スペースマーケットDESIGN

57
+2

デザインとエンジニアリングを「繋ぐ」部分と「切り分ける」部分

これは Qiita Advent Calendar 2021 「エンジニアリングに興味があるデザイナー、デザインに興味があるエンジニア」の2日目の記事です。 --- 株式会社スペースマーケット所属のデザイナーの711fumiです。 スペースマーケットというWebサービスの開発に携わっています。 お鍋には必ずウインナーを入れます。 どんな内容?デジタルプロダクトの開発において、デザインとエンジニアリングは密に連携して協業する(シームレス)のが良いとは言うものの、目指すもの

スキ
14

iOS とAndroid の違い クロスプラットフォームのアプリデザインで特に気をつけるべき点

私が一番最初にAndroid アプリをデザインしたのが2016年の初夏頃で、その頃はまだiOS・Android とデザインが違うのが主流でしたが、2021年現在のアプリはiOS もAndroid もプラットフォームごとの細かな違いはあれどほぼ同じデザインが主流となっています。 これは2016年の10月にAndroid APIがBottomNavigationView に対応してからじわじわ浸透していった変化だと考えているのですが、その辺の歴史の話は省略します。プラットフォーム

スキ
707

デザインと歴史: ローマン体を生み出した筆写人の発見が世界を変えた

こんにちは、株式会社スペースマーケットでデザイナーをやっている中原です。 先日iPad Proが届いたんですが、まだ開封していません。 子供の頃は楽しみにしてたものを手に入れたら(ゲームとかCDとか)我慢できなくてすぐに開封してたことを思い出して少し悲しくなりました。 これが大人になるってことなんですかね… --- 今回はフォント関連の調べ物をしてたときにたまたま興味を持って読んでみた本をご紹介しようと思います。 一応この記事(マガジン)はデザイナーとしてデザイナーに向

スキ
11

リモートワークと上手に付き合う

みなさんこんにちは。スペースマーケット デザイン部の谷田部です。 リモートワークがメインとなってからすでに1年が経っていました。 飲み会もカラオケも旅行もできず、様々なことを我慢しなくてはいけない1年でしたね。もともと引きこもり体質だったとはいえ、流石にそろそろパーっと遊びたいところです… 今回は、私が実践している、リモートワークと上手に付き合う方法を書いていこうと思います。 1.ルーティーンを決める家=プライベートという感覚が抜けきらず、週5のリモートワークともなると

スキ
8

OOUI本こと「オブジェクト指向UIデザイン」の輪読会について

こんにちは、スペースマーケット デザイン部の伊東と申します。この記事を書くにあたって「オブジェクト指向UIデザイン」本のAmazonリンクを貼ると「Amazon.co.jpで購入する」というタスクがラベリングされたボタンが前面に出た埋め込み形式となってしまい、オブジェクト指向がテーマなのにこれでは…とモヤモヤしているのが最近の悩みです。そのままURLだけ貼ればいいのでしょうか。 本題に戻ると、社内でここ2,3ヶ月ほど取り組んでいる試みとして記事タイトルの通り「オブジェクト指

スキ
55

なりたい自分とスキルについて

みなさんこんにちは、スペースマーケット デザイン部の谷田部です。 今回は最近悩んでいる「なりたい自分」と「現在のスキル」について赤裸々に語りたいと思います。 みなさんは将来の目標はありますか? 私ははっきりと将来の目標が持てていません。かっこいいデザイナーになりたい、すごいデザイナーになりたい。そういったふわっとした憧れはあるものの、いざどんなデザイナーになりたいか問われると、しっかり言語化することができないのです。 これは本当にまずいなあと思いながら、社会に出て二年が

スキ
12

「デザインは反復である」ということをメンバーに理解してもらっておこう - 具体と抽象 -

こんにちは、株式会社スペースマーケットでデザイナーをやっている中原です。 いろいろ世の中が落ち着いたら温泉に行きたいです。 全身ふやけるまで浸かり続けたいです。 --- 先日、ラクスさんが運営するイベント「UI/UXデザイナーLT会 - vol.2 #uiuxdesignerslt」にてLTをさせていただきました。 運営&参加者の皆さんありがとうございました〜 せっかくなので発表した内容をこちらでも紹介させていただきます。 デザインは「抽象から具体への絞り込み」では

スキ
32

Figma でモーダルやポップアップ等の状態変化をプロトタイプする

こんにちは! UIデザイナーのmarinです。 1年半前にメインデザインツールをFigma に移行した際の記事を書いたのですが、理由のひとつにプロトタイピングがしやすいことを挙げていました。 今回はその件についての深堀りを、Figma のプロトタイプを実際の業務でどのように用いているのか例を挙げて書きます。 ※Figma のプロトタイプが初見の場合は、公式のFigma Tutorial: Prototyping を見ておくのをおすすめします。 Figma のプロトタイプの

スキ
80

2020年、事業会社の開発組織で機能するデザインシステムを目指して #3 システム編

年始を跨いでの投稿となってしまったために、何とも間の悪いタイトルではありますが、今回もスペースマーケットにおけるデザインシステムの事例紹介といったところで、いよいよ最終回です。 #1の原則編、#2のカラー編ときて、今回は構築がひと段落したデザインシステムをどのように運用し、社内で共有して以降の業務へ活用していく体制をどのように整えたか紹介していきます。 運用しやすく参照しやすい仕組み作りこのデザインシステムを社内へ共有し、参照しやすい状態を目指す上で、デザイン部内だけでな

スキ
15

ラクスさんの「UI・UXのトレンドLT会」に参加しました

こんにちは、スペースマーケットデザイン部の新井です。本日は、2/9に参加したこちらのイベントレポートを書きたいと思います。 発表スライドはこちらです。 実は今回LT初登壇でした。これまでも出てみたい気持ちはあったのですが、なかなか勇気が出ず...。先月先輩から共有してもらったこのイベントに思い切って参加してみることにしました。何事も挑戦ですね。 イベントのページに ゆるく、オープンなイベントですので、興味をもった方はどなたでもご参加下さい! と優しい言葉が書かれてい

スキ
14