マガジンのカバー画像

おふろ屋の事件簿

26
スーパー銭湯で巻き起こる、事件、トラブル、困った人たちが織りなす裸の人間模様を、現場経験を元に赤裸々に綴ります。銭湯・サウナ・温泉愛好家の方は心得帖として、施設運営者は共感マニュ… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

「おふろ屋の事件簿」駐車場が盗難車でいっぱい

悩ましき不法駐車 スーパー銭湯でも、銭湯でも、繁盛店の要因として駐車場の存在があります。 …

「おふろ屋の事件簿」一晩で2回車上荒らしにあった話

大阪の車上あらしは激烈でした  仕事で、北陸や和歌山に行くと、クライアント様が車で迎えに…

おふろ屋の事件簿 飲酒運転はダメですよね!

 誤解を恐れずに言えば、20年前の健康ランドやスーパ銭湯のビジネスモデルは、飲酒運転を前提…

おふろ屋の事件簿 皮膚病

 皮膚に疾患のある方の入浴については、正直に言えば施設側としても判断に苦しむところがあり…

おふろ屋の事件簿 出禁帳

 ある経営者の施設では、お客様の出禁帳が大学ノート3冊分あり、そのノートを見せて貰っらた…

おふろ屋の事件簿 釣り銭さぎ

券売機の精度はかなり優秀です  世の中にな、あの手、この手で人を使って、お金を巻き上げよ…

おふろ屋の事件簿 浴室泡だらけ事件

おふろ屋の事件簿 ー浴室泡だらけ事件ー  ”浴室が泡だらけです!”  天井までに到達しようかという泡が、浴室一帯を包み隠していました。 ”ちきしょう、やられた!” こうなったら、お湯を抜くしかない。  こんなことを行うのは、クソガキに違いない!  ちょくちょくあるこの事件、あたりに子供がいる場合もありますが、いない場合もあります。 一体何があったのか?  答えは、ジェット風呂にシャンプーを投入されたのです。空気を混ぜて、お湯に圧をかけるこの浴槽に、シャンプーを

スキ
1

おふろ屋の事件簿 日常の救急車

 僕は、17年間3施設のスーパー銭湯の運営を行なってきました。  その間に、施設内でお客さ…

おふろ屋の事件簿 憂鬱な両替機

 この数年間施設のリニューアルや、新規出店をお手伝いをしていますが、つくづく変わったなと…

おふろ屋の事件簿 LGBT

 スーツを着た、なんの変哲もないサラリーマン風のおじさんが脱衣場で服を脱ぎ始めると、赤の…

おふろ屋の事件簿 児童偏愛者

 銭湯やスーパー銭湯で、男女の混浴は何歳までですか?との問合せは多いです。この基準は、そ…

おふろ屋の事件簿 痛い目にあう覗き魔達

 大人気の男子専用サウナ施設が、レデイースデイで女性客に施設解放そしたところ、屋上の露天…

 おふろ屋の事件簿 盗撮犯は女性です 

ー女湯AV盗撮事件ー  銭湯やスーパー銭湯では、スマホの脱衣所や浴室の利用はお断りしていま…

おふろ屋の事件簿 カギの紛失多発の件

鍵を紛失されたかたは、3,000円申し付けさせていただきます。  温浴施設でよく見かける、注意事項ですが、あれ懲罰的だなあとか、3,000円なんて大袈裟な金額だな、とか思っていませんか?  実は温浴施設では、鍵の紛失は経営に関わる重要な問題なんです・・・ 鍵の紛失代金三千円は妥当か? 結論から言いますと、至極真っ当な金額といえます。  施設によってロッカーの形状は違いますが、私が以前所属していた施設ではロッカーの鍵のシリンダーが交換できるようになっていました。  

スキ
4