススメを紹介したり分析したり解説したりするマガジンです。

    すべて見る
    • 6本

    映画をもっと楽しむための知識

    どうも映画好きデザイナーつぼたです。 ハリウッド映画を観ていると、日本ではあまり聞かない略語や単語や組織名が多く出てきます。知らずに映画を観ることもできますが、知っていた方が深く楽しめる、そんな「映画を楽しむための単語・知識」を集めました。欧米、特にアメリカ合衆国に関する内容が多いです。 1:組織・団体FBI(連邦捜査局) 正式名称は「Federal Bureau Of Investigation」。アメリカ合衆国は連邦国家です。各州によって法律も警察組織も異なります。犯罪

    スキ
    11

    おすすめホラー映画

    映画好きのデザイナーつぼたです。アクション/サスペンス/ホラーなどを中心に観ており、前回「おすすめサスペンス映画10本」を紹介しました。今回はおすすめホラー映画10本を紹介したいと思います。内容は人怖、心霊、怪物などです。ゾンビ映画・トラウマ映画は別に紹介しようと思います。 映画のポスターデザインに関するnote記事「なぜ日本のポスターはダサいと言われるのか」も書いているので、興味がある方は読んでみてください。 01、イット・フォローズあらすじ ジェイは恋人ヒューとデート

    スキ
    12

    本や本屋が楽しくなる映像作品

    映画大好きデザイナーのつぼたです。私は最近本のコミュニティに参加していて、本や本屋に触れる機会が増えてきました。映画・映像好きな私が、本や本屋にまつわる映像作品を集めてみました。かなり偏ってはいるけど、気になったものは是非観てみてください。 01、映画&アニメ舟を編む 玄武書房で38年辞書一筋の編集者・荒木が定年を迎えようとしていた。なかなかめぼしい荒木の後任の人材が見当たらない中、荒木の部下・西岡が言語学部の院卒で変人と噂される馬締の情報を仕入れる。名字の通り性格は生真

    スキ
    17

    おすすめサスペンス映画10本

    映画オタクのデザイナー、坪田です。私は映画が大好きで、暇があれば映画を観ています。映画への思いを元に自由にポスターをデザインするオルタナティブポスターも作成しています。 映画のポスターデザインに関するnote記事「なぜ日本のポスターはダサいと言われるのか」も書いているので、興味がある方は読んでみてください。 映画の中でも、ドキドキワクワクする映画が好きで、アクション/サスペンス/ホラーなどを中心に観ています。今回はそんな中から、おすすめサスペンス映画を10本紹介したいと思

    スキ
    8

    つぼたの選ぶ日用品

    ズボラなデザイナーつぼたが調べて、比較して、買って、検証するを繰り返し行き着いた「良い日用品」を紹介します。比較的安めで、意外な使い方だったり、すぐに手に入るのに案外知らなかったりする日用品たちです。

    すべて見る
    • 17本

    デザイナーの日用品-17.小物収納2

    無印良品「ポリプロピレン小物ケース・L」小物ケース/日本 以前、デザイナーの日用品で「小物収納」を取り上げました。デザイナーの日用品-03.小物収納は、ありがたいことに、デザイナーの日用品シリーズでも一番好評をいただいています。 今回の製品を紹介する上で、まず私がデザイナーの日用品-03.小物収納で求めていた条件7つをおさらいします。 01・小さすぎず、しかし邪魔にならないサイズであること 02・立てて収納できること 03・変形しない程度に丈夫であること 04・蓋がつい

    スキ
    10

    デザイナーの日用品-16.ティシュ

    LAWSON「ティシュペーパー180組5個」ボックスティシュ/日本 日常的に使用するものといえばティッシュですよね。今回紹介する商品名がティシュなので呼び方を統一して「ティシュ」と呼ばせていただきます。 日常的に使用するティシュの箱ってカラフルなものが多いです。理由としては消耗品にありがちな「販売時のデザイン = 使用時のデザイン」であるため、売り場での見え方を重視していることが理由の一つです。売り場での商品をそのまま使うと、部屋の中の調和を崩してしまうのは当たり前。部屋

