田中一敏

ヒト型スポーツロボットをつくります。研究者。ロボット博士。

田中一敏

ヒト型スポーツロボットをつくります。研究者。ロボット博士。

    マガジン

    • スポーツロボット

      スポーツロボットの事例、技術、意義、展望について書かれた記事をまとめます。

    スポーツロボット

    スポーツロボットの事例、技術、意義、展望について書かれた記事をまとめます。

    すべて見る
    • 25本

    私の作るスポーツロボット

    柔軟ロボットによる部品組立研究を紹介した記事でも書いたように、ディアボロ(ジャグリング)ロボットの研究をしています。研究を進めていくなかで、ジャグリングするロボットはスポーツするロボットと似た部分が多いことに気づきました。運動技能の優れるロボットのうち、スポーツロボットはどういう位置づけにあるのか、スポーツロボットの中で、私が作るロボットはどういう種類になるのかを整理しました。 ジャグリングロボットジャグリングは、ロボットの優れた運動性能を示すデモンストレーションとして、古

    スキ
    5

    スポーツロボットとは

    スポーツロボットについて、現状の私の考えをまとめます。 スポーツロボットとは何か/何でないかスポーツロボットとは、人間のように、スポーツをするロボットです。 その姿は人間型に限らず、車輪で動くものや、スライダで移動するアームであっても、スポーツロボットであると考えます。 スライダ上を動いて人間と徒競走する陸上選手やPKシュートを止めるGKの形をした板を人間が操作して、それで娯楽として成立していれば、それもスポーツロボットと呼べるかも知れません。ただ、ロボットという言葉が

    スキ
    29

    RSJ OS スポーツロボット

    2019/09/03-07に行われる第37回日本ロボット学会学術講演会にて、オーガナイズドセッション「スポーツロボット」を開催いたします。 スポーツロボット研究者の皆様、ご発表をお待ちしております。議論しましょう。 オーガナイザーは私と東京大学の西川鋭助教です。 オーガナイズドセッションの概要です。 スポーツロボットは,人間の健康や文化芸術に対して実際的に貢献することが期待される.加えて,スポーツが要求する俊敏性,即応性,協調性,巧みさといった様々な知能機械要素の発展

    スキ
    4

    ソフトロボット

    RoboSoft2019 という国際会議を聴講してきたので、思ったことなどを書き留めておく。 ソフトロボットとはソフトロボットとは、その名の通り柔らかいロボットである。 従来、ロボットの身体が硬いことを前提にして、制御や計画の方法が開発されてきた。硬いロボットが苦手なことも、柔らかいロボットにはできると考え、研究されている。 ソフトロボット学は出来たばかりの分野である。国際会議も2回目の開催となる。歴史や基本的な事項については、新山先生のブログを参照されたい。 学会で

    スキ
    8