[分析ソフト連携にも]おすすめキャプチャー機器[収録にも]
見出し画像

[分析ソフト連携にも]おすすめキャプチャー機器[収録にも]

現場での分析ソフトとの連携や,映像配信,収録などで,PCに映像をキャプチャーしたい場面は多々存在しますね.そんなときに使えるキャプチャー機器をいくつか紹介していきます.


そもそもキャプチャー機器とは,ビデオカメラやデジタルカメラの映像をPCに直接収録したり,分析ソフトに取り込みながらリアルタイムに分析作業を行ったり,オンライン配信などをする際に直接PCに取り込む際に使用する機器です.最近では,ゲーム実況やYou Tubeなどでの配信の際に使用されることが多く,安価なものからプロ機材まで種類も様々出ています.その中で,現場で使いやすいものを紹介していきます.

※BlackmagicDesign社製は今回は抜きで.


AVerMedia Live Gamer Portable 2

ゲーム実況などで使うことを目的としたAverMadiaの製品.据え置き型ではあるものの,比較的コンパクトな筐体であり,ハードウェアエンコード搭載モデル(※1)

このモデルはPCにつなぐことはもちろん,単体での録画モードもついており,PCレスでのキャプチャも可能.専用ソフトもついてくるので,利用しやすい点も素晴らしい.基本的にはパススルー自体は4Kに対応しているものの,録画自体は最大1080Pになります.モバイル対応機能もあるものの,ちょっと制約も多く,あまり実用的ではないかも.モバイルバッテリーで給電可能.

とりあえず初めて使ってみるという人や,使用しているPCのスペックがあまり高くない場合は,これを最初に購入するといいかもしれない.

AVerMedia UVCキャプチャーデバイス BU110 DV456

同じく,AverMadia製の製品.こちらはビデオカメラやデジタルカメラに接続して利用するタイプ.給電はUSBから取れるタイプで,PC/Mac両方に対応しているのもいい感じです.また,Android端末にも対応しており,カメラとBU110,アンドロイド端末ああれば,結構凝った配信が可能になります.

一点気になる点としてはソフトウェアエンコードタイプなので,リソース少ない場合はちょっともたつく可能性もあるかなと思います.

I-O DATA USB HDMI変換アダプター

IODATA製の製品,コンパクトな筐体で,カメラをキャプチャするなどライトな利用に向けた製品.ゲーム向けではないので,かなりコンパクトでシンプルな製品.純粋にキャプチャができればいいというだけなのんであればおすすめ.また,PCのスペックがある程度無いとカクつく事があるのでその点も自分の環境を確認して選ぶといいと思います.

I-O DATA HDMI キャプチャーボード

同じくIODATA製の製品.こちらはハードウェアエンコードタイプ.4K60pのパススルーを備えつつ,1080/60Pでの収録が可能.こちらはPCなしでの収録にも対応している.

ハードウェアエンコードタイプであるということで,PCがロースペックでも問題なく収録ができるタイプ.専用ソフトも装備し,モバイル端末の収録もおこなるタイプです.

Elgato Game Capture HD60 S

Elgato製のゲームキャプチャ.こちらはソフトウェアエンコード形式の製品です.ゲーム向けなので最新のゲーム機などは対応してますが一部相性問題などがあります.しかし,ゲーム実況用の機能が多く,ゲーム利用も考えてる人にはいいかもしれません.ただ,Elgatoは相性さえクリアしてしまえば,かなり使いやすく安定する機種でもあるというのと,遅延の少なさはかなりいい機種の一つです.

Elgato Cam Link 4K

同じくElgato社製の製品で,コンパクトなタイプ.こちらもソフトウェアエンコードになります.シンプルな作りでElgato製の中では相性問題も少ないです.個人的に一番利用しているもので,ある程度のスペックがあればモバイルPCでもそこそこのキャプチャができます.

遅延もコンパクトタイプの中では少ないほうだと思うので,屋外で使うことが多い方なんかにはこちらがおすすめです.


まとめ

最近ではSportsCodeや,Dartfishだけでなく,分析ソフトも様々で安価なものが増えてきました.それに合わせてやはりステップアップを考えると,リアルタイムの分析は必須で,それらに活用できる様々なキャプチャー機器が安価に手に入るようになってきました。Amazonなどではさらに安いモデルもたくさん出ていますが、いくつか試してきた中で、結構不安定だったり相性問題があったりするので、できるだけ検証の成されたモデルで行うのがベストかなと思います。
特にこの手の機器は、カメラや接続先や接続元の相性などが顕著に出るので、完璧にうまくいくとは言い切れないですが、自分の使いやすい構成を見つけるのも、また面白いかなと思います。

私自身はElgato Cam Link 4KをゲーミングPCに繋いで、SONYかJVCのハイアマチュア向けのカメラを繋いで使うことが多いです。
それぞれの使用するソフトや構成に合わせて、チャレンジしてみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
φ

よろしければサポートお願いします.サポート頂けた際には記事の作成に活用させていただきます.よろしくお願いいたします.

Thank You!
スポーツするのは苦手なのに,体育出身/元スイミングインストラクター/元トレーニングコーチ/自分の気になったことなどメモしていきます.駄文ですみません.