    スキ
    19

    デザイナーの日用品-15.卓上ほうき

    REDECKER「BOOKブラシ」卓上ほうき/ドイツ デスクの上にはキーボードや本や小物、様々な凹凸がありますよね。そこに埃が溜まってどんどん汚れていきます。掃除はしたいけど、掃除機では細かいところを掃除しきれない。ひとつひとつ丁寧に拭き取っていくのもとても大変です。 そこで私は、無印で「木製卓上ほうき」を購入してみました。まぁ柄のフォルムはシンプルで美しいし、細くて便利だけど、毛が長めで数種類の毛が整えていない白髪のように含まれています。言ってしまえば毛と素材に「重み」

    スキ
    16

    デザイナーの日用品-14.エコバッグ

    MARNA 「ShupattO(シュパット)」 エコバッグ/日本 2020年7月1日よりレジ袋の有料化がスタートしましたね。これを機にエコバッグを使うようになった人も多いのではないでしょうか。私は利用するスーパーのレジ袋が有料だったことから、時々エコバッグは使用していましたが、レジ袋の有料化に伴って本格的にエコバッグを導入しました。 これを読んでいる人は、私の性格をよくご存知のことでしょう。そうです「超ズボラ」かつ「超ポンコツ」です。そんな私が簡単に使えるエコバッグ探しが

    スキ
    4

    つぼたの日常と試行錯誤

    試行錯誤を繰り返して行きついた生活方法や、これやって良かった!を紹介します。「自分の好きの基準を見つける方法」などはこちら。

    すべて見る
    • 8本

    社会人2年目に倒れた話

    デザイナーのつぼたです。学生や社会人の方々、無理したりしていませんか。最近、フリーランスやデザイナーの体調に関してのお話をよく見かけます。実は私も体調を崩したことがあります。今回はその体験談を少し話させていただきます。 ー 社会人2年目 T社にインハウスデザイナー(社員として所属しているデザイナーのこと)として入社して2年目。 当時私は、初めてプロダクトデザインの担当を割り当てられていました。それまでは先輩のサポートでカラーデザイン、グラフィックデザインをやっていたので

    スキ
    4

    照明入門

    みなさん、照明はお好きでしょうか。あ、好きなのは知ってるので、言わなくて大丈夫です。私と同類ですね。こんな変態入門みたいなタイトルのnoteを開いたということは、椅子入門も読んでいることでしょう。 ありがたいことに「椅子を特定する話」と「椅子入門」の記事は大変好評で、「変態だ」とか「ヤベェ奴がいる」といった嬉しい声が続々と届いています。そしてなんと、記事をきっかけにとあるコミュニティの方から「椅子の話をしてほしい」という依頼も来ました。好き放題楽しく話させていただきましたが

    スキ
    96

    椅子入門

    みなさん、椅子はお好きでしょうか。お好きですよね。あ、言わなくて大丈夫です。知っています。こんなマニアックでヤバそうなタイトルのnoteを開いたということは、既に「椅子を特定する話」も読んでいることでしょう。 このnoteでは、椅子を楽しむために、椅子とは何か、軽い分類、椅子の魅力などを書いていきます。皆さんご存知かと思いますが、まず椅子の名称と分類に関しておさらいをしましょう。 ー 椅子の分類日本語で「椅子」と言っても、実は形状によって名称が分かれているのです。知って

    スキ
    236

    椅子を特定する話

    こんにちは。椅子大好きデザイナーつぼたです。 私は良い椅子を見つけると、メーカーやデザイナーをチェックする趣味(癖?)があります。そんな椅子大好きな私ですが、世の中には椅子が何千種類、何万種類と存在しています。そうなると、世の中の椅子の90%以上の椅子が知らない椅子なのです。 そんな椅子を特定するためにネットで検索をすることもあります。 有名な椅子を使用しているお店やホテルが多いですし、みんなが使用する家具屋さんの椅子は知っているものも多いです。ですが、マニアックな椅子を

