マガジンのカバー画像

カラダぽかぽか温活クラブ

16
体温を上げるメリットは、免疫細胞の活性化と血流改善!おふろ、温泉、サウナ、酵素浴、「入浴」に特化した健康情報を綴ります。元気が一番!死ぬまで元気!でありたい方の入浴マガジンです。
運営しているクリエイター

記事一覧

錠剤の炭酸泉と人工炭酸泉は別モノです「温活クラブ」

 人工炭酸泉の作り方には大きく分けて2つの方法があります。  一つはお湯の中に薬剤を入れ…

パフォーマンスを上げる高濃度炭酸泉入浴「温活クラブ」

プロスポーツでは常識の高濃度炭酸泉  スポーツで結果を出す為には理論に基づいた計画的な練…

「温活クラブ」:補完代替医療としてのおふろ

 補完代替医療という言葉をご存知でしょうか?  現在私たちが受けている西洋医学を補い、取…

「温活クラブ」;医療現場で活躍する高濃度人工炭酸泉

 最近では、スーパー銭湯では標準的に採用されている高濃度人工炭酸泉ですが、元々は医療にお…

酵素浴 余命宣告から奇跡の生還

 義理の姉の突然の暴露によって、窮地に追い込まれた歌舞伎役者、お亡くなりになられた奥様が…

認知症の人がお風呂を嫌がる理由:温活クラブ

 介護施設で介護をしていると、お風呂に入るのを嫌がるお年寄りの方が多いです。あれほど綺麗…

湯船の力(水圧・浮力・抵抗力):温活クラブ

 水圧・浮力・抵抗力。大袈裟な話ですが、空気中で生活を行う我々がこの神秘な世界を身近に感じるのがお風呂です。今日は湯船の物理的な効果についての目見知識です。 湯船に浸かると“ふ〜っ”となりませんか お風呂に入るとふっと息が出るのは静水圧効果のせいです。  ご存知の様に水中には水圧があります。静止した水中にかかる水圧を静水圧と呼びます。水の重さは、ざっくりというと、空気の1000倍です。  もっとわかりやすくいうと1メートルの深さで1センチ四方には、約100gの重さがか

スキ
2

病院では死にたくないあなたへ:温活クラブ

億万長者になるより難しい死に方    人生最期の瞬間、どんな状況で旅立ちたいかを考えてみて…

温冷交替浴でめっちゃ元気:温活クラブ

 温冷交代浴とは、字のごとく暖かいお湯と冷たい水の浴槽に交互に入る事によって、体に刺激を…

全ての病は血管年齢の老化が原因:温活クラブ

 病気の9割は、何らかの形で血管に起因していると言われています。  日本人の死亡原因の1位…

疲れをとる入浴術5則:温活クラブ

お風呂に入るとなぜ疲れがとれ、リラックスできるのか?それは以下の2つの要素があります。 …

健康寿命を延ばす理想の入浴時間:温活クラブ

理想の入浴時間は10分〜15分  健康の側面で理想なのは40度前後のお湯に10分から15分、肩まで…

正しい眠りのための入浴法:温活クラブ

 人間が疲れをとるための休息として、最も大切なことは眠ることです。  より良い眠り、深い…

スタバのように銭湯に通う、湯治のある日常:温活クラブ

 温泉地に長期滞在をして温泉療法で特定の病や怪我を癒す療養法を湯治といいます。  少なくとも1週間はそこに滞在をして、治療を行う目的で行われるので、日帰りや素泊りで疲労回復の目的や、物見遊山的に行う温泉旅行とは、本来区別すべき言葉です。  しかし、お金や時間をかけて温泉地に数週間も滞在するのはお金も時間も必要で大変な事です。  そこで、日常的に銭湯に通うこてで、湯治の考え方を取り入れ、健やかな毎日を送ってみるのはいかがでしょうねか。 環境を変える  湯治には温泉地と

スキ
3