    スキ
    48

    つぼたの選ぶ逸品

    デザイナーつぼたが日々調査する中で出会った至高の品や、欲しくてもなかなか手に入らなくてあちこち駆け回りながら手に入れた製品など「これは最高の品だ」と感じた、一生を共にするつもりで購入したモノを紹介する製品たちです。

    すべて見る
    • 2本

    デザイナーの逸品-02.眼鏡

    Yellows Plus「KERRY」眼鏡/日本 今回の逸品は、私の本体とも言われているこの眼鏡です。この眼鏡は、デザイナー山岸稔明さんの眼鏡ブランド「Yellows Plus」の製品です。 私は高校生の頃から目が悪くなり始め、高校・大学では黒板を見る時に眼鏡を掛ける程度だったのですが、社会人になって一日中パソコン作業をするようになってから一気に眼鏡人になりました。当時、眼鏡もブランドも知らなかった私は、JINSで黒縁のメガネを購入して使用していました。気に入ってはいたの

    スキ
    12

    デザイナーの逸品-01.デスクライト

    ANGLEPOISE 1227照明/イギリス デザイナーのつぼたです。この「デザイナーの逸品」で紹介するものは、デザイナーの日用品のような手軽ではないものばかりかもしれません。だけど、その価格に見合った価値がある!これは素晴らしい製品だ!一生使いたい!と感じた商品を紹介していきたいと思います。ちなみに、私が欲しくなるものは以下の5つの条件をクリアしていることが多いです。 1、シンプルであること 2、美しいと感じること 3、機能がしっかりしていること 4、持っている人があま

    スキ
    67

    坪田のデザイン思考

    物事の分析・解説、インサイト、デザインする上で知っておきたい知識、デザインしたものの話などを紹介しています。

    すべて見る
    • 12本

    照明入門

    みなさん、照明はお好きでしょうか。あ、好きなのは知ってるので、言わなくて大丈夫です。私と同類ですね。こんな変態入門みたいなタイトルのnoteを開いたということは、椅子入門も読んでいることでしょう。 ありがたいことに「椅子を特定する話」と「椅子入門」の記事は大変好評で、「変態だ」とか「ヤベェ奴がいる」といった嬉しい声が続々と届いています。そしてなんと、記事をきっかけにとあるコミュニティの方から「椅子の話をしてほしい」という依頼も来ました。好き放題楽しく話させていただきましたが

    スキ
    96

    椅子入門

    みなさん、椅子はお好きでしょうか。お好きですよね。あ、言わなくて大丈夫です。知っています。こんなマニアックでヤバそうなタイトルのnoteを開いたということは、既に「椅子を特定する話」も読んでいることでしょう。 このnoteでは、椅子を楽しむために、椅子とは何か、軽い分類、椅子の魅力などを書いていきます。皆さんご存知かと思いますが、まず椅子の名称と分類に関しておさらいをしましょう。 ー 椅子の分類日本語で「椅子」と言っても、実は形状によって名称が分かれているのです。知って

    スキ
    236

    デザイン技法基本セット - 文字編

    「デザインとは」の記事は、1思考編、2視点編と書いてきましたが、とうとう今回から技法編に入ります。 デザインを始めたばかりの人は「アイデアや技法(どうすればサマになるか)」を学びがちですが、思考の伴わないデザインはアイデアに振り回されたり、1つ良いデザインができてもそれ以降良いデザインができずその場限りになってしまいます。私も大学生の頃はアイデアに振り回されていて、アウトプットが安定しませんでした。なので、1思考編、2視点編を読んでいない方は、先にそちらを読んでいただければ

    スキ
    41
    有料
    500

    嘘と虚構と付き合い方

    近年、VR・AR・CG・写真加工などの技術の発達が目覚ましく、現実と現実でないものとの境界線が曖昧になってきているように感じます。仮想世界、非現実、理想、妄想、偽物、作り物、フェイク、嘘……様々な表現がありますが、この記事では「現実」と比較して「虚構」と表現します。そんな現実と虚構の関係性に関していくつかの視点から思うことを書きました。 1、スマホ1台で生活が成り立つ昔は物に溢れた生活をしていましたが、現在は「モノからコトへ」という言葉に表されるように、物質としてのモノがど

    スキ
    18